加藤光大、難しい分野の学習法

社労士試験対策の学習をしていると、何度勉強しても理解できない難しい分野があるものです。そして学習時間も限られています。場合によっては切り捨てる勇気も必要でしょう。
しかしその捨てる分野が択一式なら傷も小さくて済みますが、選択式で出題される分野ならば大変です。そこで難しい分野の学習法について、フォーサイト社労士講座の実力派講師である加藤光大先生は自身の著書で次のように書いていらっしゃいます。

そういう場合は、選択式の対策だけをとればいいんです。どういうことかといえば、いわんとしていることはわからなくても、“キーワード”を覚えることはできます。
つまり、選択式で出題されたときに、その空欄を埋めることができるように、キーワードだけは押さえておくのです。そうすれば、選択式で出題されたとしても、まったく解答できないなんてことは起こりません。
ちなみに、択一式、選択式どちらも出題されそうにないものであれば、話は簡単です。バッサリと切り捨ててしまいましょう!
(加藤光大著、社労士6カ月ラクラク合格術 123ページより引用)

なるほど確かに重要キーワードだけ覚えておけば、0点になる心配はありません。もちろん理解しておくことが理想的ですが、どうしても分からない場合には加藤光大先生の学習方法がベストでしょう。
■ 関連動画
初学者でも分かりやすい講義が評判。フォーサイト社労士講座、加藤光大先生の講義サンプル動画。

加藤光大先生が動画で解説「学習開始の注意点」

労務・キャリア系の人気資格である社労士(社会保険労務士)。毎年多くの方が受験しますが、合格が難しい試験です。その理由として、「マスターすべき知識量が多い点」があります。
したがって合格を目指して学習を開始する受験生の方は、この点に注意してスタートする必要があります。そんな受験生の方におすすめなのが、フォーサイト社労士講座の実力派講師である加藤光大先生による動画解説です。

この動画は加藤光大先生が執筆する住宅新報社の「加藤光大の社労士合格レッスン2015」で収録されてもので、この動画で最初に全体像をつかむことの重要性を指摘されています。
社労士試験は多くの法令はもちろんのこと、通達や白書までフォローする必要があり、学習早期の段階ですべてマスターすると間違いなく挫折します。そこで最初に全体像をつかむことで、迷うことがないようにしましょう。
社労士試験は年々合格が難しくなっている印象を受けます。ぜひ加藤光大先生のアドバイスを参考にして、難関の社労士試験の合格を勝ち取って欲しいと思います。
■ 加藤光大先生による動画解説(社労士合格レッスンから)

加藤光大の社労士合格レッスン2015

加藤光大先生の社労士過去問題集

社労士試験に合格するには他の難関資格同様に過去問のマスターが効果的です。もっとも過去問の数は多いので、より多くの知識がマスターできる過去問を中心に学習する必要があります。
そこで受験生の方におすすめなのが、フォーサイト社労士講座の実力派講師である加藤光大先生による「社労士合格レッスン過去問題集」です。
この問題集は膨大な過去の本試験から実戦力を養成するのに役立つ良問を中心に作れています。したがって繰り返し学習することで難関の社労士試験の合格ライン突破に必要な実力が付くことでしょう。
そんな厳選した過去問に加藤光大先生の分かりやすい解説がされているので、現在スクールを利用している受験生の方はもちろんのこと、独学で社労士試験の合格を目指す受験生の方にもおすすめです。

■ 関連動画
フォーサイト社会保険労務士講座のサンプル講義から。加藤先生による解説が好評。

error: