1級建築士解答速報、合格推定点と講評まとめ

2019年7月28日(日)に実施された1級建築士学科試験の解答速報です。スクールにより解答速報の公開の他、奨学生試験や自動採点サービスなどを実施しています。受験生の方はぜひ御利用ください。

(スポンサードリンク)

TAC

資格の学校TACでは、試験日当日の7月28日(日)午後9時からTAC建築士講座サイトにて解答速報を公開する予定です。またTAC独自による合格推定点、今回の試験の講評は翌日の7月29日(月)午後1時から順次公開する予定となっています。TAC解答速報はこちら

試験ガイド
学科Ⅰ・Ⅱは試験日当日の午後6時から解答速報を公開します

※ TAC建築士講座「課題の概要説明会」
学科試験の次の関門が設計製図試験です。2019年度の一級建築士設計製図試験の課題は「美術館の分館」となりましたが、具体的な対策を知りたい受験生の方も多いはず。そんな受験生の方におすすめの無料イベントが、TAC建築士講座の「課題の概要説明会」です。

「課題の概要説明会」では2019年度設計製図試験の概要を中心にTAC講師が解説します。また校舎により7月28日(日)に実施された学科試験のポイントも解説します。

このイベントは学科試験後の7月下旬に実施されるため(一部校舎は8月)、いち早く学科試験の総括・検証が可能であり、設計製図試験対策の学習への切り替えもスムーズに進むでしょう。なお「課題の概要説明会」の実施校舎・日時など詳細については、TAC解答速報ページで御確認ください。TAC解答速報はこちら

TAC合格推定点
さっそくですが、TACの合格推定点は、次のとおりです。
後述の講評のように全体の難易度が低く、総得点が大幅に繰り上げられる可能性が高いと考えます。
――――――――――――――――――――
■科目基準点
 計画11点、環境・設備11点、法規16点、構造16点、施工13点
■総得点
 96点

引用TAC解答速報、合格推定点

(注)合格推定点は2019/07/29 13:00時点の予想であり、今後試験分析が進むにつれて、予想得点が変化することがあります。最新情報については、TAC建築士講座サイトでご確認ください。

またTAC解答速報ページでは、科目別の難易度分析(講評)もPDFファイルで公開しています。学科試験の分析を終え、いち早く設計製図試験対策に取り組むことをおすすめします。

TACの講評(2019年7月29日現在)

難易度は、次のとおりです。
・計画 →易しい
・環境・設備→易しい
・法規 →易しい
・構造 →例年並み
・施工 →難しい
―――――――――――
・全体 →易しい
過去問を正確に理解していれば高得点が取れる出題でした。
しかし、特に構造、施工では、あいまいな理解だと新規問題に惑わされて間違えてしまうという問題が数多く見受けられました。

(1)計画
・実例・建築史が6問出題されましたが、過去問で5問は得点できる内容でした。それが今年の易しさの最大の原因であったと言えます。
・No.17(美術館の実例)は、発表されたばかりの設計製図課題「美術館の分館」に関連する出題でした。肢4はアスペン美術館ではなく、フランク・ロイド・ライトのグッゲンハイム美術館の特徴です。実例の解答肢(誤り)のパターンの一つである「他の建築物の説明」になっているのではないか、という「カン」が働くと気付けたかもしれません。

(続きは公式サイトで)
TAC建築士講座「TAC解答速報、合格推定点

TAC1級建築士解答速報
▲「課題の概要説明会」および「学科試験のポイント」を実施するTAC建築士講座(画像はTAC解答速報ページから)

またTAC建築士講座は2019年8月上旬に奨学生選抜試験実施します。成績により受講料が最大で80%割引、受験者全員にも特典があります(参加賞)。受験は無料なので、1級建築士試験の合格を目指す受験生の方におすすめです。

試験ガイド
割引対象コースは、2020年合格目標「一級建築士 総合学科本科生」「学科本科生」「上級パック生」です

今回の奨学生試験の出題形式ですが、4肢択一25問を解答します。学科試験直後に実施されますが、受験を考えている受験生の方はテキストなどで復習されるといいでしょう。なお詳細な実施日時などについては、TAC建築士講座で御確認ください。TAC建築士講座はこちら

