合格したら行政書士会!活動まとめ、ADRや特定行政書士も

行政書士試験に合格して独立開業をされる方も多いと思います。司法修習などがある司法試験などと異なり、研修等はあるものの、基本的にすぐに独立開業できるのが行政書士の特長です。

行政書士の業務と言えば、各種の許認可申請が思い浮かびますが、最近では行政書士ADRや、行政不服申立てにおける特定行政書士の活躍など、新たなフィールドが広がっています。

行政書士会への登録とは?

もっとも行政書士として活躍するには、行政書士会への登録が必要です。具体的な流れは次の通りです。

  1. 行政書士事務所を設けようとする都道府県の行政書士会に入会
  2. 入会した行政書士会を通じて、日本行政書士会連合会(日行連)が備える行政書士名簿への登録をする

業務はどのようにして学ぶ?

行政書士試験に合格後、比較的短期間で独立開業が可能な行政書士ですが、開業にあたって業務をマスターする必要があります。

基本的な業務については書籍でも学習することは可能ですが、効率良くマスターするならば大手スクールによる開業講座の受講がお勧めです。現役の先生による講義もあり、実務に即した内容が学べます。

行政書士会って何?

各都道府県にある行政書士会ですが、東京行政書士会を例にとると、

「行政書士の品位を保持し、その業務の改善進歩を図るため、会員の指導及び連絡並びに日本行政書士連合会が行う行政書士の登録及び行政書士法人の届出に関する事務の一部を行う」(東京都行政書士会会則第3条)ことを目的として活動し、(以下、省略)

引用:東京行政書士会
http://tokyo-gyosei.or.jp/profile/index.html

となっています。つまり行政書士のバックアップを行うイメージです。

行政書士会の活動まとめ

ここからは行政書士会の活動や、行政書士に関する記事をまとめたいと思います。なお行政書士講師ブログの記事を再編集しています。

教えて行政書士さん、成年後見業務など社会貢献活動について

[2015年10月12日]
行政書士の業務と言えば、許認可申請が思い浮かびます。これは市民と行政のパイプ役を行政書士が担っている訳ですが、市民と市民のパイプ役を担うケースもあります。

それが成年後見業務などです。行政書士の社会貢献活動のひとつとして認識もされています。この成年後見業務やADRなどについて詳しく話しているのが2015年7月28日放送分の「教えて行政書士さん」です。

この「教えて行政書士さん」は、毎週火曜日午後6時30分から10分間に亘り、レインボータウンFM(79.2MHz)にて放送中のラジオ番組で、常住豊東京都行政書士会会長を始め、各分野で活躍中の現役の行政書士の先生方が、行政書士の業務や行政書士会のイベント告知をしています。

行政書士試験の合格には関係はありませんが、合格後に行政書士として独立開業を考えている受験生の方には、具体的なイメージが湧くと思います。

行政書士フェスタ(東京都行政書士会)【動画あり】

[2014年12月04日]
行政書士会による無料イベント「行政書士フェスタ2014」。会により無料相談会や業務案内などを行っていますが、平成26年12月5日(金)に有楽町駅前広場で実施されるのが、東京都行政書士会による「行政書士フェスタ2014」です。

東京都行政書士会では福島復興支援イベントを実施してきましたが、この復興イベントも今回で3回目を迎えます。そこで今回は復興に加え、日本の将来についても考える予定です。

また当日は「福島県採れたて青空市」「フラダンス」「クイズ大会」などお楽しみイベントも実施。クイズ大会ではホテル無料宿泊券など豪華景品を用意、このほか12:20と16:20から先着50人の方に福島県の採れたて新鮮野菜もプレゼントされます。

行政書士フェスタ2014出演者あいさつ(野菜ソムリエ伊藤友子氏)

行政書士記念日は2月22日

[2014年02月20日]
2月22日といえば都はるみさん、イッセー尾形さん、狩野英孝の誕生日として有名ですが(?)、独立開業を考えている行政書士試験受験生ならば忘れてはいけないのが「行政書士記念日」です。

この記念日は、昭和26年2月22日に行政書士法が公布されたことに由来します。平成19年に行政書士記念日が制定されました。

そして毎年2月22日には各都道府県の行政書士会により各種相談会やイベント等が実施されることがあります。興味のある受験生の方は地元の行政書士会のホームページを閲覧してみるのも良いでしょう。

【動画】行政書士試験案内

[2015年09月01日]
平成27年度行政書士試験の申し込みは9月4日(金)までです。初学者で来年度の受験を考えられている方もいらっしゃるかもしれませんが、お試し受験として今年の受験をお勧めします。緊張感が違いますし、その後の学習においても目的意識がはっきりすると思います。

下の動画は東京都行政書士会による行政書士受験案内【動画】です。東京都行政書士会では合格発表後に開業予定の新人の方を対象に登録説明会を行っています。

そして3分20秒頃からは新人行政書士の本田夏帆先生についてです。本田夏帆先生は平成25年度本試験に合格し、平成26年に開業されました。「受験のきっかけ」「行政書士になってみて」「どんな行政書士が求められるか」「受験生へのメッセージ」などについてお話になられています。

現役の行政書士の方の話を聞くことで、合格後に活躍するイメージが湧き、直前期の学習のモチベーションアップにも役立つかもしれません。学習に疲れたら視聴されてみてはいかがでしょうか。

【動画】平成27年度 行政書士試験案内

LEC行政書士講座で、北山孝次先生の講演会を実施

[2014年02月04日]
行政書士の独立開業を目指す方にお勧めの講演会がLEC行政書士講座で実施されます。これは2014年2月5日(水)にLEC新宿エルタワー本校で行われる日行連会長・北山孝次先生による「成功する行政書士の条件~行政書士の未来へかける皆さんへ~」です。

行政書士は許認可申請の専門家として有名ですが、社会変化と共に増加している自転車事故や愛護動物(ペット)に関する紛争、敷金返還などに関する紛争に関してADR法に基づく認証紛争解決事業など、今後も業務の拡大が期待できます。

この他にも新分野に進出される実務家の方も多く、このような行政書士の業務と将来性などについて、北山孝次先生がお話になられます。

これから行政書士試験の合格を目指す受験生の方はもちろんのこと、本試験に合格されて独立開業を考えている方にもお勧めの無料講演会です

日行連会長・北山孝次先生、国会議員・片山さつき氏などによる対談動画
片山さつき氏は東京都行政書士会の会員(2012年に行政書士登録)で、行政書士のADR代理権獲得などについて話されています。

行政書士会会長の勝ち残る行政書士とは

[2012年02月14日]
行政書士は独立開業が難しいという声が一部にあります。しかし実際には弁護士に依頼するには高すぎるケースなどやニッチな分野、さらにペット法務など新規分野など、やり方次第では十分に食べていける資格です。

そこで参考になるのが、行政書士会会長である北山孝次先生の特別講演会です。テーマは「勝ち残る行政書士を目指そう」です。

行政書士試験には直接関係はありませんが、将来の夢を明確に描く上で役立つものであり、行政書士試験の勉強のモチベーションアップにつながることでしょう。ぜひ学習の合間などにご覧ください。

※動画は削除されました。

まとめ

ここまで行政書士会の役割と、各行政書士会の活動について見てきました。受験生の方の目標は行政書士試験の合格だと思いますが、合格後の具体的なイメージを掴むことによって、毎日の学習にも力が入ると思います。ぜひ本試験の合格に向けて頑張ってください。

(スポンサードリンク)

講師ブログ

行政書士講師ブログはこちら
LEC・TAC・伊藤塾・東京法経学院・フォーサイト・大原・資格スクエア・アガルートなど試験対策スクール講師のブログ新着記事まとめ。

解答速報

行政書士試験 解答速報はこちら

(スポンサードリンク)