Wセミナー司法書士講座、奨学生試験!山本浩司先生の特別イベントも

2018年7月1日(日)に平成30年度司法書士筆記試験(午前の部・午後の部)が実施されました。

司法書士試験解答速報、無料成績診断・講評動画まとめ!推定基準点・難易度は?
平成30年7月1日(日)に実施された司法書士試験の解答速報です。スクールにより解答速報のほか本試験分析会や、択一式試験の全受験生内における位置が分かるデータリサーチなどのイベントが実施されます。また記述式(書式)においては、各スクールの模範解答を比較してみるのも良いでしょう。

Wセミナー司法書士講座の奨学生試験

その筆記試験を終え、2019年7月に実施される平成31年度筆記試験の合格に向けて再スタートを切った受験生の方もいらっしゃると思います。そんな受験生の方におすすめなのが、Wセミナー司法書士講座の「奨学生試験」です。

Wセミナー司法書士講座と言えば、「オートマ」でお馴染みのオートマチックシリーズの著者として有名な山本浩司先生や、豊富な指導経験を持つ竹下貴浩先生など、実力派講師陣による講義が特長です。山本浩司先生など、Wセミナー司法書士講師陣の詳細はこちら

また初学者コースから早稲田答練などの中上級者向けコースなど、受験生の方のニーズに合った豊富な講座のラインナップも特長です。

テキストで本格的な勉強
(画像はイメージです。)

割引率と出題形式は?

そんなWセミナー司法書士講座の「奨学生試験」ですが、2018年7月7日(土)に実施されます。この奨学生試験ですが、2019年本試験の合格を目標とされる中上級者向けの内容となっています。気になる割引率ですが、成績により対象講座が最大で80%となっています。

この「Wセミナー奨学生試験」の出題内容ですが、「マークシート方式による多肢択一式全35問」となっています。時期的には7月1日(日)の本試験から1週間も経っていませんが、テキストや過去問題集などの復習をしておくと良いでしょう。

なお「奨学生試験」は無料で受験が可能ですが、申込み方法や当日の持ち物(携帯品)など注意事項があります。今回の奨学生試験の受験を考えられている受験生の方は、Wセミナーサイトで確認するようにしてください。奨学生試験の詳細はこちら(Wセミナー)

Wセミナー司法書士講座、奨学生試験
▲ 奨学生試験を実施するWセミナー司法書士講座(画像は2017年度解答速報ページから)。

オートマ・山本浩司先生の特別イベント

実務型試験である司法書士試験は覚える学習内容が多く、暗記中心で学習を進めるのが一般的でした。しかしこの学習法では覚えるべき量が多すぎて挫折したり、不合格になるケースが後を絶ちません。

このような司法書士試験の学習において、制度の趣旨や目的を徹底的に説明し、記憶すべき量を減らすことに成功したのが、山本浩司先生の「オートマシリーズ」です。

受験生
ネット上では「オートマ」とも呼ばれています

このオートマシリーズはスクール利用の方はもちろん、独学で司法書士試験の合格を目指す受験生の方にも愛用され、販売数が50万部を突破したようです(2016年6月30日現在の出荷ベースでのカウント、なおオートマシリーズの他、山本浩司先生の「みるみるわかる! 不動産登記法」などオートマシリーズから独立した関連書籍を含む)。

山本浩司先生や西垣哲也先生らによる「平成30年度本試験分析会」

そんな「オートマチックシステム」シリーズの生みの親である山本浩司先生や、オートマ実行委員会の西垣哲也先生による「平成30年度本試験分析会」が実施されます。

平成30年度司法書士試験、本試験分析会
▲「本試験分析会(画像は2017年度のもの)」

毎年の筆記試験では、少なからず難問・捨て問が出題されます。また受験生の方の一番の関心事である「予想合格ライン(基準点)」もあるでしょう。その予想に参考にされると良いでしょう。
本試験分析会へ

なお、今回の山本浩司先生の特別イベントはTAC水道橋校でのライブ講義となっていますが、後日にTAC動画チャンネルで期間限定で無料配信される予定です。こちらの詳細についてもWセミナー司法書士講座で御確認ください。

また山本浩司先生や西垣哲也先生は、自身のブログで情報を発信しています。こちらも併せて参考にされると良いでしょう。

司法書士講師ブログ
▲ 司法書士講師ブログ

(WセミナーやLEC、伊藤塾、資格スクエア、辰巳司法書士講座などの講師陣ブログの最新記事まとめ)

【動画】山本浩司先生のオートマ講義

「【TAC・Wセミナー司法書士】山本オートマチック 無料体験講義」から。約2時間44分の収録内容です。

山本オートマチック 無料体験講義【TAC・Wセミナー司法書士】

LECの奨学生試験

LEC司法書士講座でも2018年7月に奨学生試験が2回実施されます。こちらも成績により対象講座が割引になります。

また実施回により海野禎子・根本正次先生らによる分析イベント講義(無料)も実施されます。奨学生試験は最大割引率が100%ですが、メイン科目のほかマイナー科目も含めた「全科目」が出題範囲となっています。ぜひ役立てて頂きたいと思います。

LEC司法書士講座奨学生試験(中上級バックアップ試験)、徹底検証会も
LEC司法書士講座で実施される「中上級バックアップ試験(奨学生試験)」の出題科目や対象講座について。また全国の受験生から集めたデータ分析を元に、推定基準点などを予想する「徹底検証会」も実施。