【宅建】権利関係が分からない受験生おすすめ、漫画で理解する権利関係【TAC講師が解説】

第1回となる宅建士試験が終わりました。士業へ格上げされた宅建試験ですが、やはり試験出題レベルが高くなっている印象です。

もちろん宅建業法などは記憶で対応することができるでしょう。問題なのは配点も高く、また理解を必要とする権利関係です。この権利関係は民法や借地借家法など、実体法を中心に構成されていますが、民法の条文だけをみても分かるように、かなりの分量です。

したがって権利関係を苦手としている、また一通り学習したものの理解が足りない受験生の方もいらっしゃるでしょう。

そんな受験生の方にお勧めなのが、TAC出版の「『マンガ』でわかる宅建 民法の要点解説」です。タイトルにもあるように民法だけに焦点を当てた漫画です。

この「『マンガ』でわかる宅建 民法の要点解説」では、受験生の方が特に分かりにくいと思われる債権譲渡や保証・連帯保証など20の項目選び出し、イメージがわきやすい「マンガ」とTAC講師の坂巻仁志先生の詳細かつ丁寧な文章解説で構成されています。

民法に苦手意識があるが得点源にしたい受験生の方や、これから宅建士試験に挑戦する初学者の方にお勧めの民法漫画です。『マンガ』でわかる宅建 民法の要点解説の詳細はこちら

・『マンガ』でわかる宅建 民法の要点解説で解説している民法20テーマは以下の通りです。購入の際の参考にされると良いでしょう。

①契約②通謀虚偽表示・錯誤③強迫・詐欺④未成年者⑤売主の担保責任⑥債務不履行⑦手付⑧危険負担⑨代理・無権代理⑩時効⑪債権譲渡⑫相殺⑬連帯債務⑭保証・連帯保証⑮委任・請負⑯物件変動⑰共有⑱担保物権(留置権・抵当権)⑲相続⑳借地権・借家権
「『マンガ』でわかる宅建 民法の要点解説」はこちら

宅建漫画の効果的な活用法

漫画は初学者でも理解しやすいように分かりやすく書かれています。したがって1回読めば内容が分かると思いますが、ぜひ何度も繰り返して読むようにしましょう。漫画とはいえ、民法を中心とした権利関係は知識の記憶に加え、知識を使いこなす力(応用力)が求められます。

それにはマスターした知識がしっかり定着するように、「何度も繰り返す」ことが大切なのです(これは権利関係だけに当てはまりませんが)。そしてマンガを読む際には、主人公になったつもりで感情を込めて取り組むと良いでしょう。これにより記憶度が増します。

そしてマンガで基礎をマスターしたら、本格的な基本テキストで合格レベルの知識を学習します。この基本テキストとしてLEC宅建士講座の「出る順宅建士 合格テキスト」がお勧めです。広い学習範囲に対し、過去の本試験を分析した上でつけられた「重要度」がメリハリのある学習に役立ちます。

また近年の宅建士(宅建)試験では、権利関係を中心に難化をしていますが、「試験で出題される”重要条文”を掲載」するなど、難化傾向にある本試験に対応しているのがお勧めポイントです。「出る順宅建士 合格テキスト」の詳細はこちら

(スポンサードリンク)

講師ブログ

宅建講師ブログはこちら
フォーサイト・大原・ゼミネット・LEC・クレアールなど大手スクール講師のブログ新着記事。

解答速報

宅建試験解答速報はこちら

(スポンサードリンク)