LEC出る順宅建士ウォーク問過去問題集をお勧めする理由4つ

宅建士試験の学習に必要不可欠なのが、過去問を中心とした学習です。2015年からスタートした宅建士試験ですが、その難化傾向に注目されましたが、分析してみると以前の宅建試験と同様に、「過去問のマスター+α」で合格ラインが目指せることに変わりはありません。

そこで宅建士試験向けの過去問題集が各社から販売されています。年度別や分野別と言った種別も合わせれば、かなり多くの過去問題集が発行されています。

テキストを選ぶ
(画像はイメージです。)

その過去問題集の中から「効率よく過去問をマスターしたい」と考えている受験生の方にお勧めなのが、LEC東京リーガルマインド宅建士講座の「出る順宅建士 ウォーク問過去問題集」です。その理由は以下の通りです。

【理由1】LECが厳選する重要問題を掲載

一般的な過去問題集が「年度別過去問題集」です。この年度別過去問題集とは、1年分50問の問題を掲載し、別ページに解答解説を掲載するタイプです。

このような年度別過去問題集をマスターすることは間違いではありませんが、50問の中には「学習効果が薄い問題」、「再び出題される可能性が低い問題、「問題作成者のミスにより複数正解がある問題、解答がない問題」が含まれていることがあります。

もちろん50問の大部分が、過去問学習として有益な重要問題です。しかしながら、このような学習効果が期待できない問題も併せて収録されている、これが年度別問題集のデメリットです。

一方、LEC宅建士講座の「出る順宅建士 ウォーク問過去問題集」ですが、過去28年分の宅建(士)試験から重要問題を厳選して550問を掲載しています。ちなみに本試験での出題が50問なので、11年分の分量になります。

つまり11年分の分量ですが、学習効果が薄い問題を省略することにより内容の濃い過去問題集になっています。また宅建試験の指導経験が豊富なLEC宅建士講座による編集ですから、その信頼度の点からもお勧めです。

テキストで本格的な勉強
(画像はイメージです。)

【理由2】正答率や重要度が掲載されている

宅建試験に限ることではありませんが、試験合格の鉄則は「多くの受験生が解ける問題を落とさない」ということです。難問奇問は殆どの受験生が正解できず、合否に大きな影響は与えません。

反対に多くの受験生の方が正解に至る問題を不正解になれば、限りなく合格する可能性は低くなります。つまり普段の学習から、正答率を意識して、メリハリをつけた学習が大切です。

そこで「出る順宅建士 ウォーク問過去問題集」では、LEC独自の受験指導データから算出した問題別の受験者の正答率、重要度などを掲載しています。このような客観的なデータを基に効率的な過去問学習が可能になるでしょう。

【理由3】持ち運びに便利な3分冊

この過去問題集は550問という相当な問題数を収録しています。そこで「権利関係」「宅建業法」「法令上の制限・税・その他」の3分冊にしています。

この分冊にすることで持ち運びが便利で、いつでもどこでも過去問学習が可能です。またハンディタイプのB6サイズ(高さ約18センチ、幅13センチ弱)なので、カバンにも手軽に入れることができます。

勉強をする女性
(画像はイメージです。)

【理由4】最新の法改正情報などのフォローも

宅建士試験の出題科目である権利関係にせよ、宅建業法にせよ法律である以上、法改正があります。もちろん法改正情報を国土交通省サイトや法務省サイト等で調べることは可能ですが、受験生レベルでフォローするとなると結構大変です。

そこでLEC宅建士講座では、LECMyページで法改正情報や、試験の最新情報「宅建NEWS」等を公開しています。過去問題集を購入された方は忘れずに確認しましょう。なお宅建書籍購入者特典については、LEC宅建士講座の「宅建書籍購入者の情報提供サービス」ページをご覧ください。

このように過去問学習を効率よく進められるシステムが数多く用意されているのが、「出る順宅建士 ウォーク問過去問題集」です。以上の理由にあるように、単なる過去問題集ではなく、効率良く過去問学習を進めるツールと言えるでしょう。法改正等のフォローもあり、ぜひお勧めしたいと思います。LEC「出る順宅建士 ウォーク問過去問題集」の詳細はこちら

なお試験直前期など、編集のない年度別の過去問題を解きたい受験生の方には、住宅新報社の「パーフェクト宅建過去問10年間」を検討されると良いでしょう。こちらも年度別の出題傾向や、特集ページ「宅建過去問ナビ」などの掲載があり、試験分析に役立つでしょう。

過去問題集の効果的な使い方

宅建試験における過去問演習の重要性は御理解頂けると思います。その過去問題集ですが、「問題を解いて採点、次に解説を読む」、これだけでも一定の効果は得られます。

もっとも多くの受験生が過去問題集を購入し試験対策の学習を行っています。宅建士試験の合格率は約15%前後ですから、合格ラインの突破には他の受験生の方よりも一歩先行く効果的な学習をしておきたい所です。

そこで受験生の方にお勧めの記事が「過去問の正しい使い方、効率性と網羅性の両立」です。過去問の学習について「効率性」と「網羅性」の2つのキーワードを基に、合格が目指せる過去問の学習法を紹介しています。こちらの記事も合わせて参考にして頂きたいと思います。

学習する女性
(画像はイメージです。)

講師ブログの活用も

宅建試験は過去問を中心とした学習で合格ラインは超えるはずですが、昨今の難化した試験、および新傾向の問題(判例を読ませる問題など)を考慮すれば、最新の情報も知っておきたい所です。

これには宅建講師ブログが参考になると思います。講師の方によって学習法や法改正に関する記事や、また直前期には統計の記事を掲載される方もいらっしゃいます。貴重な1点に役立て頂きたいと思います。

宅建講師ブログ
▲ 宅建講師ブログ

(TACやフォーサイト、LEC宅建講座など大手スクール講師陣によるブログ最新記事まとめ)

(スポンサードリンク)

講師ブログ

宅建講師ブログはこちら
フォーサイト・大原・ゼミネット・LEC・クレアールなど大手スクール講師のブログ新着記事。

解答速報

宅建試験解答速報はこちら

(スポンサードリンク)