LEC樋口正登先生が動画で解説!宅建と司法書士のダブル資格のメリットとは?

不動産系の人気資格である宅建。受験者数も多く、さらに宅建士への格上げもあり将来性豊かな資格です。

宅建からのステップアップでビジネスチャンスの拡大も

もっとも宅建と他の国家資格のダブル合格を目指す受験生の方も少なくありません。その理由として「ビジネスチャンスの拡大」「重複する試験科目」です。

LEC樋口正登先生が動画で解説

そのダブル資格のひとつ、司法書士へのステップアップが今回の動画解説です。宅建試験合格後に司法書士試験に合格し、現在はLEC東京リーガルマインド司法書士講座の講師である樋口正登先生が約18分に亘り動画で解説しています。樋口正登先生の詳細はこちら

LEC司法書士講座の口コミと評判!講師・合格実績・割引まとめ、無料お試しWeb受講も

宅建と司法書士の共通科目、そのメリットとは?

具体的に宅建で学習した内容が、司法書士試験でどのように活用できるのでしょうか。

まず「民法」です。宅建試験では権利関係と呼ばれますが、そのメインは民法であり、これが司法書士試験で活用できます。特に司法書士試験における民法は出題数はもちろん、民法の特別法である会社法や、関連法令の民事訴訟法や不動産登記法・商業登記法など重要科目のひとつです。

また宅建試験では権利関係のほか不動産に関する出題もあり、これも司法書士試験対策の学習時の理解に役立つ思います。
関連サイト 宅建から司法書士へダブルライセンスのすすめ(LECサイト、見事にダブル合格された方の声も)

【動画】宅建から司法書士へステップアップ!

LEC樋口正登先生が司法書士の試験概要から業務まで詳しく説明しています。

今回の動画では特に司法書士試験の試験概要について解説。難易度の違いはあれど宅建試験と司法書士試験の共通する試験科目の多さが分かることでしょう。初めて司法書士試験に挑戦する方よりも、宅建試験を経験した受験生の方が有利であることが分かると思います。

樋口正登先生のブログ記事も

LEC司法書士講座の樋口正登先生は自身のブログ「法律好きるあっぷ!」も運営されています。

このブログでは司法書士試験に関する記事が中心となっているため、司法書士試験の合格を目指される受験生の方にお勧めです。

司法書士講師ブログ
▲ 司法書士講師ブログ

(WセミナーやLEC、伊藤塾、資格スクエア、辰巳司法書士講座などの講師陣ブログの最新記事まとめ)

またメルマガスタンドの「まぐまぐ」では『「講師の個別指導塾」by 樋口正登』というメールマガジンを発行しています。

2017年7月現在、月に1回程度の配信となっています。受験生の方がメールアドレスを登録すると、自動的に届くので便利だと思います。こちらも併せて活用されてみてはいかがでしょうか。

(スポンサードリンク)

講師ブログ

宅建講師ブログはこちら
フォーサイト・大原・ゼミネット・LEC・クレアールなど大手スクール講師のブログ新着記事。

解答速報

宅建試験解答速報はこちら

(スポンサードリンク)