過去問で効率的に突破する!「宅建試験」勉強法、松村保誠先生による合格ノウハウ

宅建試験に短期間で合格するには、過去問を完全マスターすることが一番の近道です。なぜならば宅建試験においては、過去に出題された問題が形を変えて何度も出題されているからです。

もちろん初めて見る選択肢も登場することはありますが、宅建試験は四択で正解を一つ選ぶ方式なので、過去問でマスターした選択肢が含まれていることが多いので正解になる確率はとても高くなります。

ここまで見て宅建試験対策における過去問の重要性を認識して頂けたと思います。そこで過去問の学習の下かですが、過去問を解いて答えを合わせる、多くの受験生の方が実践していると思います。

しかしそれだけでは他の宅建受験生とは差がつきません。宅建試験合格率は約15%前後。その合格者に入るために必要な効果的な過去問の使い方が、この『過去問で効率的に突破する!「宅建試験」勉強法』に収録してあります。

本書は指導経験豊富な松村保誠先生による合格ノウハウが満載です。ぜひ今年の宅建試験合格に向けて活用されてみてはいかがでしょうか。

本書の主な内容(アマゾンから引用)

◆過去問を読むだけ! ムリなくムダなく学習できる正しい勉強のやり方
宅建試験は本来、能力に関係なく誰もが十分、合格できる簡単な試験です。ところが受験生の中には真面目に勉強しているにもかかわらず、何年も不合格になり続け、ついには挫折してしまう方も非常に多くいます。
なぜ、そのようなことが起こるのでしょうか?その理由はズバリ「勉強のやり方」を間違っているからです。
そのため、合格するのに必要な知識が効率よく身につかず、努力のかいもなく不合格になり続けているのです。
本書は、指導講座の合格率80%の実績を持つ「宅建最短合格保証人」である著者が、できるだけ労力をかけず、宅建合格の最短ルートに導く「過去問勉強法」を伝授します。
あなたが宅建試験に合格するためにやるべきことは、きわめて単純です。
1.本書を熟読し、正しい「勉強のやり方」をしっかりと理解する
2.その「勉強のやり方」を忠実に取り入れて、日々、勉強する
3.勉強に行き詰まったら、本書で勉強のやり方を学び直し、その上で勉強を再開する
たったこれだけのことで、遠回りすることなく最短距離で合格というゴールにたどり着くことができます!
出典:http://www.amazon.co.jp/dp/4495530518/

本書の説明にもありますが、過去問を「読む」という視点も大切です。過去問のマスターとは、「出題されるレベル」「出題傾向」を把握することです。

したがって「過去問を読む」ことだけでも十分な学習効果が期待できます。もちろん実力を把握したいという受験生の方もいらっしゃるでしょう。そのような受験生の方は、公開模擬試験を受験することをお勧めします。

現時点での実力が図れる上、受験された他の受験生のとの比較が可能です。そしてLEC宅建士講座のゼロ円模試が特にお勧めです。無料でありながら本試験レベルの問題が受験できます。中間目標として利用されるのも良いでしょう。

宅建試験ガイド

今回は松村保誠先生が執筆された『過去問で効率的に突破する!「宅建試験」勉強法』を紹介しました。本書は過去問学習を中心とした宅建試験の攻略法ですが、宅建士試験の合格率や宅建士試験の難易度、宅建士の今後など、試験のガイドも知っておくと効果的でしょう。
そのような試験ガイドを掲載しているのが、LEC宅建士講座の「宅建士の魅力および試験の概要」です。大手スクールのLECによる詳細なガイドで、宅建試験の制度を詳しく知ることができるでしょう。時間もかからないと思いますので、目を通されることをお勧めします。

過去問の重要性が分かったら徹底した問題演習

ここまでの記事で宅建士試験における過去問の重要性がお分かりになったと思います。そして大切なことは「実践(実戦)」です。実際に問題を解いてみないと感触が分からない点もあるでしょう。

この実戦演習に使う過去問題集は各社から出版されています。合格者の私が吟味してお勧めしたいのが、LECと今日リーガルマインド宅建士講座の製作による「LEC出る順宅建士ウォーク問過去問題集」です。その理由はリンク先の記事で4つにまとめてありますが、宅建士試験の合格を目指す上で、「無駄のない学習が可能」という点です。

もちろん他の出版社からも過去問題集は発売されていますので、もし他の目的等があれば、その目的に合った問題集を選ばれると良いでしょう。大切なことは、「過去問を通した徹底演習」です。ぜひ今年の宅建士試験の合格に向けて勉強をスタートしてください。

(スポンサードリンク)

講師ブログ

宅建講師ブログはこちら
フォーサイト・大原・ゼミネット・LEC・クレアールなど大手スクール講師のブログ新着記事。

解答速報

宅建試験解答速報はこちら

(スポンサードリンク)