【行政書士】学習開始時期は早い方が良い、先手必勝

行政書士試験に限らず資格試験においては他の受験生より高い点数を取ることが重要です(行政書士試験は300満点中、6割の180点以上を採ることで合格できる絶対評価の試験ですが、実際には記述式採点で調整するなど、相対評価の試験と言えます)。受験生全員が合格できる訳ではないで当然ですね。

ところが行政書士試験の開始が他の受験生よりも遅くて結果的に不合格なってしまう受験生の方がいます。そこで一般的な受験生はいつ頃から学習を開始しているのか?この点について分析してみましょう。

(スポンサードリンク)

以前に私はグーグルトレンドのデータで分析したことがあります。このデータによると、5月から緩やかに行政書士試験での検索が多くなってきています。つまり4月からの新生活にもひと段落して、大型連休前後から本格的に学習を開始していることが分かります。当然、合格に必要なテキストや問題集を調べるために検索数が増えているのですね。

そこで最低でも5月頃より前から本格的に行政書士試験の学習を始めましょう。そうすれば他の受験生より一歩前に行くことができます。もちろん学習開始時期は早ければ早いほどベストなのは言うまでもありません。

また7月から8月下旬もかけて、大きな検索ボリュームがありますが、これは行政書士試験の受付開始時期と関係があるのでしょう。したがって本格的な学習は5月頃から開始するのではないか、これが私の仮説です。

したがって「5月よりも前にスタートすべき」としましたが、再受験生の方ならば前回の合格発表後2月頃から本格的に学習を開始していることでしょう。ですから5月とは言わずに、1日でも早く学習を開始するのがベストなのです。まさに「先手必勝」と言えるでしょう。

(スポンサードリンク)

講師ブログ

行政書士講師ブログはこちら
LEC・TAC・伊藤塾・東京法経学院・フォーサイト・大原・資格スクエア・アガルートなど試験対策スクール講師のブログ新着記事まとめ。

解答速報

行政書士試験 解答速報はこちら

(スポンサードリンク)