【行政書士】模擬試験を受験する効果とは?

行政書士試験受験生の中には、模試を受験せずにいきなり本試験に挑戦して不合格になってしまう方がいらっしゃいます。模試を受験せずに行政書士試験を受けることは、とても危険なことです。

行政書士試験は問題数が多く、また最近では問題文自体が長文化しています。したがって適切な時間配分など、模試を受験することによって綿密なシュミレーションをする必要があります。

すると受験生の方の中には、ならば市販の直前模試を自宅で解けばいいのではないか?このように考える方もいるでしょう。しかしこれは大きな誤りです。

まず本試験には最悪の状況になるケースがあります。貧乏ゆすりがひどい人が隣に座る、席のすぐそばに暖房があり暑すぎる、などです。このような最悪の状況でも実力を出し切るために模試という公開の場所でシュミレーションする必要があるのです。

そしてもうひとつ。模試があることによって、締切効果が期待できます。多くの人間は自分に甘いものです。締めきりがないと、なかなか勉強に集中しません。そこで強制的に模試をスケジュールに組み込むことで、学習に集中することができます。

このように模試を活用することで、行政書士試験に不合格になるリスクを減らすことができます。予備校の模試の費用は決して高いものではありません。模試を必ず受験して行政書士試験に合格しましょう。

また模擬試験は単純に受けても高い効果は得られません。その学習時期、受験生の方の到達度、実力判定など受験の目的などに応じて、異なる模擬試験を受けるべきです。LEC東京リーガルマインド行政書士講座の模擬試験は、「到達度確認模試」「全日本行政書士公開模擬試験」「厳選!直前ヤマ当て模試」「ファイナル模試」(以上平成28年度合格目標コース)など、受験生の方のニーズに合わせて多彩な試験を用意しています。ぜひ自分に合った模擬試験を受験するようにしましょう。

(スポンサードリンク)

講師ブログ

行政書士講師ブログはこちら
LEC・TAC・伊藤塾・東京法経学院・フォーサイト・大原・資格スクエア・アガルートなど試験対策スクール講師のブログ新着記事まとめ。

解答速報

行政書士試験 解答速報はこちら

(スポンサードリンク)