宅建過去問、周辺知識も学習しよう

宅建士試験に短期間での合格を目指すならば、過去問を中心とした学習が最適である。実際に「過去問+基本テキスト」で合格を果たした受験生の方も少なくない。

そんな過去問学習だが、ひとつ気を付けたいことがある。それは過去問を解く際に、付随して周辺知識も併せて学習する必要があることだ。

まず過去問で出題されるのは例外規定であることが多い。原則ならば誰でも分かるし、実務でもミスを犯しようがない。それに対して忘れがちになるのが例外規定である。そこで宅建試験においても例外規定を問うケースがあるわけだ。

そして原則に対する例外はひとつとは限らない。例えば例外となるケースがA,B,C,D,Eと5つあるとする。それに対してそのうちのAとCだけが出題されたとする。すると問題を解くだけの過去問学習だけではBとDとEのケースを学習する機会が失われる。このような見落としをしないように、周辺知識(B,D,E)も併せて学習しましょうよ、と言うことなのだ。

もっとも受験生の方は普段の学習に合わせて周辺知識も学習するとなると負担が多いかもしれない。そこでおすすめしたい学習法が、宅建試験の指導実績が豊富なLEC東京リーガルマインド宅建講座の「出る順宅建重要ポイント555」を併用しながら過去問に取り組むことである。

この要点集を参考にしながら学習することで、過去問を解くだけでは見落としてしまう例外規定や重要ポイントを効率よく学習をすることが可能だ。従来の問題を解くだけの過去問学習で不合格となった受験生の方におすすめの要点集である。出る順宅建重要ポイント555 の詳細はこちら(LEC宅建講座)

error: