【行政書士】本試験で時間配分に失敗!不合格にならないためにすべきこと

行政書士試験に合格できる実力があるのに不合格になってしまうパターンが、本試験で時間配分に失敗してしまい不合格になってしまうパターンです。

3時間の制限時間は一見長いように思えますが、一般知識の文章問題、記述式3問の問題検討および答案構成に掛かる時間、また憲法で見られる長い文章を読ませる出題、など時間が思ったよりも必要で、時間が足りないと思われる受験生の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

さらにここ数年の行政書士試験はレベルも以前より難しく、また問題文自体も全体的に長くなっています。したがって模擬試験などでシミレーションを繰り返し、万全の状態で行政書士試験に臨むのがベストです。

また受験生の方の中には忙しくて模擬試験を受験する暇がない、そのような方もいらっしゃるでしょう。そのような場合は書店で市販の模擬試験を購入し、自宅で時間を測りながら受験してみましょう。費用も押さえることができ一石二鳥です。

そんな市販されている模擬試験ですが、合格者の私がおすすめしたいのが、LEC東京リーガルマインド行政書士講座の「出る順行政書士 直前予想模試」です。1回60問の模擬試験を3回分収録しておりコストパフォーマンスに優れているからです。またLEC行政書士講座は2015年度向けの講座で、記述式問題全問を的中させた実績があります。そのようなもんだいの「質」の点からもおすすめしたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました