出る順宅建合格テキストは初学者でも理解できる基本テキスト

宅建試験は不動産系の入門資格と位置付けられていますが、合格率を見ても分かるように決して簡単な試験ではありません。毎年の合格率が15%前後、つまり100人受験すれば85人は不合格になる厳しい試験です。手軽な資格と誤解し受験すれば、必ず不合格になる試験と言っていいでしょう。

この宅建試験の学習法は人それぞれです。しかし短期合格を目指すならば、やはり資格学校の通学コースか通信コースを利用するのがベストでしょう。独学では手に入らない合格ノウハウを手に入れることができるからで。費用はかかるものの、貴重な時間を買ったと思えば結局は安くなります。

また独学は「毒学」といわれるように、費用がかからない一方、何年かかっても合格できないケースがとても多いように思われます。何とか工面して学校を利用すべきだと思います。

それでもどうしても経済的に学校に通えない方もいらっしゃると思います。この不景気ですから仕方のない面もあります。そのような受験生特に初学者の方は、これから大きな書店に行って、過去問とテキスト、問題集や各種演習書を見てきて下さい。テキストならば「分かりやすさ」「初学者向けか」「表やイラストの多さ」できれば講義形式の話し言葉のテキストがあったらそれに決めるのが一番です。

私の一番のお薦めは「出る順 宅建合格テキスト」です。宅建の学習、特に民法においては権利変動で多くの人物が登場し、さらに登記の有無など色々な条件が加わってきます。それを手際よく図解で表しているのでスッキリ理解できると思います。

そして「出る順宅建合格テキスト」に関しするネット上の口コミと評判ですが、次のようなものが見受けられました。

・権利関係が理解できた
・理由が書いてあるので分かりやすい
・難しい法律を初学者でも理解できるように書いてある

また宅建試験対策では、細かい数字の記憶も必要ですが、記憶に役立つ「ゴロ合わせ」も豊富に掲載しています。したがって初心者の受験生の方でも効率的に知識が身につきます。ぜひ本書を繰り返し学習して、宅建試験の短期合格を目指して頂きたいと思います。「出る順 宅建合格テキスト」の詳細はこちら

(スポンサードリンク)

講師ブログ

宅建講師ブログはこちら
フォーサイト・大原・ゼミネット・LEC・クレアールなど大手スクール講師のブログ新着記事。

解答速報

宅建試験解答速報はこちら

(スポンサードリンク)