第66回(2016年実施)税理士試験解答速報、無料成績診断・講評動画とボーダーライン予想まとめ

2016年(平成28年)8月9日(火)、10日(水)、11日(木)に実施される第66回税理士試験の解答速報です。試験対策スクールにより解答速報の公開の他、解答速報会(本試験分析会)や個別相談会なども実施します。受験生の方はぜひ御利用ください。

LEC東京リーガルマインド

LEC東京リーガルマインド税理士講座では、試験日当日の2015年8月9日(火)から順次、会計科目と税法科目の解答速報を公開します。LEC解答速報はこちら

また希望者の方には、2016年度(第66回)税理士本試験の「簿記論」「財務諸表論」「消費税法」「法人税法」「相続税法」「所得税法」の模範解答・解説冊子を無料で送付します。解説冊子の発送は2016年10月中旬を予定。なお発送は2016年10月中旬を予定しています。詳細についてはLEC税理士講座の「解答・解説冊子プレゼント」ページをご覧ください。

解答速報の公開スケジュール
(1)簿記論 … 試験当日より順次公開
(2)財務諸表論  〃
(3)消費税法  〃
(4)法人税法  〃
(5)相続税法  〃
(6)所得税法  〃

解答解説動画
LEC税理士講座では今年度もLEC講師陣による解説動画を公開する予定です。対象科目は、「簿記論」「財務諸表論」「消費税法」「法人税法」「相続税法」「所得税法」の6科目です。解答解説動画はこちら(LEC解答速報ページ)

「当日 解答速報会」は8月9日(火)の実施!簿記論・財務諸表論の解説
会計学の「簿記論」「財務諸表論」の解答速報会を試験日当日の8月9日(火)に実施します。解説講義の担当は並木秀明LEC講師。新宿エルタワー本校でのライブ講義の他、全国のLEC主要校舎での同時中継が予定されています(参加無料・予約不要)。イベントの詳細はLEC解答速報ページ「当日 解答速報会」で御確認ください。

税理士試験 徹底検証会
2016年8月13日(土)に「LEC税理士試験 徹底検証会」が実施されます。これは会計科目(簿記論・財務諸表論)と税法科目(消費税法・相続税法・法人税法)の5科目について、LEC講師陣が出題項目の分析・難易度・合否を分けたポイントなどを解説するものです。合格ラインの予想に参考になる解説もあるかもしれません。

この「徹底検証会」は、LEC新宿エルタワー本校で実施されます。上の解答速報会と同様に、参加無料・予約不要となっています。また全国の一部校舎での同時中継も予定されています。「LEC税理士試験 徹底検証会」の詳細はこちら

TAC税理士講座

資格の学校TAC・税理士講座では全11科目の解答速報をPDFファイルで公開します。また希望者の方には「TAC講師陣の詳しい解説入り模範解答集」の無料送付サービスも実施しています。TAC解答速報はこちら

解答速報の公開スケジュール(予定)
(1)簿記論・財務諸表論・酒税法・消費税法 … 2016年8月12日(金)10:00~
(2)法人税法・所得税法・相続税法 … 8月12日(金)12:00~
(3)固定資産税・事業税 … 8月12日(金)20:00~
(4)住民税・国税徴収法 … 8月12日(金)22:00~

【動画】「第66回税理士試験 解答解説会」
TAC税理士講座では、2016年8月14日(日)10:00からTACサイト(TAC動画チャンネル)にて「第66回税理士試験 解答解説会」の動画配信を実施する予定です。今回の試験の難易度・ボーダーライン予想などを行いたい受験生の方にお勧めのコンテンツです。TAC講師陣の解説をぜひ参考にして、今後の分析に役立てて頂きたいと思います。TAC動画チャンネルはこちら

※第66回税理士本試験解答解説会の解説科目と担当講師一覧
簿記論 安部洋平先生
財務諸表論 的場宏大先生
法人税法 林広隆先生
所得税 信澤奈津美先生
相続税法 筏井昌春先生
酒税法 渡辺一人先生
消費税 塚田明人先生
固定資産税 松葉貴先生
事業税 村上満秀先生
住民税 山崎博敏先生
国税徴収法 石川一臣先生

TAC税理士試験、解答解説会2016
▲TAC講師が解説する「第66回税理士試験 解答解説会」(画像は動画の無料配信を行うTAC動画チャンネルから。なお人物画像は加工しています)。

「TAC解答速報会&個別相談会」、予想合格ラインの発表も。
資格の学校TACを始め大手スクールを中心に解答速報の公開がされます。その一方で合格ライン(ボーダーライン)の予想を知りたい受験生の方も多いはず。そんな受験生の方にお勧めなのがTAC税理士講座の「TAC解答速報会」です。

この解答速報会は第66回税理士試験が実施された週末にあたる2016年8月13日(土)に開催されます。この解説イベントでは、TAC講師陣が今年の本試験を分析し、合格ラインの公表も予定されています。試験直後で不安に感じている受験生の方もいらっしゃると思いますが、ぜひ2016年度税理士試験のフィードバックに、そして不安解消に専門家の分析を参考にされてみてはいかがでしょうか。

そして本試験分析会の終了後には、個別学習相談会も実施されます。「次の科目の学習に進んでいいか」「次はどの科目を勉強すべきか」と言った質問から、ボーダーライン付近の方は今後の学習方法などTAC講師に相談してみるのもお勧めです。

なお「TAC解答速報会&個別相談会」の実施校舎、個別学習相談会の対象科目、相談にあたる担当講師など、詳細な実施要項については、TAC税理士サイトで御確認ください。

第66回税理士試験 TAC解答速報会&個別相談会 | 資格の学校TAC[タック]
スタートが肝心!試験結果を見極め、2017年試験の戦略を立てよう!

TAC講師陣が本試験問題を徹底分析!合格ラインをお伝えします。解答解説会終了後には「個別学習相談会」も実施しますので、自己採点後、次年度にどの科目の学習をしたらよいかなどを講師に直接相談ができます!

引用:TAC
http://www.tac-school.co.jp/kouza_zeiri/zeiri_kobetu.html

TAC解答解説会&個別相談会
▲TAC講師陣がズバリ、各科目の予想合格ラインを発表。「TAC解答速報会&個別相談会(画像は公式サイトから)」。

このほかTAC税理士講座では「実務家セミナー」「リクルートセミナー」「会計科目攻略セミナー」「税法科目攻略セミナー」「ミニ税法科目攻略セミナー」など各種イベントも実施する予定です。猛暑の中での学習は効率も下がりそうですが、このような受験生向けイベントを有効活用して、モチベーションアップにぜひ役立てて頂きたいと思います。なおイベントの実施日時・実施校舎など詳細については、「TAC税理士講座 夏の無料公開セミナー」ページをご参照ください。

資格の大原

資格の大原・税理士講座では全11科目の解答速報を公開します。そして資格の大原の独自分析に基づいた合格ライン予想である「合格ラインの読み」も同時に発表します。

また希望者の方には、全11科目の問題及び解答解説と合格ラインの読みが掲載された冊子「税理士試験 問題・解答集(全科目版)」を郵送します(発送は平成28年8月22日以降順次)。さらに税理士全11科目の問題および解答解説がネット上で閲覧できるサービスも(公開は平成28年8月25日から平成29年6月30日まで)。詳細については、資格の大原・解答速報ページで御確認ください。

解答速報と「合格ラインの読み」の公開時間(予定)
簿記論 8月11日(木)17:00
財務諸表論 8月11日(木)17:00
所得税法 8月12日(金)17:00
法人税法 8月12日(金)14:00
相続税法 8月12日(金)14:00
消費税法 8月12日(木)17:00
酒税法 8月12日(木)17:00
国税徴収法 8月12日(金)17:00
住民税 8月13日(土)10:00
事業税 8月13日(土)10:00
固定資産税 8月12日(金)17:00

本試験採点・分析サービス(無料成績診断)
各科目の難易度やご自分の全体での評価を知るのに役立つのが無料成績診断サービスです。そして資格の大原・税理士講座が全国規模で実施する無料成績診断サービスが「本試験採点・分析サービス」です。

この「本試験採点・分析サービス」ではエントリーされた方の得点分布表など各種データが提供されるため、今後の試験対策に役立つでしょう。また問題別の正答率や難易度も分かるので、合格に向けて無駄のない学習が可能だと思います。大原「本試験採点・分析サービス」の詳細はこちら

本試験採点・分析サービス
全国データに基づく合格情報がいち早くキャッチできる!
自己採点結果を入力画面に入力いただくだけで、すぐ「予想得点」がご覧いただけます。さらに、全国集計後(8/26(金)17:00)「全国データに基づく最新合格ラインの読み」「得点分布表」「正答率・難易度表」が公開される特別なアドレスが送られます!これにより、すぐに次へのステップがしっかり踏み出せます! ぜひご利用ください!
(各科目のサービス開始は解答速報公開開始のタイミングとなります。)
(中略)
1 登録後スグ 「予想得点」 がその場でわかる!
2 全国集計後(8/26(金)17:00提供予定)
「全国データに基づく最新合格ラインの読み」 「得点分布表」 「正答率・難易度表」をご提供いたします。

引用:資格の大原・税理士講座
http://www.o-hara.ac.jp/best/zeirishi/sokuhou/

大原本試験分析サービス
▲合格ライン予想に!得点分布表や難易度など各種データが無料で提供される「本試験採点・分析サービス」(画像は大原・解答速報ページから)。

解答解説会動画
大原税理士講座では全11科目の解答速報の公開、無料成績診断サービスの提供に加え、2016年8月14日(日)10:00から、第66回税理士試験の全11科目の解答解説会の動画を公開する予定です。

「本試験採点・分析サービス」のエントリー開始が8月11日(木)から順次の予定ですので、分析サービスのデータも一部考慮した上での解説と思われます。ぜひ2016年度税理士試験の分析に視聴されると良いでしょう。この解答解説会の詳細については、大原・解答速報ページで御確認ください。

クレアール

クレアール税理士講座では、解答速報の公開およびクレアール講師陣による解答解説動画の公開を予定しています。クレアール解答速報はこちら

公開スケジュール(予定)
(1)解答速報 8月15日(金)15:00より
(2)解答解説動画  〃

なおクレアール税理士講座では、「2016年税理士試験 解答解説会DVD、模範解答冊子プレゼント」も実施する予定です。なお発送時期は2016年8月25日(木)以降を予定しています。申し込み方法ですが、解答速報ページにある専用フォームから入力してください。

クレアール税理士試験、解答速報2016
▲解答速報・解説動画の公開の他、模範解答冊子プレゼントも実施するクレアール税理士講座(画像は公式サイトのキャプチャ)

ネットスクール

ネットスクール税理士講座では解答速報の公開に加え、講評動画の公開、そして解答速報会も開催します。なお解答速報会はライブ参加が可能であり、チャット機能も用意されています。ネットスクール解答速報はこちら

解答速報の公開時間
簿記論 8月9日(火)16:00頃より順次公開予定
財務諸表論 8月9日(火)19:00頃より順次公開予定
法人税法 8月12日(金)17:00頃より順次公開予定
相続税法 8月10日(水)19:00頃より順次公開予定
消費税法 8月10日(水)14:00頃より順次公開予定

講評動画の公開時間
簿記論 8月9日(火)18:00~ Live配信
財務諸表論 8月9日(火)18:30~ Live配信
法人税法 8月12日(金)20:00~ Live配信
相続税法 8月10日(水)19:30~ Live配信
消費税法 8月10日(水)19:00~ Live配信

解答速報会の実施時間
簿記論 8月11日(木)20:00~生配信
財務諸表論 8月11日(木)21:30~生配信
法人税法 8月13日(土)14:00~生配信
相続税法 8月12日(金)20:00~生配信
消費税法 8月12日(金)21:30~生配信

ネットスクール税理士試験、解答速報2016
▲解答速報・講評動画の公開、さらに解答速報会の実施と充実したコンテンツのネットスクール(画像は公式サイトのキャプチャ)

東京CPA会計学院

東京CPA会計学院では解答速報および解説に加え、東京CPA会計学院・CPA税理士ゼミナールの講師陣が予想した合格ボーダーライン(講評)も公開します。受験生の方の一番の関心事は各科目のボーダーラインだと思いますが、指導経験豊富な東京CPA会計学院の予想を参考にしてみてはいかがでしょうか。東京CPA会計学院、解答速報はこちら

解答速報と解説・講評(予想合格ボーダーライン含む)の公開スケジュール
(1)簿記論 … 8月12日午後5時の公開を予定。
(2)財務諸表論 … 〃
(3)消費税法 … 〃
(4)法人税法 … 〃
(5)所得税法 … 〃
(6)相続税法 … 〃

東京CPA学院、税理士試験解答速報2016
▲第66回税理士試験の解答速報に加え、予想合格ボーダーライン(講評)も公開する東京CPA会計学院(画像は公式サイトから)。

動画解説

動画解説(速報版)はTAC税理士講座、LEC東京リーガルマインド税理士講座、ネットスクール、クレアールなどで予定されています。

TAC税理士講座

2016年8月14日(日)10:00からTAC動画チャンネルで、前日に実施された分析会イベント「第66回税理士試験 解答解説会」の動画を公開する予定です。なお視聴は無料ですが、視聴期間が設定されているのでご注意ください(視聴は2016年10月31日まで)。TAC動画チャンネルはこちら

LEC税理士講座

【簿記論】「第66回 税理士本試験 簿記論 解答解説」

【財務諸表論】「第66回 税理士本試験 財務諸表論 解答解説」

【消費税法】「第66回 税理士本試験 消費税法 徹底検証会」

【法人税法】「第66回 税理士本試験 法人税法 徹底検証会」

【相続税法】「第66回 税理士本試験 相続税法 徹底検証会」

【所得税法】「第66回 税理士本試験 所得税法 徹底検証会」

クレアール税理士講座

【簿記論】「2016年税理士試験解答解説 簿記論」

【財務諸表論】「2016年税理士試験解答解説 財務諸表論」

【相続税法】「2016年税理士試験解答解説 相続税法」

【消費税法】「2016年税理士試験解答解説 消費税法」

【法人税法】「2016年税理士試験解答解説 法人税法」

ネットスクール税理士講座

【簿記論】「【平成28年度(第66回)税理士試験・簿記論】今年度の試験の講評」

【財務諸表論】「【平成28年度(第66回)税理士試験・財務諸表論】今年度の試験の講評」

【消費税法】「【平成28年度(第66回)税理士試験・消費税法】今年度の試験の講評」

【相続税法】「【平成28年度(第66回)税理士試験・相続税法】今年度の試験の講評」

【法人税法】「【平成28年度(第66回)税理士試験・法人税法】今年度の試験の講評」

ネット上の声

(1) 簿記論

「仕訳多すぎワロタ」
「まさかの後入先出法に焦るw」
「ボーダー65-70とみた」
「第3問 空白の奴ら多くてワロタわ
という俺も第1問の問1を最後に回すという…
あばばぼ」

引用:2ちゃんねる「税理士試験 簿記論 Part.164」
http://tamae.2ch.net/test/read.cgi/exam/1469110163/
「税理士試験 簿記論 Part.165 」
http://tamae.2ch.net/test/read.cgi/exam/1470709815/

【参照】大原税理士講座による講評

今年の本試験は、第一問と第二問は個別形式の問題で、特に第二問はボリュームが非常に多く、時間配分が難しい問題でした。また、第三問については非常に難易度が高く、正答まで導ける箇所が多くはないため、難易度の高くない箇所でミスなく解答することがポイントでした。

引用:資格の大原
http://www.o-hara.ac.jp/best/zeirishi/sokuhou/pdf_k/boki.pdf

(2)財務諸表論

「なんだあの理論 自分含めて白紙がめだったぞ」
「負ののれんが出るとわw」
「あれで計算易化は嘘だわ」
「去年簿記論Aで落ちた奴の気持ちがわかった」

引用:2ちゃんねる「税理士試験 財務諸表論Part69」
http://tamae.2ch.net/test/read.cgi/exam/1469471085

【参照】大原税理士講座による講評

今年の本試験は、理論については、第一問では得点すべきところで確実に解答できれば高得点が望める問題でしたが、第二問については出題論点、問われ方等非常に解答が困難なものでした。計算は直近2年の難易度の高かった問題に比べ、難易度・ボリュームともに平易な問題となっていたため比較的高得点が必要になるものと思われます。

引用:資格の大原
http://www.o-hara.ac.jp/best/zeirishi/sokuhou/pdf_k/boki.pdf

(3)消費税法

「まさかの全額控除だった」
「全額になってフリーズしてしまった」
「計算難化だよな?」
「今年は理40+計30=70±5ぐらいがボーダーかな?」

引用:2ちゃんねる「税理士試験 消費税法81」
http://tamae.2ch.net/test/read.cgi/exam/1470193263/

【参照】大原税理士講座による講評

今年度の理論は、問1については、相続があった場合の納税義務の免除の特例に関する個別問題及び役務の提供の国内取引の判定に関する個別問題、問2については、各取引の取扱い及び理由を述べる事例問題が出題されました。
計算については、仕入税額控除の原則計算による計算が出題されました。

引用:資格の大原
http://www.o-hara.ac.jp/best/zeirishi/sokuhou/pdf_k/shouhi.pdf

(4)酒税法

「計算→量が多かったのかな?結構時間をくった
控除でミスったけど、全体的な難易度は並ってところだも思う
理論→未納税引取+未納税移出少々
ほぼベタ書きで問題なし
あくまで個人的な感想なので悪しからず」
「果実酒、清酒、ビール、ウイスキー、甘味果実酒、発泡酒、雑酒、スピリッツ
間違ってたら来年頑張ります」

引用:2ちゃんねる「税理士試験 酒税法スレ4」
http://tamae.2ch.net/test/read.cgi/exam/1444710873/

【参照】大原税理士講座による講評

総合的なラインを予想すると、合格確実ラインは、第一問は酒税法施行令(申請書の提出)の解答がしづらかった点を除き、趣旨及び根拠規定の書き損じは許されない出題内容であったことから 27点、第二問は難解な出題論点はなく、解答ボリュームが少なかったことから、
(以下、省略)

引用:資格の大原
http://www.o-hara.ac.jp/best/zeirishi/sokuhou/pdf_k/shuzei.pdf

(5)法人税法

「計算過程欄が狭すぎ」
「無駄にデカい減価償却認容欄」
「なにこれ」
「ボーダー何点ぐらいだろ?」

引用:2ちゃんねる「税理士試験 法人税法 90」
http://tamae.2ch.net/test/read.cgi/exam/1469772793/

【参照】大原税理士講座による講評

今年の本試験は、理論・計算のボリュームは共に少なく、個々の解答の判断において、比較的時間を要する問題でした。理論については、解釈問題のみの出題となり、判断が容易ではない問題が出題されました。別段規定に関する問いの出題はありませんでした。計算については、昨年と同様の出題形式となりました。個々の内容は平易な項目が多く出題されていましたが、資料の読み取りが困難な箇所も見受けられました。

引用:資格の大原
http://www.o-hara.ac.jp/best/zeirishi/sokuhou/pdf_k/houjin.pdf

(6)相続税法

「納税地は没問であってくれ」
「易化だね。ボーダー80は割らないと思う」
「税額控除真っ白だし来年も頑張るわ」
「みんな結構ミスってるんやな
簡単な問題だったといえ、模試の時みたいに解くなんて無理だよなぁ」

引用:2ちゃんねる「税理士試験 相続税法Part28」
http://tamae.2ch.net/test/read.cgi/exam/1470304974/

【参照】大原税理士講座による講評

理論については2問体制の出題で、1問目が基本的な個別理論、2問目が事例形式により申告手続の取扱いを問う問題で、ボリュームは多い問題でした。
計算については、財産評価のうち宅地・取引相場のない株式に関して、例年に比べて比較的解答しやすい項目が出題されました。ただし、
(以下、省略)

引用:資格の大原
http://www.o-hara.ac.jp/best/zeirishi/sokuhou/pdf_k/souzoku.pdf

(7)所得税法

「ハイスコアゲームに持ち込まれた」
「計算は簡単すぎて差がつかないし 理論勝負だな」
「株主優待券は雑で間違いないと思うけど、通達で雑だという根拠が分からないよな」
「ボーダーと確実点の差が広くて12月で悩むことになるな」

引用:2ちゃんねる「税理士試験 所得税法Part20」
http://tamae.2ch.net/test/read.cgi/exam/1458934471/

【参照】大原税理士講座による講評

理論問題は、ボリュームの多い問題でしたが、全体的な難易度は高くない問題であり、多くの受験生が解答範囲を迷うことなく解答できたと思います。従いまして、正確な記述が求められる問題であったと考えられます。
計算問題は、総合問題 2 題の出題であり、全体的な難易度は例年と比較して低い問題でした。ボリュームも少ない問題であったことからも、ミスすることなく得点できたかどうかが重要なポイントです。
全体としては、例年に比べ難易度が低い問題であり、高得点の勝負になると考えられます。

引用:資格の大原
http://www.o-hara.ac.jp/best/zeirishi/sokuhou/pdf_k/shotoku.pdf

(8)固定資産税

「皆計算終わるの早いね。」
「計算ミスったらもう合格無理だから怖すぎて自己採できない」
「計算満点、理論勝負か?」

引用:2ちゃんねる「絶対<税理士試験・固定資産税>満点」
http://tamae.2ch.net/test/read.cgi/exam/1343798780/

【参照】大原税理士講座による講評

〔第二問〕については、基本的な項目からの出題であったため、正確に解答することが可能であったと思われます。
〔第一問〕については、問1、2共に用語指定形式での出題でした。本形式での出題は平成20年度本試験以来です。また、一部、解答要求事項の読み取りが難しい部分がありましたので、何を解答すべきか悩まれた方が多かったものと思われます。

引用:資格の大原
http://www.o-hara.ac.jp/best/zeirishi/sokuhou/pdf_k/kotei.pdf

(9)国税徴収法

「これはボーダーめちゃくちゃ高いだろ」
「満点勝負だな
こりゃ12月までわからんわ」
「あんなに配当計算やったのに、ほぼ無意味(笑)」

引用:2ちゃんねる「税理士試験 国税徴収法Part7」
http://tamae.2ch.net/test/read.cgi/exam/1450870030/

【参照】大原税理士講座による講評

本年度の試験は、〔第一問〕50点、〔第二問〕50点の配点でした。
例年の本試験同様に解答時間に余裕はありました。第一問、第二問ともに一部解答しずらい内容もありましたが、全体的な難易度は低く、高得点が見込まれると思われます。

引用:資格の大原
http://www.o-hara.ac.jp/best/zeirishi/sokuhou/pdf_k/koku.pdf

(10)住民税

「それにしても時間が全然足らんわ」
「計算で90分かかるよね」
「理論もめっちゃ時間かかるやん。
利子割と配当割と所得割ってなめてんのか。」
「なんなんだこの計算のボリュームは!
解きなおしてみたら、全部回答するのに80分かかったぞ!
あちこちに引っ掛けがあるし。 」

引用:2ちゃんねる「税理士試験 住民税Part5」
http://tamae.2ch.net/test/read.cgi/exam/1441105924/

(11)事業税

「経過措置の調整があるからボリュームヤバかったよ。
あと軽減適用の収入割と所得割も最終値出すの時間かかるし。。」
「理論はかなり書けたけど、計算は長すぎた。去年より絶対多いだろ?」
「去年は加算金書けたかどうかで合否確定的な感じだったけど、今年は計算勝負かもね。計算間違ってたらヤバそう。」

引用:2ちゃんねる「税理士試験 事業税 2」
http://tamae.2ch.net/test/read.cgi/exam/1343905763/

合格発表日など第66回税理士試験の実施スケジュール

・試験日 平成28年8月9日(火)、8月10日(水)、8月11日(木)の3日間※
※8月9日(火)の実施科目は、「簿記論」「財務諸表論」「消費税法又は酒税法」、
8月10日(水)の実施科目は、「法人税法」「相続税法」「所得税法」、
8月9日(火)の実施科目は、「固定資産税」「国税徴収法」「住民税又は事業税」となっています。

・合格発表日 平成28年12月16日(金)
・各科目の合格基準点 各科目とも満点の60%です。会計科目2科目および税法科目3科目の合計5科目の合格で合格者となります。
このほか試験地・受験料・試験概要など第66回本試験の詳細については、試験を実施する国税庁ホームページで御確認ください。

奨学生試験

2016年度税理士試験の最初の週末にあたる2016年8月13日(土)に、LEC税理士講座で奨学生試験が実施されます。なお同日、校舎により個別相談会&生ガイダンスも行われます。

①奨学生試験 8月13日(土)
2017年度の税理士試験に向けて、前向きに挑戦を続ける受験生の皆様のために奨学生試験を実施します。成績優秀な方には、2017年税理士コースが最大80%割引となります。≪参加無料・予約不要≫
引用:LEC税理士講座
http://www.lec-jp.com/zeirishi/info/juken/

【クレアール】税理士講座基礎期2科目を無料で10日間見放題

クレアール税理士講座では、指定する5科目のうち2科目を10日間講義が見放題のサービスを実施しています(見放題申込期限は2016年9月20日)。

指定する5科目は「簿財アドバンス(基礎Ⅰ期)」「簿記論(基礎Ⅰ期)」「財務諸表論(基礎Ⅰ期)」「消費税法(基礎期)」「法人税法(基礎期)」「相続税法(基礎期)」で、Web動画・音声ダウンロード・テキストと問題集おおよび講義資料PDFまで用意されています(なお簿財アドバンスは2科目分扱いとしてカウントします)。

クレアールのWeb通信講座はモバイル学習が可能で、「早見再生」「音声ダウンロード」などの各種機能が用意されています。そのようなクレアールの講義を体験してみたい受験生の方にお勧めです。クレアール「税理士講座基礎期2科目を無料で10日間見放題」はこちら
クレアール税理士試験、お試し10日間
▲クレアールサイトから(画像は公式サイトのキャプチャ、なお人物画像は加工しています)

お勧めの試験対策講座・スクール

一般企業の経理部門や税理士法人への就職が有利な税理士。もちろん難関国家資格であるため独立開業も夢ではありません。

税理士の特長はその専門性の高さ。ファイナンシャルプランナーの資格をお持ちの方ならばお分かりになるに、タックスプランニング(税法)はFPの試験科目であるものの、個別具体的な税額の計算(税務相談)は税理士法違反に当ります(税理士法2条違反)。このように税理士は専門性の高い士業と言えます。

そして税理士の資格を取得した後も、ファイナンシャルプランナーや社会保険労務士(社労士)、行政書士などダブルライセンスの取得を目指す方も少なくありません。これはダブルライセンスによるワンストップサービス(業務拡大)が期待できるからです。また他士業とのタイアップによるビジネスチャンスにつながるケースもあるでしょう。

そんな税理士ですが、試験科目の多さや難易度から最終合格まで数年かかるケースも少なくありません。しかし大手スクールを中心に合理的なカリキュラムや分かりやすい講義やテキストを用意しているスクールもあります。そこで難関の税理士試験の合格を目指す受験生の方にお勧めのスクールを紹介したいと思います。

(1)TAC税理士講座
講師力に自信があるTAC税理士講座。合格だけを考えた講義に定評があります。また試験傾向を徹底して分析したオリジナル教材や短期合格に向けた合理的カリキュラムも特長のひとつです。また本試験の的中実績も。TAC税理士講座の詳細はこちら

なお余談ですが、TACの前身は東京アカウンティングセンターという公認会計士試験の受験指導校でした。この頭文字を取ってTAC(タック)になりました。このようにTACは日商簿記を始め会計系資格と深いつながりがあります。

