LEC司法試験予備試験、セブンサミット・テキスト・過去問題集など口コミと評判まとめ

LEC入門講座のセブンサミット、LEC司法試験(予備試験)講座で制作・販売しているテキストや過去問題集などの口コミと評判です。

セブンサミットテキスト

LEC司法試験予備試験講座で使用する基本テキストが「セブンサミットテキスト(7サミット)」です。長い指導ノウハウが満載された分かりやすいテキストです。

このセブンサミットテキストの具体的な特長は次の通りです。

  1. 整理図、まとめ表が豊富
  2. 重要判例は第1審から掲載
  3. 問題演習で同時にアウトプット
  4. 実務を意識したテキスト

4の実務を意識したテキストというのは、新司法試験では実務を意識した出題がされます(予備試験も同様)。そこでセブンサミットテキストでは実務に必須の要件事実論、事実認定論も完全収録しており、万全な試験対策をとっています。

テキストで本格的な勉強
(画像はイメージです。)

なお講師の方によりメインで使う場合や、レジュメを優先しサブテキストとして使用する場合があります。また入門講義後には、論文対策として「7サミット〈論文編〉」が用意されています。詳しくはLEC予備試験講座で御確認ください。

LEC予備試験講座の口コミと評判!講師・合格実績・割引まとめ、無料お試しWeb受講も

テキスト

C-book

C-Bookは、LEC入門講座で使用されていた「プロヴィデンステキスト(現在はセブンサミット)」を元に作られた独習用テキストです。法律知識ゼロの初学者でも学習できるようコラムなどの工夫の他、論証など論文試験対策も充実。
C-bookの詳細はこちら
口コミと評判

2.C-book
少し硬い感じです。書き言葉に統一された感じです。
ただ、細かい論点も網羅的に載っているので、論証の辞典的な感じで使えます。
残念なことに、判例検索が載っていません。
ですが、論証部分が「しかし」「また」「よって」などの接続詞と矢印で結ばれていて、
流れがわかりやすいです。図や表も、シケタイよりも多い気がします。
「読み物」というよりは「辞書」という感じです。
刑法総論は行為無価値と結果無価値に分かれています。

引用:ヤフー知恵袋

シケタイとは、伊藤真先生による試験対策講座シリーズを指します。コンセプトとしてはLECのC-Bookと同じです。

どちらも完成度は高いので、最終的には個人の好みとなりますが、LECオンラインだと市販価格の10%割引(ポイントも付く)で購入が可能なので、お勧めです。

【割引や特典も】LEC東京リーガルマインドのキャンペーンまとめ、口コミと評判も

完全整理択一六法

受験生の間では「完択」の愛称でお馴染みです。条文別に詳細に解説が加えられています。したがって短答式対策に利用するのがベストですが、学説なども網羅的に掲載されているので、論文の学習でも知識の確認に利用できます。完全整理択一六法の詳細はこちら

また最新の判例も、読者特典としてダウンロードが可能です。さらに予備試験の一般教養も発売されており、こちらもお勧めです。
関連記事 別冊完全整理択一六法・一般教養が充実!上位合格者の動画解説も!

口コミと評判

私はその手のものでは、LECの完全整理択一六法の民法のみを使っていたので、それをベースにお話します。

あれは基本的には「全部覚える」ためのテキストです。
ある程度勉強がすすめば、あのテキストも「これ知ってる」「当たり前」という部分が大半になります。
その中で、自分が見落としやすい場所、盲点だった場所などをチェックし、知識を確認するために使います。

引用:ヤフー知恵袋

完全整理択一六法は要点集として利用されると良いでしょう。重要ポイントが図や表でコンパクトにまとめられているからです。

したがって理解用のテキストとしてはお勧めできません。コンパクトゆえに、行間を読むのに苦労するからです。体系的理解が目的ならば、入門講座を利用するのがベストだと思います。

過去問題集

LECでは短答式・論文試験共に過去問題集を発売しています。2017年7月現在、以下のような過去問題集が用意されています。

  1. 司法試験 系統別・年度別 論文過去問徹底解析
  2. 司法試験&予備試験 体系別 短答式過去問題集

LEC司法試験講座、テキストと過去問題集
▲ LEC書籍案内(画像はLEC司法試験サイトから)

新・論文の森シリーズ

予備試験論文式試験の合格に向けて制作された問題集です。重要論点について「思考のプロセス」「参考答案」「学習のポイント」「合格ライン」「論点解説」と充実した内容で、独学の方にもお勧めです。
書籍の詳細はこちら

口コミと評判

ちなみに、予備校本はC-bookがお勧めです。また、肢別本は辰巳のものがお勧めです。択一六法もLECから出ている択一六法がお勧めです。論文対策問題集は論文の森、スタンダード100、120選あたりがお勧めです。新司法試験対策はケースブックを読むことが重要です。その際に、あてはめの部分でどのような事情が考慮要素として用いられているのかをピックアップしておくとよいですよ。

引用:ヤフー知恵袋

スタンダード100、120選とはWセミナー(TAC出版)から発売されている論文試験向けの書籍です。なお論文対策の前に、基本書を読まれようとしている方もいらっしゃるでしょう。そんな方には下の動画解説をご覧ください。

【動画】【あぁ勘違い】基本書と演習書の使い方教えます!!|2016司法試験合格者が語る予備試験のコツ! 資格スクエア「ハンパないチャンネル」

資格スクエア講師が解説!基本書と演習書の違いとは?基本書で試験の合格が遠くなる?

実務基礎攻略テキスト(法律実務基礎科目)

予備試験(論文試験)で出題される法律実務基礎科目の重要ポイントをコンパクトにまとめています。また巻末には口述試験対策も(試験の再現など)。

なおLEC予備試験講座の法律実務基礎科目講座を受講される場合、本書に準じたテキストが用意されていると思います(私が受講した年度がそうでした)。詳しくはLEC予備試験サイトで御確認ください。

学習する女性
(画像はイメージです。)

柴田孝之先生の「司法試験予備試験 完全攻略本」

S式でお馴染みの柴田孝之先生の書籍です。予備試験の合格に向けて学習の方法や、答練の受け方など完成度の高いガイドブックです。

【司法試験予備試験】柴田孝之先生の口コミと評判は?S式や試験勉強の技術も

まとめ

ここまでLEC司法試験講座で制作・発売されているテキストや過去問題集などの口コミと評判について見てきました。書籍は検索性に優れている一方、講義と異なりライブ感がありません。ぜひ目的に応じて書籍又は講座の選択をして頂きたいと思います。

(スポンサードリンク)

講師ブログ

司法試験講師ブログはこちら
Wセミナー・資格スクエア・LEC・伊藤塾・アガルートなど試験対策スクール講師のブログ新着記事まとめ。

解答速報

司法試験試験 解答速報はこちら
予備試験短答式   〃  
予備試験論文試験   〃  
法科大学院 適性試験  〃  

(スポンサードリンク)