【司法書士】最初に読んでおきたい入門書・漫画まとめ、大越一毅先生の書籍も

登記の専門家である司法書士。試験に合格すれば(中央研修等は別として)、すぐに独立開業ができる魅力ある国家資格です。もっとも出題範囲が広く、また合格率も低いため、合格まである程度の期間が掛かるのが一般的です。

そこで役立てたいのが、全体像をつかむ入門書や、司法書士の業務が分かる漫画などです。どちらも学習初期の段階で読んでおくことで、モチベーションアップにつながると思います。

1時間で学ぶ!司法書士の4科目

司法書士試験はマイナー科目を含めると、かなり多くのことを学習します。よくあるケースが、それぞれの科目の関連性が分からない」というもの。これには最初に全体像を掴んでおくことで、科目間の理解も深まると思います。

そしてLEC司法書士講座で発売している入門書が「1時間で学ぶ!司法書士の4科目」です。これは司法書士試験のメイン科目である民法、会社法、不動産登記法、商業登記法について、LEC講師が分かりやすく解説するものです。

「それぞれの科目間のつながり」「登記記録の説明」「実際のケース」など、具体例を多用して受験生の方のイメージを膨らませるようになっています。本格的な勉強の前に読んでおくと良いでしょう。
書籍の詳細はこちら

司法書士試験で出題される主要4科目(民法、会社法、不動産登記法、商業登記法)に絞り、LEC講師陣がわかりやすく説明。「実は身近な民法」「いざというときの抵当権」「商業登記は何のためにある?」「不動産登記と司法書士」「登記記録を見てみよう」「会社を作るメリット」など、実生活にも起こるような事例をところどころ挙げながら、初学者からも入りやすくテーマを設定し、編集しました。

この1冊で司法書士試験の出題科目で主要となる4科目の基本的な性質が学べるとともに、司法書士試験の全体構造が1時間で掴むことができ、これから難関試験である司法書士試験に挑む方のナビゲート役として強い味方になります!

引用:LECオンライン
https://online.lec-jp.com/disp/CSfLastGenGoodsPage_001.jsp?GOODS_NO=100049410

なお以前は「3時間でわかる!LEC式はじめての司法書士教室」が発売されていましたが、本書はそれをパワーアップしたものという感じです。

LEC海野禎子先生と佐々木ひろみ先生による動画解説

この「1時間で学ぶ!司法書士の4科目」について、LEC司法書士講座の実力派講師である海野禎子先生と佐々木ひろみ先生が、動画で説明しています。短い収録時間なので、興味ある受験生の方は参考にされると良いでしょう。

【動画】1時間で学ぶ!司法書士の4科目 ご案内

司法書士の業務が分かり、モチベーションアップに役立ちそうな書籍まとめ

ここからは試験科目ではなく、司法書士の業務について解説している書籍をご紹介します。実際に読んでみて、近い将来に司法書士として活躍する姿をイメージすることで、やる気アップにもつながると思います。

大越一毅先生の『司法書士の「お仕事」と「正体」がよ~くわかる本』

司法書士は法律職ですが、弁護士や行政書士などとの違いが分からない方もいらっしゃるでしょう。本書では司法書士の業務(仕事)について、詳しく解説しています。また登記の他、企業法務や裁判業務(認定司法書士のみ)、成年後見業務など新たな分野についても扱っています。

ここで著者の大越一毅先生について解説しておきましょう。大越一毅先生は、LEC司法書士講座で学び法政大学在学中に司法書士試験に合格。合格後にはLEC司法書士講座で講師として受験指導を行っていた時期も。現在は企業法務を中心に、登記から相続まで幅広く業務を行っています。

LEC司法書士講座の口コミと評判!講師・合格実績・割引まとめ、無料お試しWeb受講も

『司法書士の「お仕事」と「正体」がよ~くわかる本 本当のところどうなの?』の主な内容

  1. 知りたい!司法書士の未来
  2. 司法書士試験に合格したらー研修編
  3. 司法書士試験に合格したらー独立開業編
  4. 簡裁訴訟代理権取得を目指して
  5. 実務を覚える!事務所入所が基本
  6. 休日も仕事の幅を広げるための人脈作り、ほか

