行政書士試験合格発表までにしておきたい学習とは?ステップアップも

行政書士試験の合格発表は毎年1月下旬に実施されます。この試験の特徴は、択一だけでは合格ラインを越えず、40字記述式の得点次第で合格が決まる受験生のケースが多い点です。

これには各スクールで行われている解答速報がお勧めです。スクールにより詳細な解説動画や講評が掲載されており、今回の試験の難易度や出題傾向が分かります。記述式の採点も年度により変わりますから参考になると思います。

行政書士試験解答速報、無料成績診断・講評動画まとめ【難易度は?】

学習を継続させる必要性

そこで合格発表をドキドキしながら待つわけですが、この待機期間こそ学習を継続して行うことをお勧めします。

勉強をする女性
(画像はイメージです。)

その理由とは?

その理由として、少しでも学習をしておかないと、時間をかけてマスターした内容がきれいさっぱり忘れてしまうからです。行政書士試験は学習範囲が広く、マスターした内容も多いはず。そのマスターした内容が驚くくらい忘れます。

また残念ながら来年の本試験に再度挑戦される方もいらっしゃるでしょう。合格発表までの今の時期に学習をしておくことで、合格発表後にスタート切る受験生の方と差をつけることができます。

ステップアップも

行政書士試験の特徴の一つとして「出題科目・範囲の広さ」があります。学習を開始したばかりの当初はデメリットと感じた受験生の方も多いはず。

もっとも出題科目が多いと言うことは、他の資格にも挑戦しやすく環境と言えます。一例として司法書士や司法試験予備試験があります。

どちらも民法・商法会社法・憲法が共通科目です。さらに予備試験ならば行政法まで一緒であり、あとは民事訴訟法・刑法・刑事訴訟法を学習すれば良いことになります。

なぜ予備試験がお勧めなのか?

出題科目の共通性から予備試験がお勧めです。「あと3科目もあるのか!」という意見もあるかもしれませんが、まず行政法の行政事件訴訟法は民事訴訟法を土台としており、さらに民事訴訟法と刑事訴訟法は同じ手続法で共通部分も多い。

さらに刑法と刑事訴訟法は、実体法と手続法の関係にあり、これまた親戚のようなものです。このように行政書士受験生ならば、予備試験がお勧めなのです。予備試験の合格率と分析はこちら

行政書士から法曹へ、そのメリット

行政書士と法曹(特に弁護士)では、できる業務に大きな違いがあります。行政書士はいわゆる「代書屋」であり権利関係に関する書類の作成や、許認可申請など事務的な業務がメインとなります。

それに対し弁護士は法律事務を扱うことができます。つまり民事トラブルの解決を目指すことが可能です。

【朗報】司法修習の給与が復活!

さらに朗報があります。それは司法修習期間中の給与が復活した点です。従来は無給(貸与制度あり)でしたが、裁判所法の改正により司法修習の給与が復活しました。

【司法試験】司法修習に給費制が復活も月額135,000円。講師のコメントは?

まとめ

行政書士試験の合格発表までにしておきたい学習について見てきました。

行政書士受験生ならば、ステップアップも目指しやすい環境にあることがお分かりになった思います。またステップアップを目指す資格も、司法試験などの法律系だけではなく、宅建やマンション管理士など不動産系資格も検討したい所です。

特に宅建は合格率も高く、しかも民法が行政書士試験と共通科目、さらに配点の高い宅建業法は暗記中心の科目と、こちらもメリットがある資格試験です。毎年10月に試験が実施され、11月の行政書士試験の腕試し(前哨戦)として受験されるのもお勧めです。

(スポンサードリンク)

講師ブログ

行政書士講師ブログはこちら
LEC・TAC・伊藤塾・東京法経学院・フォーサイト・大原・資格スクエア・アガルートなど試験対策スクール講師のブログ新着記事まとめ。

解答速報

行政書士試験 解答速報はこちら

(スポンサードリンク)