マンション管理員検定、業務とお勧め講座まとめ

ここ最近注目を浴びている資格がマンション管理員検定です。マンション管理員とは、ビル管理員のマンション版です。つまり業務内容もほぼ同じで、大きく異なる点は、マンションの管理のため「建物の区分所有等に 関する法律」が適用される点です。

仕事(業務内容)は?

それでは具体的にマンション管理員の仕事の内容を見ていきましょう。ビル管理員と同様に、マンションに常駐し管理します。そして主に次の業務は次のようなものです。

  1. 受付業務 
  2. 点検業務 
  3. 立会業務
  4. 報告連絡業務

いかがでしょうか。ビル管理をそのままマンションに当てはめた感じですね。

マンション管理員になるためには?

マンション管理員になるためには、特別な資格は必要ありません。しかし1回の求人募集に対して、問い合わせを含めると50人以上の応募があるのも珍しくありません。したがってこのマンション管理員検定に合格していると、採用に有利になることは間違いありません。

またマンション管理員検定の資格は、不動産資格のひとつとして宅建試験同様にマンション管理組合や、マンション管理会社など不動産関係への就職にも有利です。

マンション管理員検定に合格するには?

マンション管理検定の試験範囲はかなり広範です。出題範囲の一例を見てみると、

  1. マンション管理総論
  2. マンションの管理に関する法令及び実務に関すること
  3. 管理組合の運営の円滑化
  4. マンションの建物及び付属施設の構造並びに設備に関すること
  5. マンション管理員の実務
  6. マンション管理員に求められるマンション管理情勢
  7. マンション管理会社への就職対策
  8. マンションの管理に関する法令及び実務に関すること(マンション管理士・管理業務主任者試験合格者は5問免除)

このように出題範囲が広いのがマンション管理員検定の特徴です。

お勧めの試験対策講座

したがって、この広い範囲を手際よく出題ポイントだけを重点的に学習するのが効果的です。そこで役立つのが、「マンション管理員検定スピード合格講座」です。

この合格講座は検定試験に出題される重要ポイントを整理し、各テーマ別シリーズで構成されています。テキストだけではなくDVDによる解説講義なので、初心者の方でも無理なく学習ができるでしょう。

今後ますます重要が高まってくるマンション管理員検定。ぜひ合格講座でスピード一発合格を目指して下さい。マンション管理員検定スピード合格講座はこちら

(スポンサードリンク)

講師ブログ

宅建講師ブログはこちら
フォーサイト・大原・ゼミネット・LEC・クレアールなど大手スクール講師のブログ新着記事。

解答速報

宅建試験解答速報はこちら

(スポンサードリンク)