LEC宅建登録実務講習のメリットとデメリットとは?

宅建試験に見事に合格した受験生の方、おめでとうございます。最近の宅建試験は数十年前の試験と異なり、合格が難しい難関試験です。ぜひ合格を次のステージに活用して頂きたいと思います。

宅建試験に合格しただけでは、宅建士にはなれない

宅建登録実務講習とは?

難関の宅建試験に合格しても、実務経験など条件に合わないと、宅建士として活躍はできません。講習を受講する必要があり、それが「宅建登録実務講習」です。

登録実務講習とは
宅建試験の合格者が、都道府県知事の資格登録を受けるためには、登録申請時までに宅地建物の取引に関する2年以上の実務経験が必要です。 実務経験2年未満の方が、資格登録要件を満たすためには、本講習を修了する必要があります。

引用:LEC宅建士講座
http://www.lec-jp.com/takken/kouza/jitsumu/about.html

LEC宅建登録実務講習
▲ 宅建登録実務講習を実施するLEC東京リーガルマインド(画像は公式サイトから)

LEC宅建講座の登録実務講習のメリットとは?

この登録実務講習ですが、認定を受けた複数のスクールが実施しています。細かい違いはあるものの、「事前に通信講座で学習しておく」「スクーリングを受ける」「修了試験に合格する」等の点は共通です。

そこで今回はLEC宅建講座の登録実務講習のメリットについてまとめます。主なメリットは以下の通りです。

  1. 様々なクラス設定と柔軟なクラス変更
  2. 完全生講義
  3. 実務経験豊富な講師陣が講義
  4. 全国31拠点で約450のスクーリングクラスを用意(2017年6月5日現在)
  5. 無料で再受講可能(1回のみ)

中でもお勧めポイントは「クラス設定」

宅建登録実務講習を受ける方の中には、会社勤めの方もいらっしゃるでしょう。そこでLECでは「2日間クラス」や「1日クラス」など、複数のクラスを用意しています。講習の流れはこちら(LEC宅建登録実務講習)

またクラス変更も、状況により可能です。社会人であれば、どうしても突発的なイベントがあるもの。そんな時でも、柔軟にクラスを変更できます。

デメリットとは?

宅建登録実務講習のデメリットについてまとめます。なお、このデメリットはLECに限らず他のスクールでも同様です。

  1. 遅刻は絶対にできない
  2. 講義中の居眠りもダメ
  3. 修了試験に合格しないとダメ

この宅建登録実務講習の特徴として、絶対に遅刻はできません。遅刻をした場合は、その時点で失格となります。

また講義中の居眠りもできません。受講生20人に対し講師1人の割合で実施されますが、100人規模のクラスとなると、後ろに4人の講師が立っており、眠ると警告や退出を求められます。

オワタ
(画像はイメージです。)

LECでは1回に限り、無料で再受講が可能

そして最後のデメリットが「修了試験に合格しないとダメ」と言う点です。もっとも修了試験の合格率はかなり高いですが、それでも不合格になる方もいらっしゃいます。

そこでLECの宅建登録実務講習では、1回に限り無料での再受講が可能です(もちろん1回で合格するのがベストですが)。

このほかLECの宅建登録実務講習の実施日程・実施校舎・受講料(価格)などについては、LEC公式サイトで御確認ください。
LEC宅建サイトへ

【動画解説】登録実務講習が分かる!

LEC宅建講座の水野健先生による動画「登録実務講習から始まる宅建士への道」

同じくLEC水野健先生による解説「取引主任者の登録の手引きと実務」

なお動画講義を担当する水野健先生の詳細については、こちらの記事をご参照ください。

LEC宅建講座の口コミと評判!講師・合格実績・割引まとめ、無料資料請求も

(スポンサードリンク)

講師ブログ

宅建講師ブログはこちら
フォーサイト・大原・ゼミネット・LEC・クレアールなど大手スクール講師のブログ新着記事。

解答速報

宅建試験解答速報はこちら

(スポンサードリンク)