【令和4年度】国税専門官試験解答速報(択一・専門記述)、無料成績診断・講評動画・予想ボーダーラインの公開も

令和4年(2022年)6月5日(日)に実施された国税専門官一次試験の解答速報(択一・記述)です。

スクールにより解答速報の公開の他、動画による講評や、無料成績診断サービスの実施も行っています。受験生の方はぜひ御利用ください。

LEC公務員講座

LEC公務員講座では、択一試験の解答速報の公開のほか、予想得点や順位、偏差値、正解肢などが一目でわかる無料成績診断サービスを実施します。LEC解答速報はこちら

【択一・記述の正答一覧・講評公開時間(予定)】
択一 2022年6月10日(金)公開予定
専門記述 2022年6月14日(火)公開予定
講評動画公開 2022年6月21日(火)公開予定

【講評動画】2022年本試験講評・解説 国税専門官

(公開され次第、掲載します)

LEC公務員解答速報2017
▲ LEC公務員講座による国税専門官試験の解答速報ページ。択一式試験の分析に(画像はLECサイトから)。なお無料成績診断サービスも期間限定で行われます。

無料成績診断サービスのスケジュール

LECでは択一式試験の解答をご入力いただいた方に、無料で成績を診断!他のスクールの方も利用できます。LEC無料成績診断サービスはこちら

解答入力受付期間
2022年6月5日(日)18:00~2022年6月16日(木)23:59
診断結果閲覧期間
2022年6月7日(火)18:00~2022年7月11日(月)23:59

LECはここがいい!
  • 合格発表日前に順位や予想得点が分かる
  • 第2次試験対策や併願先の検討に役立つ
  • 業界最大手レベルのLECが全国規模で実施!
  • もちろん無料

【関連動画】「LEC公務員講座、国税専門官の仕事と学習方法」

TAC

TAC公務員講座は専門記述(憲法・民法・経済学・会計学・社会学)の解答速報を2022年6月10日(金)午後6時から行います。TAC解答速報はこちら

試験ガイド
試験ガイド

解答速報の閲覧は、データリサーチ↓の参加者のみです

また択一のみですが、試験別の平均点・順位と問題別の正解率などが分かる成績診断「本試験データリサーチ」も実施。なお参加は無料ですが、こちらも登録期限があるので注意してください。

予想ボーダーラインの公開も

データリサーチの集計結果をもとに、TAC独自の予想ボーダーラインを公開します(本試験から約2週間後を予定)

解答入力受付期間
2022/6/20(月)10:00まで
診断結果閲覧期間
2022/6/7(火)13:00から2022/7/31(日)12:00まで

データリサーチとは
全国の受験生からデータを収集
インターネットを活用して日本全国の受験生から解答データを収集し、本試験同様の成績処理を行い、精度の高い得点分析結果を提供する、TAC独自の画期的な解答分析サービスです。

登録から結果の確認まで、すべてWebで完結!
Webページで解答を入力(選択)するだけで、結果閲覧期間内に採点結果を閲覧することができます。

引用 資格の学校TAC

TAC公務員解答速報2017
▲ 参加者間の平均点・順位問題別の正解率などが分かる無料成績診断サービスの「TAC本試験データリサーチ」も実施。国税専門官試験の分析に(画像はTAC解答速報ページから)。

クレアール

クレアール公務員試験講座では各種公務員試験の解答速報を行っています。クレアール解答速報はこちら

択一の模範解答

択一式の模範解答については、試験実施団体の人事院ホームページ「国家公務員試験 採用情報ナビ」に掲載されています。なお掲載期間に注意してください。国家公務員試験 採用情報ナビはこちら

今後の試験のスケジュール(国税専門官)

・1次試験日 令和4年6月5日(日)
・1次試験日合格発表日 令和4年6月28日(火)
・2次試験日 令和4年7月4日(月)から7月15日(金)のうち指定する日時
・最終合格発表日 令和4年8月16日(火)
・1次試験・2次試験の合格発表は人事院試験サイトで行います。
詳しいスケジュール⇒ 国税専門官試験(国税庁) 国税専門官試験(人事院)

モチベーションアップに!おすすめの動画「脱税を見逃さない!国税査察官の仕事」

・「脱税を見逃さない!国税査察官の仕事」。国税専門官は国税調査官・国税査察官・国税徴収官などに分かれますが、このうちの国税査察官に関する動画です。「査」から「マルサ」として映画・ドラマ等でも有名になりました。そんな国税調査官の仕事についてドラマを含めて詳細に動画で解説しています。国税庁の製作です。

まとめ

ここまで2022年6月5日(日)に実施される国税専門官試験の解答速報について見てきました。解答速報はもちろんのこと、成績分析サービスなどを利用して、より精度の高い情報を得るようにしましょう。

試験ガイド
試験ガイド

2次試験や併願に向けて頑張りましょう

タイトルとURLをコピーしました