LEC社労士講座の口コミと評判!講師・合格実績・割引まとめ、無料お試しWeb受講も

LEC(東京リーガルマインド)社労士の口コミと評判です。社労士試験は労務系の人気資格でありながら、合格率が8%と低く、特に最近の試験ではかなり低くなりました(平成27年度は2.6%、平成28年度は4.4%)。

また何と言っても社労士試験は出題科目が多く、また本試験では足切りもあるため、合格が難しい試験と言えます。

合格祈願
(画像はイメージです。)

もちろん正しい学習法と努力で合格する方もいらっしゃいます。そんな難関の社労士試験の合格を目指す方にお勧めなのが、LEC社労士講座です。

もちろん社労士試験対策スクールはたくさんありますが、「他のスクールと比較してどのような違いやメリットがあるのか?」など参考にして頂きたいと思います。また口コミと評判をチェックするのもお勧めです。

LEC社労士講座の特長

法律系や会計系、公務員試験など総合スクールのLEC東京リーガルマインド。創立は1979年と38年の指導実績がある老舗のスクールです。

そんなLECの社労士講座ですが、「澤井清治先生など実力派講師が多数在籍」、「出る順社労士など分かりやすい書籍」などの特長があります。LEC社労士講座が選ばれる理由とは?

指導経験豊富な講師陣

最近の社労士試験、特に平成27年度、28年度は難化し、合格に向けて今後も十分な学習量が必要とされます。

その一方で、社労士試験受験生の中には学習時間に制約のある社会人の方も少なくありません。そこでLEC社労士講座では、「分かりやすい」講義を目指して各種講座が開講されています。

講師動画まとめ

ここでLEC社労士講座で講義を担当する講師の方の動画をまとめます。講座選びの参考にされると良いでしょう。

澤井清治先生
社労士試験の指導経験が15年以上と超ベテラン講師の方です。分かりやすさが特長で、初学者から中上級レベル、講義形態も通信および通学コースと、幅広く講義を担当されています。

またブログでの試験関連情報の発信や、人事総務スキルアップ検定協会代表理事もされる多忙ぶりです。

澤井清治先生の講義動画を参照されるとお分かりになると思いますが、ユーモアセンスに溢れる講義が特長で、難解な制度も分かりやすく説明されています。澤井清治先生の詳細はこちら

【動画】「突撃インタビュー澤井清治講師」

椛島克彦先生
合格講座や上級者向け講座、道場などを担当する椛島(かばしま)克彦先生です。椛島先生はLEC社労士講座で合格を果たしたOBです。また会社員時代は人事などに携わってきました。これから社労士試験の合格を目指される受験生の方と共通点が多いのではないでしょうか。

【動画】「突撃インタビュー椛島克彦講師」

工藤寿年先生
工藤寿年先生は主に関西地区で講義を担当される講師の方です。LECの基幹講座である合格講座のほか、自身の名前が入った上級者向け講座「工藤プロジェクトSwing-byセミナー」を開講されています。

【動画】「2017年合格目標 工藤プロジェクトswing-byセミナー ガイダンス」

山下良一先生
社労士講師歴が15年以上のベテラン講師の方です。LECでは合格講座などを担当されており、先に挙げた椛島克彦先生も山下クラスで合格しました。

山下良一先生の講義の特長は、制度や条文の趣旨を大切にすることです。社労士試験は暗記項目が多いのですが、制度趣旨の理解により、正確な記憶の促進に役立つと思います。

【動画】「社労士山下良一講師 2015年社労士本試験の論点的中速報!」

ここまで講義動画を見てきましたが、やはり「分かりやすい」のが特長です。社労士試験は比較的短い期間で多くの制度をマスターします。したがって分かりやすい講義により、効率的に合格を目指したい所です。
LEC講師陣の詳細へ

通学から通信、そして初学者から中上級者まで豊富なコース

社労士試験の受験生と言っても、全くの初学者から再学習者の方まで様々なタイプの方がいらっしゃいます。そこでLEC社労士講座では「初学者向け」「学習経験者向け」「短期学習向け」など各種講座を揃えています。講座の詳細はこちら(LEC社労士講座)

初学者向け

初学者の方を対象にした総合コースで、「しっかり学べる、楽しく学べる、法律のLEC」をモットーに講座が作られているのが特長です。

  • しっかり基礎+合格コース
  • 複数の先生の講義を選べる合格講座。社労士試験は覚える内容が多いため、自分に合った先生を選ぶことが大切です。また通学とweb通信も乗り入れ自由なので、分からないことがあれば通学、普段の学習は通信など、ライフスタイルに合った学習が可能です。

    コース内容も「しっかり基礎」「本編(社労士合格コース)」「直前期対策」と、入門から総仕上げまで揃っているコースです。しっかり基礎+合格コースの詳細はこちら

    またスキマ時間の学習に役立つ「スマホで学べるポチ問」「ぱんメル(メルマガ)」や、「一般常識対策」、「テレホンチューター」などLEC独自の7大フォローもお勧めポイントです。

  • インプット2回転合格コース
  • インプット2回転合格コースは、インプットをメインとした講座で、2018年合格目標の場合だと全130回とボリュームがあります。難化する社労士試験に対し、しっかりと基礎をインプットしたい初学者の方にお勧めです。こちらもLEC独自の7大フォローが用意されています。

社労士講座を受講
(画像はイメージです。)

学習経験者向け(上級講座)

こちらは豊富な問題演習を中心に、得点力アップを目指す学習経験者向けのコースです。なお基礎力に自信がない方は、初学者向けコースで重要事項をしっかり理解をした方が早いと思います。

この学習経験者向けコースですが、2017年度向けは次のコースが開講されています。

  1. 上級コース
  2. 年金キーパー+上級コース
  3. 工藤プロジェクトSwing-by セミナー

短期合格向け

受験生の中には、さまざまな理由で短期間で合格を目指す方も少なくありません。そんな短期合格向けの講座も用意しています。

  • 短期集中コース
  • ゼロから始めて半年で合格レベルに到達させることを目標に作られた「短期集中コース」。「スタンダード」と「ハイレベル」の2つがあり、全くの初学者の方は「スタンダード」、再受験生の方は「ハイレベル」がお勧めです。

学習する女性
(画像はイメージです。)

テキスト・問題集

社労士試験の指導経験が豊富なLEC社労士講座では、試験向けの書籍(テキストや問題集)を制作・発売しています。書籍の詳細はこちら(LEC社労士講座)

具体的には「出る順社労士 必修基本書」「ウォーク問 本試験型過去問題集」などです。いずれも詳しい説明がされているのが特長で、スクールを利用される方はもちろんのこと、独学で社会保険労務士試験の合格を目指される方にもお勧めです。

また「一問一答過去問BOOK」や「ウォーク問 選択式マスター」など、直前期に利用したい書籍も。スキマ時間の学習や、最後の得点力アップに活用されるといいでしょう。

合格者向け講座

LEC社労士講座では、合格者向け講座を開講しています。

特定社労士合格講座

社労士の上級資格である特定社労士。特定社労士になることで裁判外紛争解決手続(ADR)などに携わることが可能になり、ビジネスチャンスの拡大が期待できます。

この特定社労士試験ですが、50%から70%前後。一見高い合格率のように見えますが、難関試験の社労士試験に合格した方が受験された結果です。したがって決して簡単な試験とは言えません。

そこでLECでは、「特定社労士対策講座」「過去問徹底攻略講座」「答練」などを開講しています。過去の試験データを分析した上で作られたものです。ぜひ活用されるといいでしょう。特定社労士合格講座の詳細はこちら(LEC)

人事・労務実務講座

社労士試験に合格しても実務経験がないため、実際の業務で困ることがあります。そこでLECが用意したのが「人事・労務実務講座」です。実際の業務を想定し、次のような講座を開講しています(2017年6月現在)。

  1. 就業規則作成講座
  2. 新米社労士・人事スタッフでも分かる
  3. 社労士開業講座「顧客開拓営業のススメ」
  4. マイナンバー実務講座

実務講座
(画像はイメージです。)

口コミと評判まとめ

ここでLEC社会保険労務士講座に関する口コミと評判についてです。どのスクール・講座を選ぼうか迷われている受験生の方は、このような口コミや評判を参考にされるといいでしょう。

(お勧めの講師は?)

