短期合格行政書士

行政書士

「出る順行政書士 試験に出る!公務員・司法試験の過去問200題はこれだ!」がお勧めの理由とは?

本試験で大きな配点を占める憲法(20問)・民法(100問)・行政法(80問)の合計200問を収録しています。この充分な問題数である200問を繰り返すことで得点力や考える力も養えるではないでしょうか。
行政書士

行政書士試験対策、コマ切れ時間の使い方

学習時間が足りない社会人の方は、細切れ時間やスキマ時間を有効活用する必要があります。その詳細について。
行政書士

【行政書士試験】得点が伸びない!自信を回復し得点力を上げる方法

行政書士試験の学習は進んでいますか?当初のやる気は続いていますか?もし、壁にぶつかっているようならば、ひとつの分野を徹底して学習してみましょう。
行政書士

【行政書士】憲法の統治分野を補完する法律

憲法の条文はとても少ないです。統治分野も当然少ない。なので、補完する法律を学習する必要があります。国会、内閣、裁判所、財政、地方自治を補完する法律として、それぞれ、国会法、内閣法、裁判所法、財政法、地方自治法があります。これらも学習する必要...
行政書士

【行政書士】問題集の選び方(過去問題集、実力問題集、予想問題集)

問題集には行政書士試験の過去数年分の問題を収録した過去問題集、実力補強を目指したパワーアップ系問題集、そして予想問題集(予想模試)があります。その選び方について。
行政書士

【行政書士】要点集の活用で知識の維持を

行政書士試験の不合格の理由で一番多いのが、この勉強時間が足りないと言うものです。単なるやる気がなくて勉強しないという受験生はほんのわずかで、多くの場合、仕事や家事で忙しく勉強する暇がないと言うのが本当のところでしょう。 しかしある程度...
行政書士

【行政書士】問題集を繰り返す+テキストの読み込みが重要

行政書士試験の合格を目指す上で重要なのが、問題演習です。条文知識はあっても実際に使いこなせる力がないといけません。それに必要なのが問題集を使った問題演習なのです。
タイトルとURLをコピーしました