中小企業診断士1次試験解答速報、無料成績診断・講評・動画解説・模範解答および配点など

平成28年(2016年)8月5日(土)・6日(日)に実施された中小企業診断士1次試験の解答速報です。各スクールでは解答速報の公開の他、無料成績診断サービスや本試験分析会の実施などのサービスを行っています。受験生の方はぜひ御利用ください。

LEC東京リーガルマインド

LEC中小企業診断士講座では、試験日当日に「経済学・経済政策」および「財務・会計」の解答速報を公開します。またその他の科目の講評については、8月8日(月)以降順次、公開する予定です。LEC解答速報はこちら

※ LECの無料成績診断サービス「1次試験解答リサーチ」
LEC中小企業診断士講座では今年も無料成績診断サービス「1次試験解答リサーチ」を実施します。これは受験生の方が解答結果をネット画面から入力すると、参加者の「全体の平均点」「得点分布」「設問別正答率」などが分かります。また参加特典として平成28年度1次試験解答解説集が進呈されます。なお入力期間は8月6日(土)から8月21日(日)となっています。LEC「1次試験解答リサーチ」はこちら

このほかLEC中小企業診断士講座では「【Web限定】1次試験総評動画」の公開も。2016年度1次試験をLEC講師陣が分析・検討します。来年の全科目合格に向けてスタートを切る受験生の方はもちろんのこと、科目合格者の方にもお勧めです。

TAC

資格のTACでは、8月7日(日)16時から解答速報を公開する予定です(「経済学・経済政策」および「財務・会計」)。また希望者の方には全7科目の模範解答集(TAC講師陣による詳細な解説付き)をプレゼントします。なお模範解答集の送付は9月30日(金)以降を予定しています。TAC解答速報はこちら

TACの無料成績診断サービス「TACデータリサーチ」
資格の学校TAC・中小企業診断士講座が全国規模で実施するのが「2016年度第一次試験 即時採点・合否判定 TACデータリサーチ」です。このTACデータリサーチは科目別平均点・正答率・順位等が分かる無料成績診断サービスです。試験終了後にはネット上の掲示板など信頼度の低い情報も出回りますが、大手スクールによる成績診断サービスを利用して、1次試験の合否判定の参考にされると良いでしょう。TACデータリサーチの詳細はこちら(解答速報ページ)

「TACデータリサーチ」実施! 参加無料・即時採点!
Web上で解答を入力(選択)するだけで、即時採点・合否判定が可能なTAC独自で開発したシステムです。
締め切り後は、全国から入力されたデータを集計・分析し、科目別平均点・正答率・順位等をフィードバックします。

【実施期間】 8/8(月)18:00 ~ 8/15(月)12:00
【最終結果発表】8/16(火)12:00 ~ 9/30(金)24:00

引用:TAC
http://www.tac-school.co.jp/sokuhou/chusho/index1.html

▲解答速報の公開およびTACデータリサーチを実施するTAC中小企業診断士講座(画像は公式サイトのキャプチャから)

TAC本試験分析会動画
速報版と言える「1次本試験分析会」の動画をTAC動画チャンネルで公開される予定です(2016年8月10日水曜日19:00から2016年10月23日までの期間限定公開)。今回の試験の難易度などを知るのに最適でしょう。さらに細かい分析等は今後のイベントを利用して頂きたいと思います。TAC動画チャンネルはこちら

~2016年(平成28年)1次試験を受験された方へ~
■今年実施された1次試験について、データリサーチの初日集計分をもとに各科目の出題傾向をTAC講師陣が分析します。また、気になる問題をピックアップして適宜解説します。
※ご視聴の際は、平成28年度中小企業診断士1次試験の問題冊子を各自ご用意ください。

引用:TAC中小企業診断士講座
http://www.tac-school.co.jp/kouza_chusho/tacchannel.html

このほかTAC中小企業診断士講座では、2次試験対策として「2次直前対策特別セミナー」を実施します。1次試験の終了から2次試験までは時間も少なく、その一方で取り組むべき学習が多くあります。そこでTACの2次直前対策特別セミナーでは実際の過去の本試験問題を材料に「問題のとらえ方」や「解答の導き方」を解説する予定です。2次対策の不安がある受験生の方はもちろん、万全を期したい方にもお勧めのイベントです(またイベント後には講師や合格者との個別相談も)。

資格スクエア

司法試験や司法書士試験など法律系講座を開講する資格スクエアでも解答速報および自動採点サービスを実施します。資格スクエア・解答速報はこちら

▲解答速報の公開および自動採点サービスを行う資格スクエア・中小企業診断士講座(画像は公式サイトのキャプチャ)

クレアール

クレアール中小企業診断士講座では、8月12日(金)14:00より2016年中小企業診断士試験1次試験本試験分析会の動画を無料公開します。また短期合格のノウハウを凝縮した書籍「中小企業診断士試験非常識合格法」を先着100名様にプレゼントしています(8月末日まで)。

大原

資格の大原では、8月7日(日)14時から解答速報の公開を予定しています。このほか大原では、採点サービスも実施。科目ごとの得点と総得点をメールで送信。なお参加特典として「2次事例直前特訓講義(全4回)」の無料配信、「中小企業診断士1次試験 解答・解説集」の無料プレゼントが用意されています。ぜひ2次試験の対策にお役立てください。大原、解答速報はこちら

解答速報および総評の公開スケジュール(いずれもPDFファイルでの公開)
(1)第1日目科目
「経済学・経済政策」「財務・会計」…解答速報は2016年8月7日(日)14:00公開予定、総評は8月7日(日)17:00公開予定。
「企業経営理論」「運営管理」…解答速報は2016年8月8日(月)17:00公開予定、総評は8月7日(日)17:00公開予定。

(2)第2日目科目
「経営法務」「経営情報システム」「中小企業経営・中小企業政策」…解答速報は2016年8月8日(月)17:00公開予定、総評は8月7日(日)19:00公開予定。

採点サービスおよび集計結果の公開日時
資格の大原では受験生の方が解答状況を入力すると、科目別の得点と総得点をメールで送信される「採点サービス」を実施します(受付期間は 2016年8月7日(日)17:00から8月22日(月)9:00まで)。

なお集計結果の公開日時は、2016年8月26日(金)を予定しています。この他にも参加者には「2次事例Ⅳ特別講義(全1回)」 無料インターネット配信の特典も。1次試験のフィードバックにお勧めです。大原・採点サービスはこちら

このほか資格の大原では「2016年度 中小企業診断士1次試験 デジタル解答・解説集 閲覧サービス(無料)」も実施します。これはネット上で2016年度1次試験の解答・解説を無料で閲覧できるサービスです。申込みフォームに入力すると、2016年9月1日(木)の公開後に、デジタル解答・解説集の閲覧のURL(アドレス)がメールで届きます。この無料サービスの詳細については、大原・解答速報ページで御確認ください。

ユーキャン

ユーキャンでは平成25年度・平成26年度・平成27年度と解答速報を公開していましたが、平成28年度は解答速報の公開は不明です(平成28年7月6日現在)。ユーキャン解答速報はこちら

動画解説

LEC中小企業診断士講座の金城順之介先生による本試験講評動画(速報版、2016年8月7日に収録されたもの)です。各科目の難易度や2次試験に向けた勉強法など。なお2日目はかなり難しかったようですが、詳細な分析については今後のLECデータ分析等を参考にしてください。

クレアール中小企業診断士講座による本試験分析会の動画
(1)第一日目の科目について
「平成28年度 中小企業診断士1次試験 本試験分析会 第1日目」。クレアール講師の古森創先生が、約33分に亘り経済学・経済政策、財務・会計、企業経営理論、運営管理の各科目について分析を行っています。

なお本試験分析会の「スライド資料(PDF)」および「総評(PDF)」がクレアール本試験分析会ページで公開されています(追記、ページは削除されました。)。

クレアール講師陣による分析などが記載された各種データPDFファイルを参考にされながら、今回の分析動画を視聴されると良いでしょう。動画中の文字が読みづらい方も「スライド資料」の利用をお勧めします。

(2)第二日目の科目について
「平成28年度 中小企業診断士1次試験 本試験分析会 第2日目」。上の動画に引き続き、古森創先生が経営法務、経営情報システム、中小企業経営・中小企業政策の各科目について解説を行っています。収録時間は約25分です。

