どこでも宅建とらの巻、直前期に効果的に使える要点集

法律が出題される資格試験の特徴として、毎年の法改正をフォローする必要があります。宅建試験は特に税制改正など特に法改正に注意しなければなりません。

そして最新版テキストを購入された方は問題ありませんが、昨年度のテキストで今年の本試験合格を目指す受験生の方は、この法改正を確実に押さえる必要があります。最悪の場合、正解できる問題でも不正解になることもあります。

この法改正情報や最新の試験対策に役立つのが、LEC東京リーガルマインド宅建講座の「どこでも宅建とらの巻」です。これは持ち運びに便利なコンパクトな要点集です。

具体的な使い方として、通勤や通学中など移動中に重要事項を確認する方法があります。また宅建試験の合格には模擬試験の受験は不可欠ですが、そのフィードバック、要点の確認として使うこともお勧めです。

宅建試験では宅建業法やその他の法令科目等で、記憶すべき事項がたくさんあります。これらを覚えるにはページ数の多い基本テキストは向いていません。「どこでも宅建とらの巻」のような重要事項をまとめてある書籍を繰り返し読み通すのがベストだと思います。

このLEC「どこでも宅建とらの巻」ですが、LEC宅建士講座の講師による「目からウロコのポイント解説」を掲載しています。各要点を確認した後に、ポイント解説を読むことで重層的に理解ができると思います。ぜひポイント解説も活用しましょう。

また別冊付録として、「とらの子」も用意。この「とらの子」は重要度の高い知識を中心にまとめたもので、本体の「どこでも宅建とらの巻」をさらにコンパクトにしたものです。したがって普段の隙間時間の学習には「とらの巻」、試験会場で最終確認するときなど時間がない時は「とらの子」を使用するなど、状況に応じて使い分けると良いでしょう。「どこでも宅建とらの巻」の詳細はこちら

なお購入にあたっては最新版をお勧めします。宅建試験では法改正があるためです。また具体的な読み進め方ですが、要点集という特色からそのまま読み通しても結構ですし、問題演習後に知識の網羅性を高めるために確認するのもお勧めです。

そして本書は2色刷りであるため、より重要度の高い色の部分を中心に繰り返すなど、メリハリのある学習も可能です。ぜひ受験生の方の目的に応じて、試験日当日まで使い倒してください。

(スポンサードリンク)

講師ブログ

宅建講師ブログはこちら
フォーサイト・大原・ゼミネット・LEC・クレアールなど大手スクール講師のブログ新着記事。

解答速報

宅建試験解答速報はこちら

(スポンサードリンク)