【行政書士】このテキストと問題集で行政書士試験に短期合格しました

私は短期間で行政書士試験に合格しました。しかし、大学も理系で法律には全くの無縁です。独学で短期で合格するためには、ひたすらに頑張るのは避け綿密な戦略を考えました。戦略と言っても「どのような参考書、テキストを選ぶか」、それだけです。

まず、三段階に分けました。

入門期(イメージをつかむ)

法律には全くの無縁です、初心者です。イメージ作りが大切です。イメージ作りに役立つ参考書を見つけるようにしました。最初に目が留まったのは、伊藤塾塾長の伊藤真先生の本です。大変分かりやすいのですが、薄い割には値段が高い。当時の値段で1,700円位だったと記憶しています(今考えれば法律系の書籍は販売数が少ないため、価格が高いのが一般的ですが、それすら分かりませんでした)。

そして書店で偶然出会ったのが「三修社 ぶんこ六法トラの巻」です。これは各単元2ページから4ページの見開き構成されていて、最初に「イメージしてみよう」と生活に密接した例があります。これが凄く分かりやすい。一冊、950円前後(税別)だったと思います。憲法、民法、行政法、会社法を購入しました。

この「ぶんこ六法トラの巻」使っている人は、あまりいないと思います。文庫本サイズなので、書店の資格コーナーでは見付けにくいのはないでしょうか。しかし、これほどコストパフォーマンスに優れて、イメージが豊富な入門書はないと思います。

【追記】この文庫本は行政法以外は高橋裕次朗先生、行政法は早稲田セミナー(現、Wセミナー)やLEC東京リーガルマインド司法試験予備試験講座などで講義を担当していた千葉博先生が監修した入門書「ゼロから始めるシリーズ」を文庫化したものです。

過去問を解く

資格試験で一番のポイントが「過去問」です。試験によって、その出題傾向や特有の問題の出し方があります。敵を良く知ることが短期合格には絶対必要です。そして購入したのがTAC行政書士講座の過去問集です。収録年数が多い点と、解説が比較的充実していたからです。最近ではLEC行政書士講座の「出る順行政書士シリーズ」なんかも収録年度数が10年分と多く、また機能性に優れていて素晴らしいと思います。

そして問題を解くのですが、前述の入門書しか読んでいないため、分からないことが出てきます。問題によっては過去問の解説だけで分からないことができます。そこで辞書的に使用する目的で、テキストの購入に入りました。

再び大型書店に行きました。検討した結果、伊藤塾の「うかる!行政書士」に決めました。説明は他の出版社と同様に詳しく、それ自体は決め手とはなりませんでしたが、民事訴訟法の簡単な説明もあり(現在は分からない)、お得な感じがしたからです(もっとも行政事件訴訟法は民事訴訟法をベースにしており、民訴の基本的な理解は必要なのですが)。

問題演習の時期

短期合格のために重要なのはアウトプットです。いかに多くの問題を解き、繰り返すかです。各社の行政書士対策の問題集は明らかに問題数が足りません。そこで購入したのが、実務教育出版の「新スーパー過去問ゼミ」です。

収録されている問題数が多く、そして、解説が図表付き(特に民法)でとても分かりやすい点が決め手となりました。極端な話、このシリーズを繰り返すだけで行政書士試験の標準的な問題は正解できるのではないかという感想です。

公務員対策の問題集ですが、地方上級レベル・国家二種(現在は国家一般職)レベルなので行政書士試験と同じくらいのちょうど良いレベルです。このシリーズの「憲法、民法1・2、行政法」の合計4冊を繰り返して合格できました。

【追記】現在では行政書士試験対策においてもメジャーとなったスー過去こと「スーパー過去問ゼミ」ですが、本書を選んだのは行政書士試験レベルの問題が少なかったからです。現在ではLEC東京リーガルマインド行政書士講座から「アルティメット択一問題集」が刊行されています。

これは公務員試験・司法試験から行政書士試験対策に役立つ問題を厳選したものです。スー過去は公務員試験専用のため、行政書士試験対策には不要な問題もあります。したがって今時点でのおすすめ書籍はLECの「アルティメット択一問題集」です。

【余談】なおスー過去にはお世話になったので、合格した日に実務教育出版にお礼のメールをしました。翌日、お祝いのメールを実務教育出版さまから頂きました。少しですが公開します。

>××様

>合格おめでとうございます。
>また、お礼のメールをありがとうございました。
>編集部一同たいへんうれしく思います。
>今後のご活躍をお祈り申し上げます。

>実務教育出版 編集部

…このメールを頂いた時にはうれしかったですね。

少し脱線しましたが、以上が私の使った参考書、問題集です。他にも時事問題集など使用した書籍もありますが、メインとして使いこんだのは上の書籍です。

行政書士試験は適切な講義や書籍で学習を進めれば、簡単ではありませんが、決して合格が難しい試験ではありません。ぜひ本記事を参考にして頂き、ご自分に合ったテキストや問題集を繰り返し学習して欲しいと思います。

(スポンサードリンク)

講師ブログ

行政書士講師ブログはこちら
LEC・TAC・伊藤塾・東京法経学院・フォーサイト・大原・資格スクエア・アガルートなど試験対策スクール講師のブログ新着記事まとめ。

解答速報

行政書士試験 解答速報はこちら

(スポンサードリンク)