試験実施団体による模範解答と配点

平成28年度第1次試験の模範解答および配点は、第2日目試験の翌日の8月8日(月)の午後に公開される予定です。

【リンク】平成28年度中小企業診断士第1次試験の正解と配点(一般社団法人 中小企業診断協会 j-smeca

お勧めの2次公開模擬試験

(1)TAC 2次公開模試(2016年合格目標)
2016年9月2日(金)・3日(土)・4日(日)に実施される(いずれか1日を選択)TAC中小企業診断士講座の「TAC2次公開模試」。その一番の特長は受験者数の多さで2015年度は2,689名の方が挑戦されました。

2次試験対策は受験生の方ならば誰でも頭を悩ますと思います。TACでは過去の本試験を分析し、本試験の特徴に沿った事例問題を出題します。このような新作問題に対し、解答プロセスの確認をされると良いでしょう。

また全国規模で実施される模擬試験のため、『事例ごとの点数・順位、合格可能性(A~E)を掲載した「個人成績表」や受験者全体の得点分布がわかる「試験データ」により自分の実力がどの位置にあるのかを正確に把握することができます(TACサイトより)』といった成績診断も特長のひとつです。

また単なる正誤確認だけではない「的確な添削指導」も。どのようにすれば更なる得点につながるのか、返却された答案を詳細に検討することをお勧めします。

このほか『詳細な解説を収録した「模範解答集」、問題作成者による出題趣旨や採点実感を掲載した「講評」、そして、TAC2次試験対策総監修である三好隆宏講師による「Web解説講義」を無料配信(以上、TACサイトより)』と、復習コンテンツも充実しています。今回の模擬試験に限りませんが、模擬試験の復習は必ずしておきたい所です。【TAC】2次公開模試の詳細はこちら

▲2016年度は全国24会場で実施「TAC2次公開模試」。(画像はTAC中小企業診断士サイトから、なお人物画像は加工しています)

(2)LEC 2次ファイナル全国模試(2016年合格目標)
「LECの模試は実力判定だけじゃない!実力アップの仕組みがある!」が特長のLEC中小企業診断士講座の2次ファイナル全国模試。お勧めポイントとして以下の3点があります。

1.3つの部門で構成されている解説冊子
2次試験では答案作成への思考過程が大切です。そこでLECの解説冊子では「設問構造」「事例整理シート」「模範解答へのアプローチ」の3つの部門で構成されています。与えられた事例に対し、どのように分析し、合格答案につなげるか…この流れを分かりやすく解説しています。

2.添削による個別指導
上にある解説冊子でも、受験生の方のそれぞれの答案分析をすることは不可能です。そこでLEC中小企業診断士講座の2次ファイナル模試では、添削による個別指導を取り入れています。
解答解説冊子では指摘できない個別の問題点を、解答の趣旨を踏まえた上で個別にフィードバックします。また個々の問題への受験生の方の考え方や着眼点に対し明確にアドバイスし、得点力アップを目指します。このように受験された方の一人一人の考え方や答案構成に対する添削を行うことで、より細やかな実力確認が期待できます。

3.「設問単位のフィードバック」を実現
順位はもちろんですが、設問別の偏差値・順位・判定結果を明示し、受験生の方それぞれの強化すべき論点が分かる「個人事例別成績表」、科目ごとに平均点と個別の得点を比較検討することにより実力の偏りが一目で分かる「科目別レーダーチャート」、個別の総合成績を分析し今後の学習の方向性をアドバイスする「総合成績フィードバック」など色々な角度から受験生の方の成績を分析します。

このようにLEC中小企業診断士講座の2次ファイナル全国模試は、2次試験に向けての実力確認はもちろんのこと、今後2次試験までの限られた時間で、何を学習すべきなのか?参考になる部分も多いでしょう。その点からは単なる模擬試験ではなく、1次試験から2次試験に向けた学習アイテムと言えるでしょう。

合格基準

第1次試験の合格基準は以下の通りです。

① 第1次試験の合格基準は、総点数の60%以上であって、かつ1科目でも満点の40%未満のないことを基準とし、試験委員会が相当と認めた得点比率とします。
② 科目合格基準は、満点の60%を基準として、試験委員会が相当と認めた得点比率とします。

