宅建六法で効果的に合格を目指す

宅建士試験の合格を目指す上で受験生の方にぜひ用意して頂きたいのが、宅建六法である。これはタイトルにもあるように六法つまり条文集なのだが、使い方次第で効果的な学習ツールなのである。

まず宅建六法の構成を見てみよう。試験範囲の条文、過去に出題された過去問、判例の趣旨、重要キーワードで構成されている。

したがって条文を調べた際に過去問にもアクセスすることができる。過去に出題された条文と分かれば、真剣に学習するだろう。そしてここ数年の宅建試験で出題される判例問題。この問題を苦手とする受験生の方はとても多いが、判例の趣旨を理解することが正解への近道になる。それに役立つのが宅建六法の「判例の趣旨」だ。これを読むことで難解な判例の意味もサクッと理解できるだろう。

さらに宅建六法では重要キーワードが2色刷りで印刷されている。宅建試験の合格ライン突破を目指す上でぜひ押さえておきたい重要キーワードである。それもパー宅でお馴染みの住宅新報社編集部による厳選されたものばかりである。

このように宅建六法は単なる条文集ではなく、「条文+過去の出題例+判例の趣旨+重要キーワード」と、合格に役立つ学習アイテムなのである。ぜひ受験生の方には宅建六法をフル活用して頂き、効果的な試験対策の学習に取り組んで頂きたい。最新宅建六法(平成27年版、住宅新報社著)の詳細はこちら

(スポンサードリンク)

講師ブログ

宅建講師ブログはこちら
フォーサイト・大原・ゼミネット・LEC・クレアールなど大手スクール講師のブログ新着記事。

解答速報

宅建試験解答速報はこちら

(スポンサードリンク)