【行政書士】暗記だけで合格は可能か

不動産系の人気資格である宅建士試験は、標準的なテキストと過去10年分程度の問題および解答・解説を暗記すれば、満点は無理でも合格ラインは超えることはできます。

それでは行政書士試験の場合はどうでしょうか。コンピューターのような記憶力があるのならば合格は可能ですが、一般的には暗記だけでは合格は難しいのではないでしょうか。

特に最近の難化した行政書士試験においては、過去の出題では見たことのない論点が出題されるケースがあります。このような出題がされれば、過去問の暗記では対応ができないことは明らかでしょう。

それではどうしたら良いのでしょうか。それは各法令の条文の目的、制度趣旨をフル活用して解答を出すのです。また民法ならば「公平の視点」など一般原理原則を考慮の上で解答を出すのです。これならば適当に解答するよりも、正解になる確率が上がるはずです。また合格者は未知の問題に対して、同じような思考方法を採っていると思います。

もちろんその場で思考をして解答を出すことは重要ですが、準備ができることがあればしておくべきです。たとえば行政書士試験の過去問の演習に留まらず、公務員試験や司法試験の過去問から良問を厳選した「アルティメット択一問題集」など、時間が許す限り問題演習を重ねることです。

まずは充分な問題演習を重ねることが大切です。ぜひ本試験の合格に向けて頑張って頂きたいと思います。

【行政書士】このテキストと問題集で行政書士試験に短期合格しました

(スポンサードリンク)

講師ブログ

行政書士講師ブログはこちら
LEC・TAC・伊藤塾・東京法経学院・フォーサイト・大原・資格スクエア・アガルートなど試験対策スクール講師のブログ新着記事まとめ。

解答速報

行政書士試験 解答速報はこちら

(スポンサードリンク)