宅建試験対策は重要論点の積み重ね、動画解説「忙しい人こそ必見です!合理的学習法!」も

宅建は不動産系資格の入門に位置付けられています。そこで少しの勉強で宅建試験に合格できそうな錯覚になります。

しかし実際には合格率が約15%、不合格となる受験生が数万人と、難関とは言わないまでもかなり難しい試験であることには間違いありません。

参考サイト 宅地建物取引士の合格率・難易度は?(フォーサイト宅建講座)

特に平成27年度からは宅建士(宅地建物取引士)と士業に格上げされ、試験の難化を予想する声がありましたが、実際に問題自体は難しくなった印象です。

合格祈願
(画像はイメージです。)

宅建試験には過去問画集が効果的とされるが

この宅建試験に合格するためには、過去問を中心とした学習が効果的。同じく人気がある行政書士試験などは過去問学習が必ずしも役に立つ訳ではありませんが、宅建の場合は過去問をマスターすれば合格に限りなく近づくとされています。

しかし実際に学習に入ってみるとわかりますが、実に学習量が多いんですね。はじめて宅建試験に挑戦する受験生の方は混乱してしまうかも。

重要論点を意識的に学習する

そこで普段の学習段階から意識して頂きたいのが「重要論点」です。重要テーマといっても良いでしょうい。この重要論点の積み重ねが合格を目指す上で重要なのです。

この重要論点ですが、宅建業法などは暗記で十分に対応できます。それに対して権利関係、特に民法はかなり難しい。ここで脱落する受験生も多いし、またこの分野の征服が宅建試験の最後の合格への決め手になるとも言えます。

水野健先生が動画で解説「忙しい人こそ必見です!合理的学習法!」

そこで受験生の方に参考にして頂きたいのが、LEC東京リーガルマインド宅建講座の水野健先生の解説動画です。水野健先生は宅建試験界のカリスマ講師で、難しい論点を初心者の受験生でも分かりやすく解説するお勧め講師のひとり。水野健先生の詳細はこちら

そんな水野健先生による解説動画「忙しい人こそ必見です!合理的学習法!」が公開されています。受験生の多くは学習時間も満足に確保できない方が多いと思います。ぜひ参考にして最短合格を狙ってください。

【動画解説】「忙しい人こそ必見です!合理的学習法!」

なお水野健先生ほか、LEC宅建士講座の詳細については、こちらの記事をご参照ください。

LEC宅建講座の口コミと評判!講師・合格実績・割引まとめ、無料資料請求も

(スポンサードリンク)

講師ブログ

宅建講師ブログはこちら
フォーサイト・大原・ゼミネット・LEC・クレアールなど大手スクール講師のブログ新着記事。

解答速報

宅建試験解答速報はこちら

(スポンサードリンク)