【行政書士講座】横溝慎一郎先生の口コミと評判まとめ

行政書士試験講座の横溝慎一郎先生の口コミと評判についてまとめてみました。

横溝慎一郎先生とは?

横溝慎一郎先生は、LEC東京リーガルマインド行政書士講座の実力派講師の方です。行政書士試験の指導歴が15年以上とレジェンドの部類に入ります。横溝慎一郎先生の詳細はこちら(LEC行政書士講座)

横溝慎一郎先生は、LEC渋谷駅前本校でのライブ講義のほか、全国収録講義(通信講座)など幅広く講義を担当されています。初学者から中上級者受験生の方まで、満足が行く講義内容だと思います。

通学講座
(画像はイメージです。)

パーフェクトコース

横溝慎一郎先生が担当する初学者向けコースが、「パーフェクトコース」です。法律初学者の方が安心してインプットできる「合格講座」と、得点力強化を目指したアウトプット講座である「科目別答練」、そして本試験の合格を左右する記述式向けの「記述基礎力養成講座」などバランス良く組み合わせた講座です。

横溝先生は、「合格するために必要な知識」そして「テクニック」を的確に分かりやすく解説します。以前に大学検定対策の講師を経験していたこともあり、分かりやすく解説するのが特長です。入門期から実力養成期、そして直前期と安心して学習することができると思います。

試験ガイド
法律学のマスターはハードルが高いですが、そんなハードルを低くしてくれると思います

横溝プレミアム合格塾(中上級者・学習受験生向け)

行政書士試験は法律系の入門資格とされますが、難易度が上がっています。そのような行政書士試験に対し、合格に必要な「インプット」と「アウトプット」を強化したのが、横溝プレミアム合格塾です。中上級者の方や再受験生の方を対象にしたもので、2017年度向けで5期目と好評です。

なお講座の詳細については、こちらの記事も参考にしてください。

LEC行政書士講座の口コミと評判!おすすめ講師・合格率・割引まとめ、無料お試しWeb受講も
LEC行政書士講座の特長、口コミと評判、講義動画、各コース(初学者向け・学習経験者向け・模擬試験ほか)、割引キャンペーンやWeb奨学生制度、お試し受講、無料資料請求などについてまとめました。

【動画】横溝慎一郎先生が解説「横溝プレミアム合格塾絶対合格メソッド」

受講生で、合格後行政書士として活躍する方も

横溝慎一郎先生は指導歴が長く、受講生の中にはその後行政書士として活躍される方も少なくありません。その例として、酒類製造免許業務を扱っている矢ヶ崎美奈先生(横溝プレミアム合格塾 2期生)などがいらっしゃいます。

またLEC行政書士講座で講師として活躍されたいた黒沢レオ先生や石井くるみ先生も(共に現在は実務家として活躍)横溝クラス出身者です。

【動画】横溝クラス合格者ガイダンス動画、石井くるみさんを迎えて
動画に登場する石井くるみさんはLEC合格講座を受講後、横溝慎一郎先生の通学講座を受講し、行政書士試験に合格しました。

試験ガイド
動画では通信講座の受講ペースや学習方法などについて話されています。そして7分10秒頃からは具体的な復習方法について触れています

口コミと評判

ここで横溝慎一郎先生の口コミと評判についてネット上で調べてみました。

横溝先生
テキストの本質的な理解を目指しておられるように私は感じました。
LECから配布される行政書士試験用の条文集ではなく、六法を引くように仰ったり、判例の解説がとても丁寧だったり、他の試験(宅建や司法書士試験や司法試験)へのステップアップのために法律を学ぶ、行政書士試験を受験する、という方には最適のように思われました。
引用:ヤフー知恵袋

横溝慎一郎先生は旧司法試験に挑戦した経験があります。また行政書士試験対策の指導経験も豊富なので、分かりやすさはもちろんのこと、理解を深める講義なのだと思います。

試験ガイド
過去問の暗記だけで合格できる簡単な試験ではありません

平成18年度から行政書士試験の難易度は上がっており、基本事項の理解は当然として、理解力が求められる出題があります。このような試験傾向にも合致するのではないでしょうか。

私も、行政書士スクールのイチオシはLECの横溝先生ですが、講座は、かなり勉強したけど不合格だったという人(リベンジ)が対象です。
引用:ヤフー知恵袋

リベンジを目指す受験生の方におすすめなのが、「横溝プレミアム合格塾絶対合格メソッド」だと思います。豊富な演習量で、ぜひ合格を勝ち取って頂きたいと思います。

人気、実力ともに、LECの横溝先生です。
Youtubeで検索すれば、すぐに動画講義がたくさん見つかりますが、本当にすばらしいです。
引用:ヤフー知恵袋

毎年新しい講師の方が登場しますが、実力がないと消えていくものです。そんな中で、行政書士試験の指導歴が15年以上と言うのは、実力派講師の証(あかし)と言えそうです。

