【宅建試験】無料成績診断まとめ(TAC・LEC・大原)、合格ライン予想【比較も】

2017年10月15日(日)に実施された平成29年度宅建士試験。宅建試験は相対評価で合格が決まります。したがって宅建試験を受験された方は、まず解答速報で予想得点を出しましょう。

年度にもよりますが、スクールにより解答が割れることもありますので、各スクールの解答速報を比較するのもお勧めです。

関連記事 2017年度(平成29年度)宅建士試験 解答速報まとめ(TAC・LEC・ユーキャン・クレアール・フォーサイト・大原・日建学院・週刊住宅社・住宅新報社・資格総合学院・九州不動産学院まとめ、講評動画も)

そして大手試験対策スクールを中心に無料成績診断サービスを実施しています。大手スクールが全国レベルで行う無料成績診断サービスのため、より精度の高い成績診断が可能です。ぜひ合格ライン(ボーダーライン)予想の目安として活用されると良いでしょう。

TAC宅建講座「本試験データリサーチ」

資格の学校TAC・宅建講座が実施する無料成績診断サービス「本試験データリサーチ」。昨年に引き続き今年も全国規模で行います。TAC「本試験データリサーチ」はこちら

TAC解答速報
▲参加者間の得点・順位・平均点・正答率などが分かる「TAC本試験データリサーチ」(画像はデータリサーチについて説明があるTAC解答速報ページから)。

TAC「本試験データリサーチ」の特長は以下の2点です。

  1. 受験生の方が一回の入力すると、その場で得点が分かる
  2. リアルタイムでデータ分析が可能

パソコンで調べる
(画像はイメージです。)

特に受験生の方にお勧めなのが、後者の「リアルタイムによるデータ分析」です。

これは定期的にデータが再集計されますので、参加者が多くなるほど精度の高い分析データ(得点・順位・平均点・正答率など)が提供されるものです。また何度でもログインが可能ですので、締切り直前にデータ分析を参考にされるのもお勧めです。

このTACの「本試験データリサーチ」ですが、エントリー期間・結果閲覧期間が設定されています。無料で実施されますが、利用を考えている受験生の方は入力期限等に注意してください。特に締切り直前は込み合うことがあります。

実施スケジュール
登録および解答入力受付期間:2017年10月15日(日)15:00から10月31日(火)23:59まで
結果閲覧期間:10月15日(水)15:00から11月28日(火)11:00まで

このほか本試験データリサーチ(無料Web採点サービス)の参加方法や注意点については、サービスを実施するTAC解答速報ページで御確認ください。
TAC解答速報ページへ

データリサーチとは

全国の受験生からデータを収集
インターネットを活用して日本全国の受験生から解答データを収集し、より精度の高い得点分析結果を提供する、TAC独自の画期的な解答分析サービスです。

登録から結果の確認まで、すべてWebで完結!
Webページで解答を入力(選択)するだけで、結果閲覧期間内に採点結果を閲覧することができます。また定期的に再集計されますので、登録者数が増えるにつれ、日に日に精度の高い分析データが提供されます。(何度でもログインして確認できます。)

引用:資格の学校TAC
http://www.tac-school.co.jp/kouza_takken/sokuhou.html

LEC東京リーガルマインド「無料成績診断」

LEC東京リーガルマインド宅建講座で無料成績診断サービスを実施します。こちらも全国レベルでの実施ですので利用されると良いでしょう。LEC無料成績診断はこちら

LEC解答速報
▲今年も実施!LEC宅建講座の無料成績診断サービス(画像はLECサイトから)

登録(エントリー)期間
2017年10月15日(日)15:00から2017年10月26日(木)23:59まで

診断結果 閲覧開始日
第1弾 2017年10月20日(金)17:00(予定)
第2弾 2017年10月27日(金)17:00(予定)

なお第1弾の分析結果は10月19日(木)23:59までに入力された方のみ閲覧が可能です。それ以降に入力された方は、第2弾の閲覧開始日から閲覧が可能となっています。

講評・本試験解説 閲覧開始日
2017年11月15日(水)17:00を予定。

このほかLEC無料成績診断サービスの詳細や実施要項については、LECサイトにてご確認ください。
LEC無料成績診断へ

2016年度本試験の成績診断を<無料>で行います。 合格発表日よりも前に本試験の結果を確認するためにも、是非ご利用ください。
※無料成績診断にはMyページへの登録(無料)が必要です。

引用:LEC宅建講座

資格の大原「本試験採点サービス」

資格の大原では「本試験採点サービス」を実施。受験生の方から集計したデータを基に収集した解答データをもとに合格ライン予想を行います。大原本試験採点サービスはこちら

大原・解答速報
▲本試験採点サービスを行う大原・宅建講座(画像は資格の大原から)。なお資格の大原では、合格ライン予想会も一部校舎で実施する予定です。

入力期間
2017年10月15日(日)18:00から2017年10月24日(火)9:00まで

なお「本試験採点サービス」で集計したデータから、大原が算出した2016年度宅建試験の予想合格ラインの発表は次の通りです。

合格ライン予想&講評(無料)
2017年10月24日(火)から公開の予定。

講評・解説動画の無料公開も

ここまでTAC・LEC・大原の無料採点サービスについて見てきました。このほか各試験対策スクールでは、合格ライン予想会や分析会など、2017年度宅建士試験の合格を目指す受験生の方にお勧めの無料イベント等を実施しています。

また今回の本試験の難易度や出題傾向を分析する講評や、平成29年度宅建試験の解説動画を無料配信するスクールもあるので、ぜひ受験生の方は利用されてみてはいかがでしょうか。

関連記事 2017年宅建試験解答速報、難易度・合格ライン予想と講評・動画まとめ【宅建士】

合格ライン予想には宅建講師のブログも

この大手スクールで実施される無料成績診断サービスは、合格ラインの予想に役立つでしょう。

またスクールの講師の中には、独自にブログで情報を発信する方も少なくありません。そして宅建試験後には、予想合格ラインを公表する講師の方もいらっしゃいます。

もちろん所属するスクールの公式見解ではありませんが、個々の先生方の見解を参考にしてみるのもお勧めです。

宅建講師ブログ
▲ 宅建講師ブログ

(TACやフォーサイト、LEC宅建講座など大手スクール講師陣によるブログ最新記事まとめ)

(スポンサードリンク)

講師ブログ

宅建講師ブログはこちら
フォーサイト・大原・ゼミネット・LEC・クレアールなど大手スクール講師のブログ新着記事。

解答速報

宅建試験解答速報はこちら

(スポンサードリンク)