【行政書士】学習漫画は入門に最適、ぜひお勧めしたい漫画とは?

「行政書士試験は法律の知識を問う試験なのに、漫画で学習なんて!」そのような声が聞こえてきそうですが、行政書士試験の短期合格を目指す上で漫画は効果的な学習ツールです。逆に言えば不合格になってしまった受験生の方も、漫画を活用していれば合格できたかもしれません。

なぜ漫画が効果的な学習ツールなのでしょうか。行政書士試験は短期間で広範な学習範囲を学習する必要があります。法律初心者が多い行政書士試験受験生にとって、文字だらけの基本テキストは時間がかかりすぎる、これが最大の理由です。

漫画は文字情報ではなく画像情報であるため、より多くの情報を一度に伝えることができ、そして感情を加えることも可能なので、より印象に残ります。そして漫画は時間の流れを利用しているため、時系列で事実関係をつかむ必要のある判例学習には特に威力を発揮します。

そこで受験生の方にぜひ利用して頂きたいのが、元官僚の吉田としひろ先生の行政法まんが(マンガはじめて行政書士行政法)と、法律資格の専門校である辰巳法律研究所による判例マンガシリーズです。

まず前者の行政法まんがは、私たちの生活に馴染みがなく具体的なイメージの湧きにくい行政法を基礎の基礎から説明しています。それでいて差止訴訟や形式的当事者訴訟など細かい学習項目も漫画で詳しく解説しています。その意味で漫画とは思えない完成度の高さと言っていいでしょう。

そして後者の判例マンガシリーズ(法律入門判例まんが本 行政法)。行政書士試験の出題科目である憲法と行政法は判例知識が直接問われます。つまり判例知識だけで解ける問題が他の科目よりも多くあります。そこで受験生の方は代表的な判例集である判例百選を使います。しかしこれは法律初学者である行政書士受験生にはハードルが高すぎます。おそらく判例百選から学習を開始した初学者の方は、高い確率で不合格になっているのではないでしょうか。

その点、この判例マンガシリーズは判例百選をベースに作られているので、本試験に出題が予想される重要判例をフォローしています。そして前述したように漫画であるため、短時間でより印象深く学習することができます。もちろん事件の概要を描いた4コマ漫画だけではなく判旨と辰巳司法試験講座の講師によるコメントも掲載されているので、行政書士試験で問われる「事件の概要と判旨」を楽しみながらマスターすることが可能です。

これまで見てきたように学習漫画は立派なツールです。ぜひ漫画を活用して、行政書士試験の合格を勝ち取って頂きたいと思います。

(スポンサードリンク)

講師ブログ

行政書士講師ブログはこちら
LEC・TAC・伊藤塾・東京法経学院・フォーサイト・大原・資格スクエア・アガルートなど試験対策スクール講師のブログ新着記事まとめ。

解答速報

行政書士試験 解答速報はこちら

(スポンサードリンク)