宅建合格の基本

速く走るためには、速く走るための基本があります。理想的なフォームを身につける、実績のあるコーチをつけるなどです。
宅建試験でも同じことが当てはまります。つまり合格するには基本を身につけることが重要なのです。
それでは宅建合格のための基本とは何でしょうか。それは過去問学習です。宅建試験は約30年近い過去問のストックがあり、それが形を変えて何度も出題されています。したがって宅建試験は過去問学習だけで合格できる資格なので、過去問学習が宅建合格の基本と言えます。
しかし受験生の方がいきなり過去問を解いてみても解けるはずがありません。そこで簡単な入門書で概要を最初に押さえることが大切です。
次に概要を押さえたら過去問の学習に入ります。そして過去問を解いていると分からないことが出てきます。そこで基本テキストを辞書として疑問点を解決します。そして再び過去問学習に戻る。この学習パターンが宅建試験合格の基本です。
ここで宅建試験学習の基本を再確認しておきましょう。

入門書で学習項目の概要を押さえる
 ↓
過去問の学習に入る
 ↓
疑問点は基本テキストで解決
 ↓
再び過去問学習に戻る

この学習パターンを基本として、何度も過去問題集を繰り返してみましょう。すると短期間で宅建試験に合格できるだけの実力つくことでしょう。ぜひ合格目指して頑張って下さい。

(スポンサードリンク)

講師ブログ

宅建講師ブログはこちら
フォーサイト・大原・ゼミネット・LEC・クレアールなど大手スクール講師のブログ新着記事。

解答速報

宅建試験解答速報はこちら

(スポンサードリンク)