インバスケット入門講座を受講してみた

NTT・Nアカデミーのインバスケット入門講座を受講してみた。これから受講を考えている方向けの参考記事、受講生による口コミや評判だと考えてもらうとうれしい。

このインバスケット入門講座とは、インバスケット研究所代表の鳥原隆志先生による動画解説の講座である。このインバスケットとは、「未処理箱」を意味する。つまり、箱=バスケット、その中に未処理案件が山積み=イン、というイメージを持つと分かりやすいだろう。

本講座では、限られた時間内で山積みの未処理案件の迅速かつ適切な処理を目指す。もっとも自分の知らない分野で突発的な事故もあったりして、処理はかなりの難しい。そのような状況下で、判断のプロセスを点検し改善することにより、今後の処理速度のアップが可能になるわけだ。このインバスケットは、もともとアメリカの将校が緊迫した場面で適切な判断ができるためのトレーニング方法であることを付け加えておきたい。

さて受講の様子を振り返りたい。まずインバスケットの概要を担当講師の鳥原隆志先生が解説する。インバスケットという未知の概念だったのでマスターできるか不安だったが、レジュメと分かりやすい動画による解説なので理解できた。

次に演習問題に入る。そもそもインバスケットは処理能力をアップさせることが目的なので、アウトプットトレーニングが重要部分であり、この演習問題がそれにあたる。

この演習問題がなかなか難しい。20分間で未処理案件が10件もやってくる。それも判断が適切だったかどうかを正確に判定するために、自分の基礎知識がない分野でトレーニングすることになる。なので不安・差し迫った期限など緊迫した状況で適切な判断を迫られる。


▲インバスケット入門講座の演習問題 (画像クリックで詳細へ)

そしていよいよ解答解説に入る。この解説講義では判断のプロセスについて反省する。インバスケット入門講座では至った結論よりも結論に至るまでの過程を重視する。そこで判断の「抜け」や「漏れ」を徹底的にチェックする。つまり極端な話、結論はどうでもよく正解もない。判断過程を検証し改善することで、処理能力のスピードアップや精度の向上を目指すわけである。

で私の場合だが、表面的な問題解決しかしていないことが判明した。その問題の背景にある原因を克服しない限り、また同じ失敗をする。これが私にとっての一番の収穫だろう。また緊急度と重要度から、仕事の優先順位決め取り掛かることで仕事の処理時間が短縮されるのであるが、具体的な判別方法が分かったことも大きい。これで以前よりも処理能力が上がったように感じる。

インバスケット入門講座は安くはない。しかし短縮できた時間を時給換算すれば、それ以上の収穫になった。何より以前よりも正確に精度が高い仕事ができる自信がついた。毎日仕事に追われている方にお勧めの講座と言えるだろう。
インバスケット入門講座の詳細はこちら

(インバスケット講座とは?鳥原隆志先生による動画解説)

(スポンサードリンク)