【初学者必見】宅建士試験データはここから始めよ、LEC独自の試験データ

人気資格のひとつである宅建試験。しかし、宅建試験の内容、出題傾向、合格率、学習の方法など知らずに宅建試験の勉強を始める人がいます。

まず宅建試験合格には敵を知ることが重要です。そこで役立つのが「LEC式はじめての宅建教室」です。資格総合スクールLEC東京リーガルマインドによる責任編集で、宅建試験の全貌がゼロから分かります。具体的には、

・宅建試験の勉強法とは?
・合格に必要なものとは?
・合格後の仕事の内容は?

など人には聞けない基本的な疑問を詳しく解説しています。宅建試験にはじめて挑戦する受験生の方にお勧めの一冊です。

■ LEC式はじめての宅建教室の主な内容
第1章 不動産取引のトラブルを未然に防ぐのが最大の使命
第2章 市民の間で起きたトラブルを解消-「民法」
第3章 借りる側の立場は弱い?-「借地借家法」
第4章 共同生活のルール-「建物区分所有法」
第5章 自分の権利を主張する-「不動産登記法」
第6章 不動産取引業の自己規制?-「宅建業法」
第7章 えらく安い土地。マイホームを建てたいけれど大丈夫?-「都市計画法・建築基準法」
第8章 不動産取引には税はつきもの-「税法」
第9章 土地の値段はひとつじゃない-「一物四価」ってなんですか?
第10章 「徒歩10分」は何メートル?不動産広告のルール-「景品表示法・宅建業法」

もっとも書籍を買うまでもないと考えている受験生の方には、本書の発売元であるLEC宅建士サイトの試験ガイドページがお勧めです。具体的な内容ですが、

宅建士の魅力~宅建士とは? 就職・転職、今後の需要、受験の難易度
宅建士の今後 不動産業界の他、金融機関など他のフィールドでの活躍、他資格へのスッテップアップ
宅建士試験の制度 出題範囲、試験スケジュールなど
宅建士試験の難易度 過去の合格率、出題例、LEC秘蔵データ(正解率データ)

などです。特に最後のLEC秘蔵データはお勧めコンテンツで、過去3年分の本試験の全50問・各問題の「受験者 正解率」「合格者 正解率」「不合格者 正解率」の一覧が公開されています。

宅建士試験受験生の中には、独学や半独学の方もいらっしゃると思いますが、独学では手に入れにくいデータの活用をお勧めします。LECページはこちら(宅建士試験の難易度ほか)

(スポンサードリンク)

講師ブログ

宅建講師ブログはこちら
フォーサイト・大原・ゼミネット・LEC・クレアールなど大手スクール講師のブログ新着記事。

解答速報

宅建試験解答速報はこちら

(スポンサードリンク)