ソフトバンク、TOEIC高得点で報奨金

グローバル化に伴い、英語力を重視する企業は多いです。中には社内公用語を英語にした楽天などのケースもあります。

ソフトバンクが報奨金を用意

そんな中、通信大手のソフトバンクがTOEIC試験で高得点を獲得した社員に高額の報奨金を支給することが分わかりました。その気になる報奨金の金額ですが、990点満点中の900点以上なら100万円、800点以上なら30万円という驚きの金額です。

必勝!

英語のマスターは難しい

もっとも英語は日本語と言語体系が異なり、マスターが難しいと感じている方も多いはず。中学生時代から英語学習を続けているのに、未だに話せない人が多いのを見ても分かりますね。

そんな英語ですが、高額の報奨金で話せるようになる人が多くなるのか、今後のソフトバンクの結果に注目です。

英語のマスターにはどうしたら良い?

この英語のマスターですが、学習に充てられる時間も少ない社会人の場合だと難しいかもしれません。したがって戦略的かつ効率的に取り組む必要があります。

それには英語の思考方法をそのまま理解し、そして繰り返して体に染み込ませる。これがお勧めの学習方法だと思います。

この英語の思考方法が分かりやすく理解できるのが東京SIM研究所の英語教材「スーパーエルマー」です。公式サイトをご覧になって頂くとお分かりになると思いますが、英語の思考方法を理解することで、TOEICで高得点を獲得した方も少なくありません。

東京SIM研究所の英語教材「スーパーエルマー」はこちら(無料視聴あり)

今回のニュースに対しての反応

今回のソフトバンクのニュースに対しネット上では、

「そんな金があるなら基地局増やしてください」
「950点だけどちょっとソフトバンクに転職してくるわ」
「むしろ100万もらった後、英語圏に飛ばされちゃうってほうがいやでわざと採らない奴もいそう」

などの反応が上がっています。賛否あるようですが、国内の少子化の影響で、海外でのビジネスチャンスに活路を見い出す企業も少なくありません。やはり英語は早期にマスターすべきスキルのひとつと言えるでしょう。

ソフトバンク、TOEIC900点で100万円 社員に報奨金
2013/1/11 2:02日本経済新聞 電子版

ソフトバンクは海外で活躍する人材を育てるため、英語能力テスト「TOEIC」で高得点を取った社員を報奨する制度を月内にも始める。990点満点で900点以上なら100万円、800点以上なら30万円の一時金を一律支給する。昇格や採用の基準にTOEICを活用する企業はあるが、報奨金で英語学習を促すケースは珍しい。

http://www.nikkei.com/article/DGXNASDD100Q6_Q3A110C1MM8000/?dg=1

(スポンサードリンク)