【行政書士】深入りしすぎない、重要論点だけを集中的に学習する

行政書士試験は民法などの法律が試験科目になっています。日々起こるトラブルを解決するのが法律の役目なので、法律と具体的な事例とは切っても切れない関係にあります。

そこで受験生の方の中には深入りしてしまう場合があります。中には細かすぎる判例だけでなく学説まで勉強してしまう方もいらっしゃいます。

これは法律のみならず学問を究める視点からは素晴らしいのですが、行政書士試験の合格の視点からは危険と言わざるを得ません。当然そのような受験生の方は不合格になってしまう確率がとても高くなってしまうでしょう。

行政書士試験に短期合格をするためには、試験に出る可能性が高い重要論点(行政書士講座の講師の方が指示したAランクなど)を順にマスターするだけで良いのです。重要論点を理解して問題演習、そしてその論点をマスターしたら次の重要論点の学習。これは学習というより作業に近いものです。しかしこれが行政書士試験の合格を目指す上で重要なのです。

また独学で合格を目指される受験生の方の中には、過去問と市販されている基本テキストだけでは不安で、もっと学習量を増やしたいという方もいらっしゃるでしょう。そのような方には「アルティメット択一問題集」を推薦したいと思います。膨大な公務員試験・司法試験の過去問の中から、現在の行政書士試験のレベルに近い良問を厳選して掲載しています。ぜひ本書を繰り返し学習してみてはいかがでしょうか。

(スポンサードリンク)

講師ブログ

行政書士講師ブログはこちら
LEC・TAC・伊藤塾・東京法経学院・フォーサイト・大原・資格スクエア・アガルートなど試験対策スクール講師のブログ新着記事まとめ。

解答速報

行政書士試験 解答速報はこちら

(スポンサードリンク)