歩いてリフレッシュ

行政書士サイトはこちら
行政書士試験の勉強を長時間していると煮詰まってしまい、全く頭に入らなくなってしまうことがあります。このような時は歩いてリフレッシュしましょう。
例えば小説家がアイデアに困ってしまった時に部屋の中を歩き回るとか、思想家が歩きながら思索にふけると言うのはよくある話です(哲学者西田幾多郎が思索の際に使った道は「哲学の道」)。このように歩くことで行き詰った状況を打開することができます。
そもそもなぜ歩くと良いのでしょうか。それは足の筋肉を使うことによって脳が活性化すると共に、歩くことによって全身の血液の流れがよくなるからです。確かに「足は第二の心臓」と呼ばれていますね。
このように勉強をし続けて明らかに能率が落ちたと感じた場合には、部屋の中を歩いたり散歩に出かけてみるといいでしょう。気分転換にもなります。

error: