【行政書士】長い問題文で不合格にならないために

ここ数年の行政書士書士試験の特徴として問題自体の難化がありますが、それに加えて問題文が長くなっていることが挙げられます。一般知識の文章問題は言うまでもなく、憲法の出題においても長い文章が登場するケースもあります。

そして受験生の方の中には問題文を読むだけで時間がかかってしまい、結果的に行政書士試験に不合格になってしまう方もいらっしゃいます。

この長文対策ですが、法令科目についは徹底した問題演習である程度の対応が可能でしょう。なぜならば、その科目特有のキーワードや専門用語があるからです。逆にこれらの単語を見てもイメージが湧かないのであれば、演習量・学習量が少ないと言えるでしょう。

次に一般知識においての長文対策です。これは演習を通しての解法パターンの習得が先決です。LEC東京リーガルマインド行政書士講座など大手スクールでは、一般知識対策の講座を用意しています。まずはこのような講座を利用して、解き方のマスターが重要です。

さらに取り組んでおきたいのが速読の練習です。速読を身につけるには必ずしも速読スクールに通う必要はなく、自分で速読の技術を身につけられるよう書籍やパソコンソフトそしてゲームソフトまで登場しています。

速読の技術を身につけておくと、行政書士試験対策だけではなく毎日の学習やビジネス、もちろん行政書士試験合格後に独立開業する際にも役に立ちます。実務家になったら大量の資料を限られた時間で処理する必要があるからです。ぜひ速読のスキルを身につけましょう。

(スポンサードリンク)

講師ブログ

行政書士講師ブログはこちら
LEC・TAC・伊藤塾・東京法経学院・フォーサイト・大原・資格スクエア・アガルートなど試験対策スクール講師のブログ新着記事まとめ。

解答速報

行政書士試験 解答速報はこちら

(スポンサードリンク)