LECの澤井先生がおすすめ。楽しみながら勉強できました。

引用:ヤフー知恵袋

上の動画でもご紹介しましたが、澤井清治先生はユーモラスな講師の方です。社労士試験では覚える量が圧倒的に多いため、楽しい講師の講義を選択するのも合理的かもしれません。学習期間も数か月に亘るので、この点からも検討したいです。

(問題演習について)

問題量の多いのは「大原」ですが、本試験レベルの問題演習が多いのは「LEC」です。

引用:ヤフー知恵袋

社労士試験に限らず難関試験に合格するには、徹底したアウトプットのトレーニング(=実戦力)が大切です。この点、回答者の方は本試験レベルが多いと話されています。

(LEC社労士講座で役に立ったのは?)

LECで役にたったのは過去問題集と3回ある模擬試験です。

引用:ヤフー知恵袋

模擬試験は本試験を想定したシミュレーションであると同時に、出題予想としても重要です。できればLECやTAC、大原など複数の模試を受験されるといいでしょう。

(アフターフォローは?)

今度、LECの社労士を受講しようと思っているのですが、受講した方に、お聞きしたいんですが、試験を受けて、不合格した時に、
アフターフォローはしてくれるんですか?詳しく教えて教えてください。

(ベストアンサー)
まあ何処の学校でも同じでその年の試験日までは何かしらサポートはあります。
LECの場合DVD講義があるので1年目で受かる自信がなければ
DVDを申し込んでおくと翌年もそのDVDを見ることができます。

引用:ヤフー知恵袋

社労士試験の特徴として、学習時間に制約がある社会人受験生の方が多い点があります。したがって1年目で合格できないこともあり、その点から受講形態(DVD講義かWeb通信か?など)を検討しておきたいです。

合格率(合格実績)は?

LEC社労士講座では受講者の合格率は公表していませんが、合格実績として「合格者が語る!LECのココがいい!」を公式サイトで掲載しています。合格者の声も、初級者コース・上級コース・道場などさまざまです。LECでの受講を検討されている方は参考にされるといいでしょう。「合格者が語る!LECのココがいい!」はこちら

奨学生試験と割引キャンペーンまとめ

割引キャンペーン、Web奨学生試験も

LECでは「早得」「資格別 eクーポン」など各種キャンペーンを実施していることがあります。また作文を書くだけで受講料の一部が割引になる「Web奨学生試験」の実施も。キャンペーンの詳細については、こちらの記事をご参照ください。

【割引や特典も】LEC東京リーガルマインドのキャンペーンまとめ、口コミと評判も

おためしWeb受講制度、無料資料請求も

おためしWeb受講制度

難化傾向にある社労士試験においては、学習期間も一年とかまとまった時間になります。受験生の中には、「実際の講義はどうだろう?」「授業についていけるかな」「挫折はないだろうか?」など不安に感じている方もいらっしゃるでしょう。

そんな受験生の方には「おためしWeb受講制度」がおすすめです。第一回目の講義などが無料で受講できます。「自分に合った先生か」「講義についていけるか?」など、様々な視点から検討されるといいでしょう。

LEC社労士講座、おためしWeb受講制度
▲ LECおためしWeb受講制度(画像はLEC東京リーガルマインド公式ページから)

無料資料請求も

このほかLECでは無料のパンフレットも用意しています。LECの特長、さまざまな試験対策コース、実施校舎など詳しく書かれています。こちらの無料資料請求もお勧めです。

まとめ

ここまで東京リーガルマインド社労士講座の特長、各コース、口コミと評判などについてまとめてきました。このようにLECでは受験生の方に合った多彩な講座を多数用意しています。

最近の社労士試験は本当に難しいです。このような社労士試験で効率良く合格を目指すならば、自分に合ったコースをしっかり探すことが大切です。ぜひ各コース・講座を徹底比較するようにしましょう。
LEC社労士講座へ

なおLEC社労士講座サイトでは、「社労士試験の大検証」「開業社労士 本音トーク」「独立開業or企業内社労士」「密着!開業社労士24時」など関連コンテンツも多数公開しています。合わせて御覧ください。

(スポンサードリンク)

講師ブログ

社労士講師ブログはこちら
TAC・フォーサイト・大原・LEC・TAC独学道場など大手スクール講師のブログ新着記事。

解答速報

社労士解答速報はこちら