【行政書士】憲法で不合格にならないために!重要判例のマスター

行政書士試験の憲法で失敗してしまい不合格になる大きな原因が、憲法判例の知識が足りない、と言うものです。

行政書士試験の憲法とくに人権分野においては、判例知識が不可欠であり、判例の概要を知っておくだけで解ける問題がたくさんあります。したがって、判例をしっかりと押さえることが重要です。

それでは判例はどこまでの範囲をマスターすればいいのでしょうか。ひとつの目安が判例百選憲法に収録されているものです。だいたい200個前後でしょうか。

もちろん判例百選憲法を学習してみるのも一つの手ですが、行政書士試験においては判例百選自体は、細かい字で「事件の概要」「判旨」「解説」があり、ひとりで読み込みとなると、かなり厳しいと思います。

そこでオススメなのが、「行政書士試験のための『憲法判例百選[第6版]』読み込み講座」です。これは東京法経学院行政書士講座によるもので、憲法判例に造詣が深い寺本康之先生が講義を担当しています。寺本康之先生は東京法経学院の他、公務員試験スクールEYEでの受験指導や、また伊藤塾予備試験講座での指導経験もあるベテラン講師の方です。そんな寺本康之先生のナビゲートで重要判例の理解を深め、判例問題に対する対策を採って頂きたいと思います。

(関連動画)
「行政書士試験のための『憲法判例百選[第6版]』読み込み講座|行政書士メディア教材(DVD・ダウンロード)|東京法経学院」

(スポンサードリンク)

講師ブログ

行政書士講師ブログはこちら
LEC・TAC・伊藤塾・東京法経学院・フォーサイト・大原・資格スクエア・アガルートなど試験対策スクール講師のブログ新着記事まとめ。

解答速報

行政書士試験 解答速報はこちら

(スポンサードリンク)