(2)LEC東京リーガルマインド
税理士試験の必須科目である簿記論・財務諸表論を同時に講義することにより、短期合格を目指すLEC税理士講座。簿記論・財務諸表論の同時合格を目指す「横断学習」のオリジナル教材テキストも好評。渡辺克己先生や並木秀明先生など、実力派講師陣が自慢です。LEC税理士講座の詳細はこちら

なお東京リーガルマインドでは、「早得」「タイムセール」「Web奨学生試験」「資格別 お得な割引eクーポン」などの各種キャンペーンを実施しています(実施時期によりキャンペーンの内容は異なる)。このようなキャンペーンにより受験生の方が受講しやすいのもLECの特長です。

(3)税理士通勤講座
「世界一 学びやすく、わかりやすく、続けやすい」をモットーに開発された通勤講座。税理士試験は学習する内容が多く挫折する方も少なくありませんが、どこでも学習できる学習システムを導入しているため、無理なく続けられるのでないでしょうか。

1回のビデオ講義は30分程度と、講座名にもあるように「通勤時間中」でも学習することが可能です。またインプット講義のみならずアウトプットのトレーニングもスマホで手軽にできるようになっています。また通信講座に特化しており校舎が必要ないため、受講料も比較的良心的なのも特長です。税理士通勤講座の詳細はこちら

(4)ネットスクール
税理士・日商簿記・ファイナンシャルプランナーなど会計系科目の受験指導を行うネットスクール。ネットスクールのWeb講座では他のスクールと異なり、授業中にチャット機能で質問できるなど、リアルタイムの講義が特長です。もちろん質問サポートも万全です。

またネットスクールでは会計科目(簿記論および財務諸表論)、税法科目(消費税法・法人税法・相続税法ななど)の試験対策テキストや問題集も数多く発行しています。もちろん最新の税法に対応しています。ネットスクールはこちら

(5)資格の大原
トータル指導と「熱意あふれる講義」が自慢の大原・税理士講座。研究を重ねたオリジナル教材と一発合格カリキュラムで一発合格も夢ではありません。また振替出席制度や無料音声DL(ダウンロード)補講など充実した学習環境と学習サポートも特長です。資格の大原、税理士講座はこちら

また大原税理士講座では体験講義の配信や、各種キャンペーンも実施しています。大原での受講を考えている方は、このようなイベントの利用もお勧めです。

(6)クレアール
合格に必要な部分だけを徹底的に学習する「非常識合格法」。分かりやすいと好評な映像講義であるVラーニングシステムと、税理士試験の短期合格を目指す受験生に好評なクレアール税理士講座。簿記論と財務諸表論を同時学習により学習時間を短縮する「簿財務アドバンス」など学習システムに自信があります。クレアール税理士講座はこちら

またクレアール税理士講座では、「税理士おすすめコース早期割引」など期間限定の割引キャンペーンを実施していることがあります。クレアールでの学習を希望される受験生の方は、このような割引キャンペーンも確認されると良いと思います。

(7)大栄の税理士講座
税理士試験の合格を目指すならばテキストを何度も繰り返すことが大切です。そこで大栄・税理士講座では長年のノウハウが詰まった分かりやすいテキストを使用しています。特に基礎知識がゼロの初学者の方にお勧めです。大栄・税理士講座はこちら

そして税理士試験の受験生の方の多くは学習時間に制約がある社会人の方だと思います。そんな忙しい方でも学習が継続できるよう、「自由出席制」「重複受講制度」「自習室開放」「科目変更制度」「定期カウンセリング」などの各種サポートシステムを用意しています。これならば安心して試験対策の学習に取り組むことができるのではないでしょうか。

まとめ

ここまで第66回(2016年度)税理士試験の解答速報・無料成績診断サービス・解答速報会を始めとした各種分析イベント・や講評動画など本試験関連コンテンツやお勧めの試験対策スクールなどについてご案内してきました。

税理士試験は難関試験で合格まで数年かかるケースも少なくありません。しかし会計系の上位資格であり、税務に関するスペシャリストでもあります。したがって社会的な地位と収入が得られる職業でもあります。税理士試験は猛暑の中での実施となりますが、ぜひ最終合格に向けて頑張って頂きたいと思います。

(スポンサードリンク)