【行政書士】短期合格には情報の一元化が重要

行政書士試験対策の学習をしていると、とても学ぶべき内容の多さに驚くと思います。しかし合格のためには手際良くまとめて頭の中にインプットしなければなりません。しかも「スムーズに情報を取り出せる形」で知識をストックしておくことが必要です。

そして重要なことは、その多くの学習内容を一か所に集めておくことです。これは問題演習をしていると必ず分からないことが出てきてテキスト等を確認する必要があります。この際、学習内容があちらこちらにあると、まず探すことで労力を使ってしまい、欲しい情報にたどり着くまでに無駄な時間を使ってしまいます。「分からないことが書いてあったような気がしたけど、テキストにあったのかな、それとも過去問題集の解説にあったのかな?」なんてケースはないでしょうか。

これでは行政書士試験の短期合格どころではなく、不合格になってしまう確率が高いと思います。それではどうしたらいいか?それは情報を一か所に集めることです。これを「情報の一元化」と呼びます。この「情報の一元化」については、効果的な学習法を紹介する書籍に、たいていは掲載されているほどの重要な学習攻略法のひとつです。

この「情報の一元化」ですが具体的には、中核となる書籍(例えば基本テキスト)を1冊決めておき、それにすべての情報を書き込むことです。すると確認したいときには、この書籍だけを開けばいいことになり、時間と労力の節約につながります。結果的に内容の濃い学習が可能になり、行政書士試験の合格につながるわけです。

もっともお忙しい受験生の方の中には、1冊を決めて情報をまとめる時間さえもったいない方もいらっしゃるのではないでしょうか。そのような方にはLEC東京リーガルマインド行政書士講座の「出る順行政書士 重要事項総まとめ」がお勧めです。

この「出る順行政書士 重要事項総まとめ」では、難化する行政書士試験の合格を目指す上で押さえておきたい重要事項を1冊にまとめました。したがって普段の学習で「問題を解いて本書を確認する」、「模擬試験を受けて本書を弱点をフォローする」、「直前期に知識に穴がないか最終点検をする」、など学習時期や場面において、さまざまな使い方が可能です。

また1ページ単位で重要事項がコンパクトにまとめられているため、通勤時間や家事の合間など、すきま時間でも効果的に知識の定着が可能だと思います。もちろん家庭学習でじっくり学ぶ際にも使用できます。このように「出る順行政書士 重要事項総まとめ」は行政書士試験の短期合格を目指す方や、知識の総点検をしたい受験生の方にお勧めの要点集となっています。「出る順行政書士 重要事項総まとめ」の詳細はこちら(LEC東京リーガルマインド行政書士講座)

(スポンサードリンク)

講師ブログ

行政書士講師ブログはこちら
LEC・TAC・伊藤塾・東京法経学院・フォーサイト・大原・資格スクエア・アガルートなど試験対策スクール講師のブログ新着記事まとめ。

解答速報

行政書士試験 解答速報はこちら

(スポンサードリンク)