日建学院

不動産系資格の指導に定評がある日建学院でも解答速報を公開しています。こちらは各科目の総評の公開(2019年7月29日月曜日 16時頃を予定)の他、科目別の難易度、自己採点ができる「Web採点サービス」を実施。提出した成績データを基に分析し、問題別の正答率の他、受験生の全国順位が分かります。

「Web採点サービス」は分析結果がメールで届くので、合格ラインの予想を手軽に行いたい受験生の方におすすめです。日建学院の解答速報はこちら

日建学院の講評(2019年7月29日現在)

各科目とも過去に出題された内容であっても、表現や論点を少し変えて総合的な判断力を問うような出題が昨年同様多かった。

計画においては、新規枝問題はあったものの、正解枝は過去問等が多く比較的易しかった。
環境・設備では、過去に建築士試験で出題された図や計算の問題が3問も出題された。
法規においては、近年の改正に係る建築基準法での出題があり、また問題の冒頭で正誤の判断に関わる条件設定のある設問が幾つかあり、難しく感じた受験者が多かったと思われる。
構造力学においては、ほぼ全ての問題が過去のリニューアル問題であり、比較的易しかった。
施工は、昨年に比べて、過去問が正解枝として多く出題されたため、比較的得点しやすい内容であった。

難易度は科目ごとでは差があるものの、例年より易しかったと予想される。

各科目の難易度
計画
特徴的な内容としては、「高齢者、障害者等の利用に配慮した計画:NO.9」、「劇場:NO.14」「美術館:NO.17」で、初めて出題された事項が複数含まれやや難易度が高い。
また、「歴史的建築物:NO.3」、「都市再生:NO.10」、「マネジメント:NO.20」などでは、新規の選択枝の出題があったものの解答枝が過去問で解答選択が容易であった。
今年も新規の用語等の出題があったものの、比較的易しい試験であったと思われる。

(続きは公式サイトで)
日建学院「1級建築士 解答速報2019

なお、「Web採点サービス」をエントリーされた方を対象に「本試験概要&試験分析表」が進呈されます。学科試験では難しい問題が出題されるケースがありますが、そのような問題のフィードバックにおすすめです。また試験分析表では全科目の予想正答率が掲載されているので、他の受験生の方との比較を行いたい方にもおすすめです。

採点サービスご利用の方抽選で30名様に!
本年度の設計製図課題「美術館の分館」に即した課題参考資料「建築設計資料」をプレゼント!!

設計製図試験対策にはこの1冊!日本の現代建築を用途別に分類し、各号全頁特集形式でその代表的な作品を収録。論考・設計計画の解説、実作品の豊富な図版、鋭いカメラアイ、充実したデータにより、現代建築のさまざまなポイントを読み取ることができます!

※プレゼント書籍は「建築設計資料102 美術館3」になります。
※当選者の発表は発送をもって代えさせていただきます。
※設計資料集の発送は8/6(火)~の予定です。

引用:日建学院 解答速報ページ
http://www.ksknet.co.jp/nikken/guidance/architect1q/road/kaisoku/index.aspx

日建学院1級建築士解答速報
▲ 「Web採点サービス」を実施する日建学院・建築士講座(画像は日建学院サイト「一級建築士 解答速報」から、昨年度のもの)

総合資格学院

1級建築士講座を開講している総合資格学院では「即日採点サービス」を実施しています。こちらは解答速報ではありませんが、得点の目安がその日にうちに分かるため受験生の方に好評です。総合資格学院のサイトから解答を入力すると、採点結果がメールで返信される仕組みになっています。総合資格学院の即日採点サービスはこちら

※「即日採点サービス」の利用方法

Step1 本試験での解答と必須事項を入力して送信
本試験終了後、パソコン・スマートフォン・ケータイより即日採点サービス特設ページにアクセスし、『即日採点サービス申込フォーム』へ進みます。『即日採点サービス申込フォーム』にて本試験での解答番号と必須項目を入力し、送信ボタンを押してください。

解答入力フォーム、QRコードは本試験当日に公開いたします。

●パソコンからご利用の場合:
本ぺージか、 総合資格学院Topページから、特設ページにアクセスし、『即日採点サービス申込フォーム』へ進んでください。

●スマートフォン&ケータイからご利用の場合:
バーコードリーダーの機能がついているスマートフォン・ケータイをお持ちの方は、QRコードを読み取って、当学院モバイルサイトの特設ページにアクセスし、『即日採点サービス申込フォーム』へ進んでください。

