Wセミナー山本浩司先生が宅建試験の短期合格法を公開!「資格の天才」ヤマモトの宅建一発合格塾

人気資格の宅建試験。しかし合格率は15%前後。かんたんな試験と思って受験してみると不合格になってしまう、これが宅建試験の本当の姿です。宅建試験の難易度はこちら

もっとも宅建試験は正しい学習法で十分な準備をしておけば、短期間での合格も可能な試験です。そこでWセミナー司法書士講座(資格の学校TAC)の実力派講師であり、資格の天才と呼ばれている山本浩司先生が宅建試験一発合格のノウハウを公開します。

本書が最適な受験生の方としては、「再受験生」「初めての受験だが学習法が分からない」受験生の方でしょう。もちろん山本浩司先生の合格戦略を知りたい受験生の方にもお勧めです。ぜひ「資格の天才」ヤマモトの宅建一発合格塾で宅建試験の一発合格を勝ち取って下さい。

■ 主な内容
戦略と戦術
宅建試験の仕組み
間違った学習法
一点合格法
宅建試験の本質
完璧とは何か
具体的な学習法
宅建業法ローラー作戦
都市計画法はほどほどに
建築基準法は控えめに
泡沫科目は過去問勝負

この山本浩司先生は、今回の宅建試験だけではなく、難関の司法書士試験の短期合格(一発合格)を果たしています。また最近では難関試験とも言って過言ではない行政書士試験にも合格しています。

その合格のそれぞれが一発合格する点が凄いです。そして単なる地頭の良さだけではなく、「試験の本質をつかみ、適切な学習計画を練り実践する」、これが山本浩司先生の強みであり、この山本浩司先生の独自のノウハウを惜しみなく紹介したのが、今回の書籍『「資格の天才」ヤマモトの宅建一発合格塾 』です。

ただ難点を挙げれば出版年度が2006年と古い点でしょうか。もっとも当時と変化した点は、権利関係と宅建業法が少し難化した点、および法改正程度でしょうか。したがって基本的な学習法については当時と分からず、その点では10年経った現在でも役に立つ点が数多くあると思います。

関連書籍

宅建試験に特化した学習法に関する書籍としては、松村保誠先生が執筆された『過去問で効率的に突破する! 「宅建士試験」勉強法 』があります。書籍の内容ですが、タイトルにもあるように宅建士試験の過去問を効率よく利用し、本試験の合格を目指すものです。

宅建試験対策の学習において過去問の重要性はお分かりになっていると思われますが、その分量の多さから挫折する受験生の方も少なくありません。そこで松村保誠先生の書籍では学習対象(過去問)は変えずに、学習方法を変えることにより最短距離で合格というゴールを目指す点に特徴があります。

短期合格を目指す初学者の方や、再受験だが学習方法に自信がない受験生の方にも参考になると思います。『過去問で効率的に突破する! 「宅建士試験」勉強法 』の関連記事はこちら

(スポンサードリンク)

講師ブログ

宅建講師ブログはこちら
フォーサイト・大原・ゼミネット・LEC・クレアールなど大手スクール講師のブログ新着記事。

解答速報

宅建試験解答速報はこちら

(スポンサードリンク)