加藤光大、難しい分野の学習法

社労士試験対策の学習をしていると、何度勉強しても理解できない難しい分野があるものです。そして学習時間も限られています。場合によっては切り捨てる勇気も必要でしょう。
しかしその捨てる分野が択一式なら傷も小さくて済みますが、選択式で出題される分野ならば大変です。そこで難しい分野の学習法について、フォーサイト社労士講座の実力派講師である加藤光大先生は自身の著書で次のように書いていらっしゃいます。加藤光大先生の詳細はこちら

そういう場合は、選択式の対策だけをとればいいんです。どういうことかといえば、いわんとしていることはわからなくても、“キーワード”を覚えることはできます。
つまり、選択式で出題されたときに、その空欄を埋めることができるように、キーワードだけは押さえておくのです。そうすれば、選択式で出題されたとしても、まったく解答できないなんてことは起こりません。
ちなみに、択一式、選択式どちらも出題されそうにないものであれば、話は簡単です。バッサリと切り捨ててしまいましょう!
(加藤光大著、社労士6カ月ラクラク合格術 123ページより引用)

なるほど確かに重要キーワードだけ覚えておけば、0点になる心配はありません。もちろん理解しておくことが理想的ですが、どうしても分からない場合には加藤光大先生の学習方法がベストでしょう。
■ 関連動画
初学者でも分かりやすい講義が評判。フォーサイト社労士講座、加藤光大先生の講義サンプル動画。フォーサイト社労士講座の詳細はこちら

(スポンサードリンク)

講師ブログ

社労士講師ブログはこちら
TAC・フォーサイト・大原・LEC・TAC独学道場など大手スクール講師のブログ新着記事。

解答速報

社労士解答速報はこちら

(スポンサードリンク)