「スイモ、アマイモ。司法書士花村大輔のプライド」、漫画でスラスラ分かる!日本司法書士会連合会による制作

司法書士の業務を分かりやすく解説したのが「スイモ、アマイモ。司法書士花村大輔のプライド」です。全てマンガで描かれているため、分かりやすく短時間で司法書士の業務を垣間見ることができます。また日本司法書士会連合会による制作もお勧めポイントです。

主人公は新人司法書士の菱川里美。3年の猛勉強が実を結び合格、これから念願の司法書士として活躍を目指します。
スイモ、アマイモ主人公

第1話は相続。しかし相続人の一人が失踪。不在者の財産管理人制度の登場や、家庭のトラブルなど面倒なケースのようです。
スイモ、アマイモ第1話相続

新人司法書士の仕事も一日目が終わりました。お約束の?主人公の入浴シーンも。
スイモ、アマイモ1日が終わる

第2話は不動産決済。司法書士の花形、立ち合いを通して不動産決済の流れがまとめてあります。
第2話不動産決済

第3話は会社の解散。経営者は高齢で跡継ぎもいない。そこで会社の解散を選びます。ここでは解散登記や清算人就任登記など学習で見た用語が出てきます。
第3話会社の解散

第4話は成年後見。本人の状態や家庭環境により任意後見監督人選任の申立をしたりします。高齢化が進む日本では切実な問題です。
第4話成年後見制度

最終話は「生活にまつわる法律問題」。被災者のサポートを通して、司法書士だからできる支援活動を描いています。生活のサポートの視点で見れば、司法書士の仕事は実に幅広いことが分かります。
第5話生活にまつわる問題

こんな感じで漫画で手軽に読める一方で、鮮明に司法書士のイメージが湧くのではないでしょうか。また登記業務はもちろんのこと、成年後見や過払い金返還請求なども理解できると思います。

田島隆先生の司法書士漫画「奮闘!びったれ」

司法書士の実務を解説した漫画として「スイモ、アマイモ」を紹介してきましたが、劇画タッチで描かれているのが、田島隆先生の司法書士漫画「奮闘!びったれ」です。

原作者は行政書士を扱ったテレビドラマ「特上!カバチ」や、竹内結子さん主演のドラマ「ダンダリン 労働基準監督官」でもお馴染みの田島隆先生です。したがってストーリーも楽しいものが期待できそうです。

本を読む
(画像はイメージです。)

田島隆先生は行政書士・海事代理士として活躍する一方、LEC東京リーガルマインドでは行政書士講座、公務員講座でも指導を行っていました。

そんな田島隆先生は行政書士だけではなく司法書士補助者の経験もあるので、司法書士の開業を目指す受験生の方にもお勧めです。毎日の学習の合間に気分転換に最適かもしれません。

まとめ、講師ブログの活用も

ここまで司法書士試験の入門書や、業務のイメージが分かる漫画などについて見てきました。どうでしょうか、7月の筆記試験に向けて「ヤル気」が出てきたのではないでしょうか。

なお司法書士講座の講師の方の中には、ブログで情報を発信している方が少なくありません。試験に関する内容が中心ですが、業務や実務に関する記事もあるかもしれません。参考にされてみてはいかがでしょうか。

司法書士講師ブログ
▲ 司法書士講師ブログ

(WセミナーやLEC、伊藤塾、資格スクエア、辰巳司法書士講座などの講師陣ブログの最新記事まとめ)

また更に司法書士の業務について知りたい受験生の方は、元試験委員でもある近藤誠が執筆された「新米司法書士・はるかの事件ファイル」があります。こちらを参考にされると良いでしょう。

新米司法書士・はるかの事件ファイル、著者の近藤誠氏が語る【動画】

(スポンサードリンク)

講師ブログ

司法書士講師ブログはこちら
LEC・Wセミナー・伊藤塾・資格スクエア・辰巳など大手スクール講師のブログ新着記事まとめ。

解答速報

司法書士筆記試験 解答速報はこちら

(スポンサードリンク)