ブログとツイッター

横溝慎一郎先生は「ブログ」と「ツイッター」の2つを運営されています。ツイッターは140字の投稿制限がありますが、ブログではそのような制限がないため、判例解説や学習法などの記事があります。横溝クラスの方はもちろん、外部生の方にもおすすめです。
【ブログ】横溝慎一郎行政書士合格ブログ

また横溝慎一郎先生や他の大手スクール講師陣のブログ最新記事をチェックしたい受験生の方は「行政書士講師ブログ」が便利です。

講師の方にもよりますが、重要判例の解説や法改正情報などを記事にしている方もいらっしゃいます。

行政書士講師ブログ
行政書士講座の講師のブログの新着記事です。

書籍

横溝慎一郎先生は豊富な指導経験を基に、書籍の執筆もされています。ここで横溝慎一郎先生の書籍について紹介します。

68点を確実に取る勉強法

行政書士試験に限らず資格試験の合格には、満点を目指さず合格ラインを確実に超えることが大切です。満点を目指すとなると、かなり細かい知識が必要です。

そうではなく合格ラインの突破に向けて、重要部分(コア)を着実にマスターすることが、効率よく合格を目指すポイントなのです。

68点を確実に取る勉強法

68点を確実に取る勉強法

横溝慎一郎
1,404円(08/20 10:46時点)
発売日: 2010/06/04
Amazonの情報を掲載しています

資格の合否は「ノート」で決まる!

ノートは単なる講義録ではありません。活用法次第で「知識の整理」はもちろんのこと、「記憶の強化」「ヤル気の維持」など、有効な学習ツールになります。そんなノートについて、横溝慎一郎先生が解説します。

資格の合否は「ノート」で決まる!

資格の合否は「ノート」で決まる!

横溝 慎一郎
発売日: 2009/08/19
Amazonの情報を掲載しています

このほか横溝慎一郎先生は、「一発合格者が磨いている『超効率』勉強力」「最短で最高の結果を出す『超効率』勉強法」など、学習法に関する書籍を執筆されています。この点からも指導経験豊富な感じがします。

まとめ

ここまでLEC行政書士講座の横溝慎一郎先生の担当講座、口コミと評判、ブログ、書籍などについてまとめてきました。

やはり受験指導歴が15年以上と言うのは、実力派講師と言って過言ではないでしょう。またLEC行政書士講座では、無料で講義が体験できる「おためしWeb受講制度」があるので、受講を検討されている方はLECの講義を無料体験されてみてはいかがでしょうか。

LEC行政書士講座、おためしWeb受講制度
▲ 無料おためしWeb受講制度(画像はLEC行政書士講座サイトから)

私が考える「おすすめの講師」とは?

私は行政書士試験の合格者です。そしていろいろな講師の方を比較してきました。そして「おすすめの講師」の基準は次のようなものだと考えています。

  1. 学習者のやる気を引き出せる人
  2. 板書の量がちょうどいい人
  3. 十分な法律知識がある人
  4. いつも最新の時事ニュースに関心を払っている人
  5. 社会人としてマナーや基本が身についている人
  6. コミュニケーション能力がある人

行政書士を含めた法律系資格一般に言えることですが、試験に合格するとすぐにスクールで講師として講義を担当するケースも少なくありません。

その一方で上の基準に合う「すばらしい講師」ですが、ひとつの目安として「5年以上」の指導経験があること、だと思います。

受講生からの支持(人気)や合格実績など、結構シビアな世界です。したがって「5年以上」の指導経験を講師を選ぶ際の目安とされるといいでしょう。

試験ガイド
ちなみに横溝慎一郎先生は15年以上の指導経験あるベテラン講師です。

なお「行政書士講師ブログ」に掲載している講師の方は、その多くが指導経験豊富な先生方です。このような講師の方ならば安心して受講できると思います。

行政書士講師ブログ
▲ 行政書士講師ブログ

(LEC、TAC、伊藤塾、資格スクエア、フォーサイト、アガルート行政書士講座などの講師陣ブログの最新記事まとめ)

また大手スクールでは無料サンプル講義や、無料おためし受講もあります。このような制度を利用して、ご自分にあった講師の方を選ぶと良いでしょう。

受験生
合格までの長い付き合いだもんね

みんなの口コミと評判

試験ガイド
横溝慎一郎先生の口コミと評判を募集中です。下の投稿フォームからお願いします。

※ 下のフォームから口コミや評判、おすすめポイントなど、投稿をお待ちしています(なお社会的評価を意図的に下げるコメントは掲載しない場合があります)。

お名前 (必須)

メッセージ本文(口コミや評判、おすすめポイントなど)

フォームに入力されたら「確認」にチェックを入れて
送信ボタンを押してください。

確認

error: