【国内旅行業務取扱管理者試験】解答速報、合格ラインと配点、自動採点サービスも

2017年(平成29年)9月3日(日)に実施された国内旅行業務取扱管理者試験の解答速報です。スクールにより解答速報の公開の他、自動採点サービスなど各種関連コンテンツも用意されています。受験生の方はぜひ参考にしてください。

フォーサイト

通信教育のフォーサイトでは、「旅行業法及びこれに基づく命令」「旅行業約款、運送約款及び宿泊約款」「国内旅行実務」の解答速報を公開しています。フォーサイト解答速報はこちら

講評(出題傾向、難易度分析)も

また解答速報に加え、各科目の講評も公開しています。試験の出題傾向や難易度分析などに参考にされるといいでしょう。試験講評はこちら

平成29年度 国内旅行業務取扱管理者試験の講評
2017/09/04
今年の国内旅行業務取扱管理者試験は、9月3日に例年と同様の形式で行われました。

全体として変わった点はなく、出題形式や内容など例年と同様で、大きな変更はありませんでした。 全体として、例年よりやや取り組みやすい出題であったようです。以下、科目ごとに見ます。
(続きは公式サイトで)

引用:フォーサイト旅行業務取扱管理者講座「試験講評」
http://www.foresight.jp/ryokou/kaisetsu/2017kokunai/

フォーサイト講評
▲ 解答速報の公開に加え、各試験科目の講評も公開しているフォーサイト(画像は平成29年度試験講評ページから)

ユーキャン

通信教育の大手・ユーキャンでは昨年度と同様に、「旅行業法(旅行業法及びこれに基づく命令)」「約款(旅行業約款、運送約款及び宿泊約款)」「国内旅行実務」の各科目の解答速報を公開します。ユーキャンの解答速報はこちら

解答速報の公開日時
2017年9月3日(日)

なお公開時間は未定で、正解肢が判明した問題から随時公開していくのが特長です。

自動採点サービスの実施も

また受験生の方がご自身の解答を入力すると、 ユーキャンによる模範解答と照合し自動採点するサービスも実施されます。

ユーキャンの解答速報
▲正解が判明した問題から順次、解答速報を更新するユーキャン(画像はユーキャン解答速報ページから)

なお解答速報の公開予定時刻については、随時、Twitterの「ユーキャン解答速報アカウント(@ucan_sokuhou)」で告知する予定です。こちらも併せてご利用ください。

なおユーキャンの解答速報で同時に実施される自動採点サービスですが、ユーキャン旅行業務取扱管理者講座の受講生以外の方も無料で利用できます。

また、受験生の方がご自身の解答を入力すると、 ユーキャン講師陣が作成した「模範解答」と突き合わせ、自動採点するサービスも合わせてご提供いたします。
このサービスをご利用いただければ、1度の入力で、刻々と変化する模範解答に合わせて採点されていくので、面倒な自己採点の手間がかかりません。

解答速報の閲覧、および自動採点サービスは、ユーキャン受講生でない方もご利用いただけます。

引用:ユーキャン
http://www.u-can.co.jp/company/news/1199981_3482.html

クレアール

クレアールでは平成26年、平成27年、平成28年度と解答速報を公開しています。平成29年度試験については、2017年9月2日現在不明ですが、確認されると良いでしょう。クレアールはこちら

crear-ryokou-kaito2016
▲クレアール旅行業務取扱管理者講座の解答速報ページ(画像は平成28年度のもの)

資格の大原

資格の大原・旅行業務取扱管理者講座でも解答速報を公開する予定です(資格の大原・解答速報ページはこちら)。なお公開時間は以下の通りです。

解答速報の公開時間
2017年9月3日(日)17:00(予定)

なお解答速報の閲覧およびダウンロードは無料ですが、専用フォームから申し込む必要があります。そして入力したメールアドレスに、閲覧専用ページのURL(アドレス)が掲載された返信メールが大原から届く流れになっています。

解答速報を確認
(画像はイメージです。)

「問題・解答解説集、閲覧サービス」の無料実施も

「解答速報で正解番号は分かった、もっと詳しい解説が知りたい」と言う受験生の方にお勧めなのが、大原で実施される「問題・解答解説集、閲覧サービス」です。

これは昨年に引き続き行われる無料サービスで2017年度国内旅行業務取扱管理者試験の問題文と解答・解説がWeb上で閲覧できるものです。したがって今回の国内旅行業務取扱管理者試験を受験された方は難易度や出題傾向の分析などフィードバックに、また2017年度本試験の合格を目指して学習をスタートされる初学者の方は最終目標(ゴール)として閲覧されると良いでしょう。

この資格の大原の「問題・解答解説集、閲覧サービス」ですが、実施時期は以下の通りになっています。なおサービスの詳細については、旅行業務取扱管理者・解答速報ページで御確認ください。

「問題・解答解説集、閲覧サービス」の公開時間
2017年10月2日(月)17:00公開(予定)

国内旅行業務取扱管理者試験 問題・解答解説集 閲覧サービス(無料)

平成29年度 国内旅行業務取扱管理者試験 問題・解答解説集をWeb上でご覧いただけます(無料)。 ぜひお申込ください。ご入力いただいたメールアドレスに、問題・解答解説のURLを メールにてご案内させていただきます。

引用:資格の大原
http://www.o-hara.ac.jp/best/ryoko/sokuhou-k/

資格の大原、国内旅行業務取扱管理者試験 解答速報
▲試験日当日に解答速報を公開する予定になっている資格の大原・旅行業務取扱管理者講座(画像は大原・解答速報ページから)

トラベル&コンダクターカレッジ

旅行の資格・旅行業務管理者・ツアーコンダクター養成スクール、トラベル&コンダクターカレッジ。平成29年度の解答速報は公開中です。トラベル&コンダクターカレッジの解答速報はこちら

なお解答速報については、トラベル&コンダクターカレッジのフェイスブックでも分かる場合があります。また試験に関する関連情報が提供されることもあるので、Facebookの利用もお勧めです。トラベル&コンダクターカレッジFacebookはこちら

トラベル・総合旅行業務管理者解答速報
▲トラベル&コンダクターカレッジの解答速報ページ(画像は平成28年度の公式サイトから。なお人物画像は加工しています。)

試験実施団体による模範解答

試験を実施するANTA(全国旅行業協会)の「各年度の実施状況、試験問題と解答、合格者受験番号」ページでは各年度の問題および模範解答(配点を含む)をPDFファイルで公開しています。ANTA(全国旅行業協会)はこちら

なお同じページでは各都道府県別の実施状況(一般及び免除)の「申込者数」「受験者数」「合格者数」「合格率(%)」を掲載してPDFファイルも公開しています。各年度の難易度分析等に利用されると良いでしょう。

anta模範解答
▲過去の実施した国内旅行業務取扱管理者試験の問題および正解・配点をPDFファイルで公開している全国旅行業協会ページ(画像はANTAサイト※から)。

※なおANTA(一般社団法人 全国旅行業協会)とは、All Nippon Travel Agents Association の略称です。

過去問

資格試験の合格への第一歩は過去問の分析です。国内旅行業務取扱管理者試験対策においても「過去問に始まり過去問に終わる」と言って過言ではありません。

その過去問題ですが、試験を実施するANTAで平成17年度から平成28年度の試験問題と解答番号が掲載されたPDFファイルのダウンロードが可能です。ダウンロードページはこちら(ANTA)

もっとも正解番号のみの掲載となっているので、問題の理解や検討には不足感が否めません。そこで利用したいのが市販の過去問題集です。TAC出版や資格の大原、ユーキャンなどで詳細な解説が掲載された過去問題集が発行されているので、これらの過去問題集を利用されるのがお勧めです。

【TAC出版】平成29年度版 国内旅行業務取扱管理者 過去問題集

資格試験対策のテキストや問題集を多数出版しているTAC出版による過去問題集です。「合格のカギは過去問にあり! 」をコンセプトに作られた過去問題集で、詳しい解説が特長です。「平成29年度版 国内旅行業務取扱管理者 過去問題集」はこちら

また過去5年分の試験問題と解答および解説が掲載されていますので、合格ライン突破を狙う受験生の方には実戦タイプの問題集としてお勧めです。

商品の説明
本書は直近過去5年分の本試験問題を掲載!
選択肢ごとに詳細な解説を付け、さらに、初心者でも理解できるよう懇切丁寧な解説を心がけて作られています。

引用:TAC出版
https://bookstore.tac-school.co.jp/book/detail/07070/

【資格の大原】旅行業務取扱管理者試験一発合格!トレーニング問題集

旅行業務取扱管理者講座も開講している「資格の大原」による過去問題集です。この問題集は過去に出題された問題から、資格の大原が厳選した重要問題を中心に構成されています。

また「〈1〉観光地理(国内・海外)」「〈2〉旅行業法・約款」「〈3〉国内旅行実務」と分冊になっていますのでボリュームも充実しています(この他に総合旅行業務取扱管理者試験向けに「〈4〉海外旅行実務」も)。

この他の特長として「難易度ランク」「重要度ランク」「出題パターンが分かる学習ガイド・出題項目一覧表」の掲載など、スクール利用者の方はもちろんのこと、独学で旅行業務取扱管理者試験の合格を目指す受験生の方にもお勧めです。

【ユーキャン】 2017年版 U-CANの国内旅行業務取扱管理者 過去問題集【詳細解説つき】

試験対策講座も開講するユーキャンによる過去問題集です。「試験に合格するための最も効率的な問題集」をコンセプトに、初学者の方でも分かりや良い解説が特長です。

学習の流れとしては、使用されているテキストで学習された後に、この問題の「テーマ別演習」で理解を深め、繰り返し学習。そして最後の総仕上げは巻末に収録された「平成27年度本試験問題」で実力確認を行いましょう。この際に本試験と同じ時間帯で問題に挑戦されると、本番のシミュレーションとして利用できます。問題の解く順番、解答時間の管理など検討してみてください。

試験ガイド(概要)

この章では合格ラインや合格率・合格発表日など、国内旅行業務取扱管理者に関する各種データを掲載します。国内旅行業務取扱管理者に限りませんが、試験の合格には難易度分析など試験について知ることが肝要です。また合格発表をイメージすることで、試験対策のモチベーションもアップするでしょう。

また合格を目指される受験生の方はご存知だと思いますが、「旅行業者や旅行業者代理業者は、営業所ごとに一定の資格を持った旅行業務取扱管理者を選任して、旅行の取引条件の説明などの業務の管理・監督を行わせなければならない(国土交通省サイトより)」と法律で定められています(旅行業法・第十一条の二 第一項)。

つまり営業所等に必ず旅行業務取扱管理者を配置する必要があります。この点から旅行業務取扱管理者の資格取得は、旅行業界への就職や転職に有利とされています。このような魅力を確認した上で、各種データや試験ガイドをご覧になってください。

(1)受験者数・合格者数・合格率
以下は平成に入ってからの合格率を表示しています(順に「受験者数」「合格者数」「合格率」)。これを見ても分かるように、合格率は年度により多少の上下はありますが30%前後で推移しているのが分かります。

なお合格率が高い年度としては昭和47年度の85.7%、反対に合格率が低い年度としては昭和49年度の6.5%などがありますが、いずれも特殊なケースであり、30%前後の合格率とみて間違いないと思います。

(順に実施年度、受験者数、合格者数、合格率)
1989年(平成元年)20,152人 3,487人 17.30%
1990年(平成2年) 20,461人 4,656人 22.80%
1991年(平成3年) 23,203人  5,483人 23.60%
1992年(平成4年) 25,793人  6,393人 24.80%
1993年(平成5年) 27,834人  8,451人 30.40%
1994年(平成6年) 27,873人  9,930人 35.60%
1995年(平成7年) 24,162人  8,990人 37.20%
1996年(平成8年) 20,951人  8,020人 38.30%
1997年(平成9年) 20,417人  6,476人 31.70%
1998年(平成10年)19,438人 6,797人 35.00%
1999年(平成11年)17,484人 5,336人 30.50%
2000年(平成12年)17,145人 5,795人 33.80%
2001年(平成13年)16,309人 5,334人 32.70%
2002年(平成14年)16,659人 5,152人 30.90%
2003年(平成15年)17,489人 6,852人 39.20%
2004年(平成16年)17,788人 5,364人 30.20%
2005年(平成17年)16,874人 4,750人 28.10%
2006年(平成18年)16,469人 5,506人 33.40%
2007年(平成19年)15,928人 7,431人 46.70%
2008年(平成20年)15,476人 4,985人 32.20%
2009年(平成21年)16,470人 6,604人 40.10%
2010年(平成22年)16,287人 5,342人 32.80%
2011年(平成23年)14,998人 5,377人 35.90%
2012年(平成24年)15,042人 5,534人 36.80%
2013年(平成25年)15,241人 4,702人 30.90%
2014年(平成26年)14,498人 4,249人 29.30%
2015年(平成27年)15,033人 4,408人 29.30%

(2)試験科目
1、旅行業法及びこれに基づく命令
2、旅行業約款、運送約款及び宿泊約款
3、国内旅行実務(運送機関及び宿泊施設の利用料金その他の旅行業務に関連する料金、旅行業務の取扱いに関する実務処理)

※試験の一部免除制度
ただし前年度試験において「国内旅行実務」が合格点を越えた方は、試験科目のうち「国内旅行実務」の受験免除を受けることができます。また全国旅行業協会が実施した本年度若しくは前年度の国内旅行業務取扱管理者研修修了者も同様です。

なお受験資格は原則としてありません(過去の試験において不正行為を行ったなどのケースを除く)。したがって年齢や性別等の制限もありません。

(3)合格ライン・合格基準
合格ラインは、各科目とも満点の60%(60点)以上の得点になるケースが多くなっています。なお過去の本試験の合格基準(合格ライン)については、全国旅行業協会(ANTA)の過去問のダウンロードページにあるPDFファイルで、正解番号と共に公開されています。

(4)受験料
5,800円(平成29年の場合)

(5)平成29年度試験の実施スケジュール
・一般(全科目)の受験者 平成29年9月3日(日曜日)13時30分から15時30分
・試験科目一部免除者  〃 14時10分から15時30分

(6)試験地
「北海道(札幌市)」「宮城(仙台市)」「埼玉(草加市)」「東京」「 愛知(名古屋市)」「大阪・神戸(吹田市・神戸市)」「広島(広島市)」「福岡(福岡市)」「沖縄(那覇市)」の全国9都市となっています(平成29年度)

(7)合格発表日
平成29年度試験は平成29年10月25日に合格通知「国内旅行業務取扱管理者試験合格証」を発送する予定です。なおANTAホームにも合格者の受験番号が掲載されます。

また残念ながら試験に不合格となった方には「通知書」が郵送される予定になっています。

このほか国内旅行業務取扱管理者試験の実施概要については、試験を実施する全国旅行業協会(ANTA)サイトで御確認ください。

関連資格

ここでは国内旅行業務取扱管理者試験の合格者の方が次にステップアップを目指したい関連資格を紹介したいと思います。資格の中には今回の国内旅行業務取扱管理者試験と試験科目が重複するものや、業務を行う上で親和性の高いものもあります。ご自分のプランに合わせて資格取得を目指されると良いでしょう。

(1)総合旅行業務取扱管理者
国内旅行業務取扱管理者の上級資格が「総合旅行業務取扱管理者」です。「総合」と名前が付くように、国内だけではなく海外の旅行業務に携わることができます。試験科目も、

  1. 旅行業法及びこれに基づく命令(「旅行業法」)
  2. 旅行業約款、運送約款及び宿泊約款(「約款」)
  3. 国内旅行実務
  4. 海外旅行実務

と、国内旅行業務取扱管理者の試験科目に「海外旅行実務」が加わるだけですから、受験生の方の負担も少ないと思います。

さらに国内旅行業務取扱管理者試験の合格者は「旅行業法」および「国内旅行業務」の試験が免除されます。したがって科目免除の点からも総合旅行業務取扱管理者試験はお勧めなのです。

またスクールによっては最初から、国内旅行業務取扱管理者試験と総合旅行業務取扱管理者試験のダブル合格を念頭に受験指導を行っています。この点からも親和性の高い資格と言えます。

(2)旅程管理主任者(ツアーコンダクター)
旅程管理主任者とは、簡単に行ってしまえば「旅行を企画・管理する」です。具体的には「ツアーに組み込むサービスの予約」や「トラブル時の代替サービス」の手配などを行います。

この旅程管理主任者には、総合旅行業務旅程管理主任者と国内旅行業務旅程管理主任者の2種類があり、それぞれ「海外および国内」「国内のみ」の違いがあります。

この旅程管理主任者の資格取得の方法ですが、筆記試験はないものの、研修の修了(基礎添乗業務研修など)や一定の実務(添乗)経験が必要となっています。

(3)通訳案内士
旅行ガイドと語学力を活用した資格が通訳案内士です。通訳案内士の試験は筆記試験(1次)と口述試験(2次)があります。ここで筆記試験の出題科目について見てみましょう。

【筆記試験の出題科目】
(1)外国語についての筆記試験
(2)日本語による筆記試験

このうち(2)の日本語による筆記試験において、「日本の地理」「日本の歴史」「産業、経済、政治及び文化に関する一般常識」が出題されます。この出題分野において国内旅行業務取扱管理者試験で学習した内容の一部が活用することができます。

受験資格もなく、また「日本の素晴らしさを外国からのお客様に伝える」という云わば「民間外交官」とも言える興味深い資格です。そして試験合格後も実際の業務にあたり、更なる語学力の向上や、日本に関する知識の勉強を充実させるなど、スキルアップを目指す方にお勧めの資格と言えるでしょう。

もちろん2020年の東京オリンピックに向けて、外国からの訪問客の増大も期待できます。この点からも通訳案内士は将来性豊かな資格と言えると思います。旅行業務取扱管理者の資格からステップアップを目指す方にお勧めです。

ここまで2017年9月3日(日)に実施された平成29年度国内旅行業務取扱管理者試験の解答速報や関連コンテンツについて見てきました。この国内旅行業務取扱管理者試験は合格率だけを見れば30%前後と、難関試験である司法試験や公認会計士試験などと比較すれば合格しやすい試験と言えますが、短期間で効率良く合格ラインの突破を目指すとなると結構大変です。

したがってメリハリをつけて試験対策の学習を行うならば大手スクールの通信講座や、独学で合格を目指される方は市販のテキストと過去問題集の繰り返しなど、時間効率の良い学習を目指すようにしましょう。

(スポンサードリンク)