※バーコードリーダーがついていない場合は、特設ページのURLを直接入力してください。

引用:資格総合学院
https://www.shikaku.co.jp/campaign/1k_esaiten.html

資格総合学院1級建築士解答速報
▲「即日採点サービス」を実施する資格総合学院(画像は昨年度の
解答速報ページから)。

資格総合学院の講評(2019年7月29日現在)

【試験情報】2019(令和元)年7月28日(日)に実施された1級建築士学科試験の合格基準点について

合格基準点は98点前後と予測。総得点97点以上の受験生は、製図講座受講を推奨
7月28日(日)に実施された1級建築士学科試験を、当学院即日採点サービス利用者のデータを基に独自に分析したところ、今年の試験結果では、平均点が昨年より上昇しています。この結果を試験制度変更のあった平成21年度以降の試験結果に照らし合わせると、例年よりも高い合格率となることが推察される結果となりました。このため、総合資格学院では、過去の合格率を基に、合格基準点が98点前後となる可能性が高いと予測しております。

(続きは公式サイトで)
資格総合学院「【試験情報】2019(令和元)年7月28日(日)に実施された1級建築士学科試験の合格基準点について

なお、資格総合学院でも「2019年度 一級建築士設計製図 攻略ガイダンス」が実施されます。実施校舎および実施日時など詳細については、資格総合学院の解答速報ページで御確認ください。

本年度設計製図試験のポイントを解説!
【先着定員制】
本年度の設計製図課題の攻略ポイントを当学院の講師がわかりやすく解説します。1級建築士受験生ならどなたでも参加可能。参加された方全員に、本年度の対策ポイントをまとめた「課題対策資料」をプレゼントします。 ストレート合格をめざす方は、ぜひご参加ください!

参加費:無料
会場:全国の総合資格学院各校
日程:7/29(月)より随時開催

引用:資格総合学院
https://www.shikaku.co.jp/campaign/single/1kg_02.html

試験ガイド
参加は無料です。登録フォームから、「ガイダンス名」「希望の日時」などを入力してください

動画解説

2019年度学科試験の「難易度分析」と「合格基準点の予想」

日建学院による1級本試験学科解説。試験の出題傾向・分析、難易度、ボーダー予想など。

1級建築士学科試験解答速報2019【日建学院】
日建学院による本試験分析動画。難易度・合格基準点・合格率など分析。

試験ガイド
日建学院の予想合格基準点は、今後分析が進むにつれて、合格ラインが変更になる場合があります
1級建築士学科試験解答速報2019【#日建学院 #建築士】※本編開始は31:00からです。
試験ガイド
日建学院では徹底検証ガイダンスも実施される予定です

資格総合学院の解答・解説動画(ダイジェスト版)。

(準備中です)

設計製図試験対策!解説動画

2019年度学科試験の合格ライン付近の方ならばいち早く設計製図試験対策の学習に取り組んでおきたいところです

そこで2019年度設計製図試験対策の解説動画を掲載します。ぜひ参考にしていただき、試験の攻略につなげてください。

【日建学院】令和元年1級建築士設計製図 課題対策説明会(合格するための条件) ダイジェスト
2019年度設計製図試験の課題の背景や指定図書などについて、コンパクトに解説しています。

試験ガイド
詳細な分析や、試験対策については、TAC建築士講座や日建学院等で実施されるガイダンス講座を参考にしてください
1級建築士設計製図課題対策説明会ダイジェスト2019【日建学院】

【資格総合学院】1級建築士設計製図「課題攻略ガイダンス」ダイジェスト版

(準備中です)

【おすすめ講座】TAC建築士講座、高品質の講義を提供、合格者の声も掲載。詳細はこちら↓
TAC建築士講座の合格実績はこちら【合格者の声も】

参考動画TAC式!一級設計製図試験の攻略法(YouTube)」。大量の課題演習よりも効率的な学習を!TACの設計製図コースのノウハウとは?約15分にわたり解説しています。

TAC式!一級設計製図試験の攻略法
タイトルとURLをコピーしました