インプット主義からアウトプット重視主義へ

行政書士試験対策の学習法として、①インプット主義 ②アウトプット主義 どちらを重視するか話題になることがあります。予備校の講師の中にはインプットを重視すべき、という方もいます。
しかし、
市販されているテキストは全ての分野を漏れなく扱っている(試験で記述がない項目が出題されると批判されるため)
どこが出題されるのか分からない
読むだけだと漫然として、分かった気で終わってしまう
などの弊害があります。LECの柴田講師や1000時間の学習で同じく司法試験に合格した福田大助氏など、難関資格に短期合格した方の共通点が問題集を中心としたアウトプット型の学習であったことに注目すべきです。
したがって、行政書士試験においてもアウトプット型の学習が最適と言えるでしょう。くれぐれも間違った学習法を採らないようにしたいものです。

(スポンサードリンク)

講師ブログ

行政書士講師ブログはこちら
LEC・TAC・伊藤塾・東京法経学院・フォーサイト・大原・資格スクエア・アガルートなど試験対策スクール講師のブログ新着記事まとめ。

解答速報

行政書士試験 解答速報はこちら

(スポンサードリンク)