LEC出る順宅建 ○×1000肢問題集、重要度ランク付きで効率よく学習を進めたい受験生に

宅建試験の合格には過去問題のマスターが効果的です。一般的には10年分の過去問題を解き、周辺知識をマスターすれば宅建試験の合格が現実味を帯びてきます。

もっとも過去10年分の問題の中には復元性が低い問題(マスターしてもあまり役に立たない問題、捨て問)も少なからず含まれています。したがって重要度の高い問題を厳選して学習するようにしたいものです。

そこで受験生の方にお勧めなのが、LEC宅建士講座で制作された「出る順宅建 ○×1000肢問題集」です。これは過去の宅建試験を徹底分析し、合格を目指す上でマスターしておきたい選択肢を一問一答形式で1000肢収録しています。本試験問題の過去問演習と異なり、重要度の高い選択肢だけを学習することになるため無駄のない学習が可能です。

また一問一答形式の問題集は他社からも販売されていますが、「出る順宅建 ○×1000肢問題集」の特長として問題の下にヒントがある点が指摘できます。したがってテキストは読んだものの問題演習になるとハードルを高く感じる受験生の方にお勧めです。

もちろんヒントも宅建試験の指導経験豊富なLEC東京リーガルマインド宅建講座によるものなので、「無駄がなく」それでいて「核心を外さない」ヒントになっています。初学者の方はもちろんのこと、アシストが必要な独学者の方に最適と言えるでしょう。LEC出る順宅建 ○×1000肢問題集の詳細はこちら

以下、LECサイトより引用

本書籍の特長
◆1.問題ごとに、テキスト『出る順宅建士合格テキスト』『どこでも宅建士とらの巻』の関連ページを掲載。テキストとリンクさせることで、わからなかった弱点箇所にすぐ戻れる為、効率的に学習できます。
◆2.最新の出題傾向を踏まえた、LECオリジナル○×問題を1000肢収録し、解くためのヒント・解説も記載しました。
重要度ランクも表示されているので、試験までに押さえておきたいポイントが本当に理解できているか、すぐにチェックできます。
◆3.持ち歩きやすいハンディーサイズ(新書版)。バッグに入れておけば、通勤などのスキマ時間学習にも活用できます。
◆4.重要キーワードが消える、赤のチェックシート付き。答え・ヒント・解説を赤字で書いているので、
チェックシートをかぶせれば、穴埋め問題としての活用もできます。

引用:LEC宅建士講座
http://www.lec-jp.com/takken/kouza/book/

この特長を見ても分かるように、学習効率を徹底的に追求した学習教材となっています。そして持ち運びに便利な新書サイズのため、わずかな隙間時間でも試験対策の学習が可能です。つまり「いつでも」「どこでも」宅建対策の学習ができます。

宅建受験生の特徴として、会社員の方など学習時間が満足に確保できない社会人の方が多い点が指摘できます。満足な学習ができないことは一見不利なようですが、このような学習ルーツを利用することで、効率的に学習することができるでしょう(もちろん購入するだけではなく、何度繰り返して下さい)。

一問一答問題集はインプットとアウトプットの同時並行が可能

一問一答問題集の特長として、インプットとアウトプットが同時並行にできる点があります。問題を解いて知識の定着度を確認し、間違っていたら再びインプットを行う、こんな感じです。

もっとも問題を解く以前に知識の定着度が足りないケースもあります。このような場合はテキストの復習がベストです。ただテキストの前頁を丁寧に復習するとなると時間が足りません。

そのような場合は、重要知識をまとめた要点集の利用も検討されると良いでしょう。LEC宅建士講座ならば「どこでも宅建とらの巻」があります。要点集でありながら、別冊付録として「とらの子」も用意するなど充実した内容です。このような要点集で知識を固める(特に直前期)ことも有効かと思います。

(スポンサードリンク)

講師ブログ

宅建講師ブログはこちら
フォーサイト・大原・ゼミネット・LEC・クレアールなど大手スクール講師のブログ新着記事。

解答速報

宅建試験解答速報はこちら

(スポンサードリンク)