Wセミナー(TAC)司法試験予備試験講座、中村充先生の口コミと評判!4Aアルゴリズムは?

Wセミナー司法試験予備試験講座の口コミと評判についてです。

4Aアルゴリズムとは?

司法試験や予備試験対策のスクールは数多くありますが、Wセミナー(TAC)のお勧めポイントが「4A(4段階アルゴリズム)」です。この「4Aアルゴリズム」とは、あらゆる法的問題を4段階に分けて処理する方法論を指します。

従来の一般的な学習法は、「膨大な知識(条文・判例・学説)のインプット」が中心的でした。それに対し、4Aでは法的問題の処理法をマスターします。

本で学習
(画像はイメージです。)

もちろん最低限の知識なくして問題は解けません。そこで中村充先生の講義では、過去の本試験を分析し、「合格に必要な知識を、問題演習を通じてマスターします」。「本試験問題を解く」ことが合格への最短ルート!

4Aなら法律知識ゼロでも論文問題が解ける

「4A(4段階アルゴリズム)」は問題処理に際し、次の4つのステージに分けます。

  1. 当事者確定
  2. 言い分
  3. 法的構成
  4. あてはめ

そして初学者の方を対象に、4Aのイメージが分かる特集ページが用意されています。実際に問題を解いてみると良いでしょう。4A基礎講座(講義イメージ)はこちら

4A基礎講座のイメージ
▲ 4A基礎講座(講義イメージ)ページ(画像はTACサイトより)。

【動画】中村充の4Aで論文問題を解いてみよう~導入編~

とは言うものの「難関の司法試験・論文試験が知識ゼロでも解けるはずがない」、そんな印象を持つ方も多いと思います。そこで担当講師の中村充先生が、導入編として動画を公開しています。4Aの手順と処理方法についてご覧ください。

合格者の声

この4Aアルゴリズムの方法で合格された方はいらっしゃるでしょうか。そんな疑問を持つ方に、合格者の声をご紹介します。

中村先生は、どんな問題に対しても、問題文のどこから・どのように考えることで解答の筋道を発見できるのかということを、4Aという処理手順を用いて説明してくれます。その内容も、全て条文ベースでの説明であるため、無理やり覚えるという勉強方法ではなく、繰り返し解いて使っているうちに身体に染み込む、という形で条文知識・条文の使い方を習得していくことが可能となっています。問題文・条文ベースで考えるというスタイルを身につけることで、論理的な答案を、しっかりと問題文の特殊性を踏まえながら作成することができるようになるので、法科大学院入試に向けた勉強の初期段階から中村先生を選んで正解でした。

引用:Wセミナー司法試験講座、合格体験談
http://www.w-seminar.co.jp/shihou/shihou_taikenki/taikenki_detail_01.html

新司法試験では、過去問と全く同じ出題はありません。試験会場では「問題の所在」を発見し、限られた時間内で適切に「事案を処理」する能力を求められます。

それには膨大な知識を無理やりインプットするのではなく、合格に必要な知識を運用する実力を付けることが大切です。この点で4Aアルゴリズムはお勧めなのです。

中村先生の講義で非常に良かったと感じる点は、4Aという方法論のみでなく知識としておさえておくべき部分はどこまでかということを明確に示してもらえた点にもあります。根拠なくこの知識は知っておかなければならない等とおっしゃることなく、論文・短答過去問で出題されており多くの受験生が知っているはずだからおさえておかなければならない、過去問で出題された知識を応用してこのように本試験の問題に食らいつくことができるということを示して頂けるので不必要に手を広げる必要がなくなります。

引用:Wセミナー司法試験講座、合格体験談
http://www.w-seminar.co.jp/shihou/shihou_taikenki/taikenki_detail_07.html

入門講座(基礎講座)を終えると、合格に向けて本格的な学習に入ります。もっとも知識量は膨大であり、「どこまでマスターするか?」という視点が重要です。

この合格者の方の口コミと見ると、中村充先生は講義中で明示しているようですね。これは頼りになります。

このほかWセミナー合格体験記ページでは、4Aアルゴリズムの手法や、中村充先生の講義姿勢についての記載が多数あります。受講を検討している方は、合格体験記ページを参照されてはいかがでしょうか。
Wセミナー合格体験記へ

4A合格体験記
▲ 4Aアルゴリズムで合格!(画像はWセミナー司法試験講座・合格体験談ページから)

中村充先生の口コミと評判は?

ここで中村充先生について、口コミと評判について紹介したいと思います。

TACの司法試験担当の中村充講師の評判ってどうなのでしょうか?
すごい講師なんですか?
(中略)

(ベストアンサー)
講師はすごいすごくないより個人の相性みたいなもので決めて結構です。
声のトーン、表情など、どうせ長時間顔を合わすことになるので、フィーリング・直感で決めた方がいいと思います。

引用:ヤフー知恵袋

司法試験の学習は長期に亘ります。入門講義(基礎講義)だけでも100回前後のスクールが多いと思います。さらに論文試験対策も別に行います。したがって講師選びには、実際の講義を見て、講座を選ばれると良いでしょう。

個別答案指導&カウンセリング

合格に向けて必須の「答練(答案練習会)」。受講して添削の入った答案を検討するのが一般的です。

Wセミナーでは対象講座の受講生を対象に、中村充先生の「個別答案指導&カウンセリング」が用意されています(無料、予約制)。答案構成のアドバイスはもちろん、受験生活の悩みの相談もお勧めです。「個別答案指導&カウンセリング」はこちら

中村充先生の講義動画

ここまでWセミナーの4Aアルゴリズムの特長や、中村充先生について見てきましたが、実際の動画をご紹介します。動画を見て頂けるとお分かりになると思いますが、分かりやすい講義だと思います。

【動画】TAC司法試験2018年目標4A基礎講座始動!~4A生大躍進!合格者続々!~

この動画を見ると、4Aアルゴリズムの手法(答案構成)を評価されている合格者の方が多いように思われます。

そしてWセミナーでは、4Aアルゴリズムや講座の詳細を説明したパンフレットを用意しています(無料)。まずは資料請求してみては、いかがでしょうか。
Wセミナー司法試験講座へ

講師ブログも

担当講師の中村充先生は、ブログを運営されています。司法試験や予備試験に関する話題が多い印象です。

中村充先生の講座についてはWセミナー公式サイトでも分かりますが、ブログ記事は速報性があるため、参考にされるのもお勧めです。

司法試験講師ブログ
▲ 司法試験講師ブログ

(資格スクエア、WセミナーやLEC、伊藤塾、辰巳法律研究所、アガルート司法試験講座などの講師陣ブログの最新記事まとめ)

(スポンサードリンク)

講師ブログ

司法試験講師ブログはこちら
Wセミナー・資格スクエア・LEC・伊藤塾・アガルートなど試験対策スクール講師のブログ新着記事まとめ。

解答速報

司法試験試験 解答速報はこちら
予備試験短答式   〃  
予備試験論文試験   〃  
法科大学院 適性試験  〃  

(スポンサードリンク)