細かく期限を設定しよう

宅建試験の特徴として、学習時間に制約が多い社会人受験生の方が多い点がしてできます。そんな受験生の方が宅建試験の合格を目指すには、少ない時間を「より効果的に」使う必要があります。
その一つが「細かく期限を設定する」というものです。期限=デッドラインがあると、人間は誰しも集中して取り組みます。この集中力を宅建試験の学習にも生かそう、そのような趣旨です。
設定すべき期限としては、毎日曜日など定期的なものでも十分ですが、例えば「宅建試験の願書申込み日」など、不定期なものも活用しましょう。もちろんプライベートなイベントとも連動させても良いですね。できるだけ「細かく期限を設定する」のがコツです。それだけ集中する場面が増えるわけですから。
宅建試験の合格を目指す受験生の方には「細かく期限を設定して」頂き、少ない学習時間をより効果的に活用して欲しいと思います。

(スポンサードリンク)

講師ブログ

宅建講師ブログはこちら
フォーサイト・大原・ゼミネット・LEC・クレアールなど大手スクール講師のブログ新着記事。

解答速報

宅建試験解答速報はこちら

(スポンサードリンク)