【行政書士】間違いノートを作って得点力アップ

行政書士試験に限らず、資格試験に合格するためには間違いを確実に押さえる必要があります。自力で解ける問題を何度解いても得点が上がることは決してなく、今まで解けなかった問題を解けるようになって得点が上がり、その結果として合格への道筋が見えてきます。

そしてこの間違いを押さえる方法ですがが、問題集にチェックを入れるのが一般的だと思います。しかし苦手意識のある分野だからこそ間違えるのであって、チェックだけでは「今度またやろう」という甘い考えになってしまいます。

そこで強制的に間違った問題をフォローするにはどうしたら良いか?ひとつの提案が「間違いノート」を作る方法です。これならばノートに間違えた内容をしっかり書きとめる必要があるので、半強制的に弱点分野を補強することが可能です。

もっともノート作りには時間と労力を要するので、「間違いノート」に限りノートを作ってみましょう。一般的な毎日の学習ではノートは不要です。

私の場合だと、間違った問題や論点、覚えたい箇所などをレシートの裏などに書きました。そして移動中に見直すのです。また買い物をする際に、財布にあるレシートに気が付きます。これが復習の端緒となるのです。受験生の皆様も自分に合った間違い箇所のフォロー方法を考えてみてはいかがでしょうか。

(スポンサードリンク)

講師ブログ

行政書士講師ブログはこちら
LEC・TAC・伊藤塾・東京法経学院・フォーサイト・大原・資格スクエア・アガルートなど試験対策スクール講師のブログ新着記事まとめ。

解答速報

行政書士試験 解答速報はこちら

(スポンサードリンク)