【行政書士】学習している位置が分からない【入門書の活用を!】

行政書士試験に合格するためには多くの学習項目をマスターする必要があります。そこで読むテキストもかなり分厚いのが一般的です。

そして受験生の方の中には、テキストを読んでいても何を勉強しているのか分からない方がいらっしゃいます。その原因は、いま学習している内容が全体に対してどのような位置づけがされているのか?を把握できていない点にあります。つまりテキストの中で迷子になってしまい、そして内容が理解できずに試験も不合格という結果に終わるわけです。

これを防ぐためには、行政書士試験の本格的な勉強に入る前に入門書で全体像をつかんでおくことが重要です。その入門書も多く発売されていますが、行政書士試験合格を意識した書籍がおすすめです。ゴール(合格)を見据えて、必要な知識に特化しているからです。したがって入門第階で知っておきたい知識を分かりやすく解説しています。

そんな入門書の中でもおすすめなのが、LEC東京リーガルマインド行政書士講座の「出る順行政書士 初歩の初歩」です。全体像が把握できるのと同時に、関連項目とのリンクで理解度がより深まると思います。特に「出る順行政書士 初歩の初歩」ではイラストや興味深い身近な事例素材を多用し、初学者の理解を助けています。したがって法学の学習は初めてで、行政書士試験対策の学習に不安がある方こそ、おすすめなのかもしれません。

これを学習の際にそばに置き、いま勉強している位置付けが分からなくなったとき、すぐに開いて確認するようにしましょう。そうすれば決してテキストの中で迷子になることはないはずです。またこの作業を面倒がらずに繰り返すことで、各項目間の関連が理解できるでしょう。ぜひ本書で理解を深めて頂きたいと思います。

error: