行政書士試験の短期合格で必要なのは「忘れない工夫」と「繰り返し学習」

行政書士の学習は進んでいますか?少ない時間で大きな成果を上げるためには、(1)忘れない工夫と(2) 繰り返し学習 がポイントとなります。

忘れない工夫 

学習するときは具体的なイメージを持つようにしましょう。どのような場面の話なのか?自分が当事者なら、どのような手段を執るか?などです。

また、制度の目的・趣旨を押さえることも効果的です。理解がそれだけ深まります。テキストの中には目的・趣旨が書いていない場合もありますが、そのような時は自分なりにとことん考えましょう。

答えが見つからなくても良いのです。考える姿勢が重要なのです。考え続けることによって理解が深まります(「アンカリング」と呼ばれるもので知識に定着につながる)。

(2)繰り返し学習 

テキストや問題集、条文を徹底的に繰り返しましょう。思い出そうではなく、自然と口から解答が出る、これくらいまで繰り返して下さい。理解も深まるし、それ以上に自信がつきます。

直前期の受験生の方は焦り出すころではないでしょうか。しかし残り時間は十分にあります。表面的な学習ではなく、試験場でも応用が効くような学習を心がけて下さい。難化傾向にある行政書士試験においては、それが一番の近道だと思います。

そして頑張る際にも、今回の記事で挙げたように「忘れない工夫」と「繰り返す」が大切です。また教材選びにも注意しましょう。たとえばLEC行政書士講座の「出る順行政書士シリーズ」など、近年の出題傾向に沿ったテキストや過去問題集を使うことをお勧めします。ベストな教材と効果的な学習で、ぜひ行政書士試験の合格を勝ち取って下さい。

(スポンサードリンク)

講師ブログ

行政書士講師ブログはこちら
LEC・TAC・伊藤塾・東京法経学院・フォーサイト・大原・資格スクエア・アガルートなど試験対策スクール講師のブログ新着記事まとめ。

解答速報

行政書士試験 解答速報はこちら

(スポンサードリンク)