わかって合格る宅建 基本テキスト【独学者でも学習が可能】

不動産系の人気資格である宅建(宅地建物取引士)。受験資格もなく、また難易度も同じ不動産系の司法書士ほど難しくありません。

しかし学習を始めてみると、その学習量の多さに圧倒されるでしょう。理解が必要な「権利関係」や、細かい知識の記憶まで求められる「宅建業法」、その他にも税金に関する出題や最新の統計までマスターする必要があります。

したがって途中で挫折してしまう受験生の方も少なくありません。そんな受験生の方にお勧めなのが、TAC宅建講座が作成した「わかって合格る宅建 基本テキスト」です。まず早期に全体像をつかむべく「基本テーマ32」を用意。これを読むことにより短期間で学習範囲の概要がつかめます。

次に「読みやすいレイアウトデザイン」。宅建試験では過去の出題を意識した学習が効果的ですが、本書では最近7年間に出題された重要事項についてアンダーラインを引いて執筆されています。したがって普段から過去問を意識した学習が可能です。

さらにアウトプット力を強化する「厳選過去問50」。過去の宅建試験の出題から重要度が高い問題をTACが厳選。詳細な解説を加えているので、繰り返し練習することで、十分な基礎力が付くでしょう。「わかって合格る宅建 基本テキスト」の詳細はこちら

「2016年度版 わかって合格る宅建士 基本テキスト」の商品説明

「2016年度版 わかって合格る宅建士 基本テキスト」はTAC宅建士講座の看板講師である木曽計行先生が、知識がない受験生の方を合格レベルに導くよう執筆された基本テキストです。その一方で、「過去の出題から今年をズバリ予想!一気に合格を狙う基本書籍」という戦略的テキストでもあります。

また分野別の3分冊になっているので、従来ならば分厚くなりがちなテキストも持ち運びに便利になっています。ですから通勤電車の中とか、ちょっとした休憩時間などにも手軽に読める薄さになっています。

さて内容ですが、「講義形式を採り、徹底した分かりやすさ」が本書のポイントです。したがって受験生の方が丁寧に読むことで重要事項の理解が可能だと思います。もちろん過去の宅建試験を分析し、合格を目指す上でマスターしておくべき重要事項は色別で表示しています。したがって独学で本試験の合格を目指す方にもお勧めです。

また2016年度宅建士試験で出題が予想される重要テーマに、表示がされているのも特長です。ですから単調になりがちなテキスト読みの作業も、「目的意識」をもって、また残り時間が少ない受験生の方には「メリハリのある」学習が可能だと思います。

また巻末には過去問も収録されていますので、「テキストを読んだら該当箇所の過去問を解く」という作業を行うことで知識の定着と、また実際の宅建試験での出題方法や問題のレベルを知ることができると思います。

このようにTAC出版の「わかって合格る宅建 基本テキスト」は、スクール利用者の方はもちろんのこと、独学で宅建試験に挑戦される受験生の方にもお勧めです。

なお本書で重要知識をインプットした後は、本番形式の過去問題集で徹底した問題演習を行うようにしてください。これはどの出版社のテキストを用いた場合でも共通の作業です。

「わかって合格る宅建 基本テキスト」はこちら

著者である木曽計行先生の動画

木曽計行先生が約1時間に亘り徹底解説!「【資格の学校TAC 宅建】先手必勝!早期学習開始で一発合格!」

(スポンサードリンク)

講師ブログ

宅建講師ブログはこちら
フォーサイト・大原・ゼミネット・LEC・クレアールなど大手スクール講師のブログ新着記事。

解答速報

宅建試験解答速報はこちら

(スポンサードリンク)