引用:一般社団法人 中小企業診断協会
http://www.j-smeca.jp/attach/test/h28/h28_1ji_annai.pdf

※また第1次試験合格の有効期間は2年間、科目合格の場合は翌年度および翌々年度の第1次試験を受験する際に申請することにより当該科目が免除されます。

2次試験など実施スケジュール

第1次試験
・1次試験の実施 平成28年8月6日(土)・7日(日)
・模範解答および配点の公表 平成28年8月8日(月)午後
・合格発表 平成28年9月6日(火)。なお第1次試験合格者には、合格証書と第2次試験申込書類を簡易書留郵便にて同日より送付される予定です。

この他の注意点として以下の点があります。

 第1次試験の合格発表日から第2次試験受付締切日までの期間が限られていますので、第1次試験結果は必ず Web サイトでご確認下さい。試験合格者で合格証書等が届かない場合は、速やかに協会にご連絡下さい。

引用:一般社団法人 中小企業診断協会
http://www.j-smeca.jp/attach/test/h28/h28_1ji_annai.pdf

第2次試験
・申込受付期間 平成28年8月26日(金)から9月20日(火)
・筆記試験実施 平成28年10月23日(日)
・筆記試験結果発表 平成28年12月9日(金)
・口述試験実施  平成28年12月18日(日)
・合格発表 平成29年1月5日(木)

また平成27年度の第1次試験に合格され、第2次試験に合格されていない方には、平成28年8月26日(金)に「平成28年度中小企業診断士第2次試験のご案内・申込書」が発送される予定です。詳細については平成28年度試験の実施要項ページ(中小企業診断協会)で御確認ください。

中小企業診断士試験書籍「非常識合格法」プレゼント

ビジネス系の人資格である中小企業診断士試験。そんな中小企業診断士試験ですが、1次試験に加え2次の筆記試験に口述試験、そして試験科目の多さと合格が難しい試験です。

そんな難関試験の中小企業診断士試験の合格を目指す受験生の方にお勧めの書籍が、クレアール中小企業診断士が作成した書籍「非常識合格法」です。これは短期合格を目指す受験生の方に向けて書かれたもので、クレアール講師であり、現役の中小企業診断士でもある古森創先生による書籍です。

※ 主な内容

最新試験情報はもちろんのこと、難関資格の合格を確実にする「最速合格」ノウハウが満載です。

・合格とは何かを理解する
・ストレート合格する人の特徴とは
・何年も受験浪人してしまう人の特徴
・長く続く学習に対してモチベーションを維持する方法とは
・ごく普通の人が合格するために必要なこと
など、当書籍でしか知り得ない内容ばかりです。

引用:クレアール
http://www.crear-ac.co.jp/shindanshi/book_present/

実際に本書を見て頂くとお分かりになると思いますが、試験ガイドのほか、「試験合格後の働き方」「実際のところ、年収はどれくらい」「合格後の業界団体との付き合い方」など興味深い話が掲載されています。これは著者の古森創先生が現役の中小企業診断士である点が大きいでしょう。

もちろん「科目別勉強のポイント」「高速高回転・反復学習」「過去問題集の正しい使い方」「科目別勉強のポイント」など1次試験・2次試験それぞれに特化した解説記事も充実しています。

この書籍「非常識合格法」ですが、期間限定で先着100名の方にプレゼントしています。応募方法はクレアールの資料請求フォームから資料請求するだけです。このほかプレゼントの詳細については公式ホームページで御確認ください。クレアール「非常識合格法」プレゼントはこちら

▲「非常識合格法」のプレゼントを期間限定で行っているクレアール中小企業診断士講座(画像はクレアールサイトから)

通勤時間で中小企業診断士試験の合格を目指す!

通勤時間で合格を目指す「中小企業診断士 通勤講座」。音声講座と学習マップ、テキスト、通勤問題集 など多彩な教材で短期合格を目指す。お試し無料講座あり。

【通勤講座の動画】「中小企業診断士 合格のポイントと通勤講座ご紹介」

ここまで2016年8月5日および6日に実施された2016年度中小企業診断士1次試験の解答速報や無料成績診断サービス・2次試験対策などを見てきました。

1回の試験で全科目の合格を目指される方や、特定の科目だけの合格を目指す2年または3年かけて1次試験の突破を目指される受験生の方など様々でしょう。どのような合格戦略にいたしましても、この暑い夏を乗り切り、ぜひ合格につなげて頂きたいと思います。

(スポンサードリンク)